問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない

引用元 http://atmentalhealth.jp/bbs/utsu/6509/

 

接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない

 

女性 時子 27歳

 

 

最近、人と接するのが苦痛です。

 

仕事では話さない訳にいかないので、
普通に仕事して笑顔を作っているのですが、その反動でか、家に帰るとドッと疲れが…。

 

とにかく誰とも何も話したくなくて、食欲もないのですぐ部屋に戻って寝ています。

 

家族が心配しているのも分かっているので申し訳ないと思うんですが、
「何もないよ」と一言言うだけでも億劫というか、本音を言えばずっと1人きりにしておいてほしいと思ってしまいます。

 

最近は何もなくても急に泣けてしまう事が多いので、
不安定な所を見られたくなくて余計にそういう対応をしている感じです。

 

 

もう、自分でどうすればいいのか分からなくて、毎日つらくて、でも周りの人には言えません。

 

つらいって言えません。

 

同じような気持ちの方って、いますか?

 

どうするのが正解ですか?

 

接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない

接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.その症状は、明らかなに神経の使いすぎによる過労

 まず単刀直入に申しますと、あなたの場合は、明確にうつ病の兆候が見えます。

 

 それは、「食欲がない」、「急に泣けてしまう」といった点です。

 

 つまりあなたは、すでに疲れきっているのです。

 

 そうしたご自分の疲れをご自分で受け入れず、他人に相談することもせず、さらに頑張ろうとするから、余計に症状がひどくなるのです。

 

 その典型的な状態が、「何をするのも億劫」という点です。

 

 よって現在における状態のまま、さらに頑張ると、いずれはうつ病を本格的に発症することになります。

 

 とりあえずはいますぐ、休暇をもらうか、退職するかすべきです。

 

 なにおいても、健康には替えられません

 

 そのような「あらゆる対人関係が、面倒くさくなる」といった類の疲れは、神経の歪な使いすぎによるものが多いです。

 

 つまり、「何もしたくない」、「だれとも会いたくない」といった気持ちは、あなたのカラダと神経からの、「休みたい」という信号でもあります。

 

 ご自分の限界を認めるのはつらいことでしょうが、現在のまま働き続け、いいことはまったくありません。

 

 ともかくも、現在のあなたに必要なものは、休養です。

 

接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない

 

2.まずは休む。そしてすぐには、動き出さない

 そうして休みが取れれば、あなたはどうするべきかを述べます。

 

 まず最初のうち数日は、なにかをしようとせず、あなたのカラダが命じるままにただただ休んでいればいいでしょう

 

 しかしあなたは、はじめからうつ病気質であったわけでは、なさそうです。

 

 あなたはまだお若く、もとは健康なのですから、充分に休養を取っていればやがて退屈や焦りが感じられてくるように思います。

 

 それはあなたのカラダからの、「そろそろ動けるよ」というサインでもあります。

 

 しかしあなたの場合、すぐに仕事に戻るということはしないほうがいいと思います。

 

 なぜならまず、おわかりのように接客とは、たいへんなストレスや疲労をもたらす業務だからです。

 

 結果的にあなたが、現在の仕事を続けるにせよ、まずはいったん、それに耐えられるだけの体力、精神力をつけましょう。

接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない

接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

3.ココロの声を大切にし、抑圧された感性をよみがえらせる

 まず現在のあなたは、神経が酷使により疲弊しているためその分、感性が抑圧されていると思います。

 

 ですからまずは、「感じるココロ」を、よみがえらせる訓練から入ります。

 

 充分に英気が養われたと思ったら、最初はカラダをムリなく動かすことから、始めます。

 

 まずは日課に、朝の散歩をとり入れましょう。

 

 朝日を浴び、適度にカラダを動かすことは、あなたの自律神経を正常な状態に戻します。

 

 ですから晴れた日は、朝にゆっくりと散歩をすることから、一日を始めるといいでしょう。

 

 その際ですが、もしあなたがイヌを飼っていらっしゃれば、たいへんに好都合です。

 

 しばらくはあなたが、朝のイヌの散歩担当になりましょう。

 

 また、もしそうでないならば、そうした習慣は目的地をはっきりと決めておいたほうが、長続きします。

 

 よって、とくに用事はなくても、やや遠方にあるコンビニなどに、毎朝出かけるようにすれば、どうでしょう?

 

 そして次には、あなたの抑圧された感性を目覚めさせるため、さまざまな五感に働きかける楽しいことをしましょう

 

 それは、好きな映画を観る、好みの料理を食べに行く、アロマのお香を炊く、好きな音楽を聴く、あるいはもしいらっしゃれば、彼氏さんとデートをするなどです。

 

 その際に選ぶものは、ともかくもあなたが好きなもの、および、やっていて気持ちがいいものだけです。

 

 ここはなにおいても、あなたのココロの声を最優先にさせてください。

 

 そのように、ご自分の感性が求めるものを素直に楽しめばきっとあなたの感性は、元気を回復します

 

 そうしてその生活に慣れてくれば、少し激しめのスポーツに挑戦し、体力をつけてあげればいいでしょう。

 

接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない

 

4.「ココロの不感症」を、脱却できたなら

 前述したように、現在のあなたは疲れすぎたため、「ココロの不感症状態」にあります。

 

 よって現在のあなたが、「人と関わりたくない」というのは、一時的なものであり元来的なあなたのあり方では、ありません

 

 そうしてなにかをココロから楽しめるようになれば、再度、やりたい仕事を探し、就職すればいいでしょう。

 

 そのときになり、あなたはご自分が接客や対人などの仕事がほんとうに好きか、あるいはご自分に向いているのかということを、考えればいいと思います。

 

 また、あなたが再度そうしたお仕事に就かれるなら、今回のように疲労困憊せずにすむ方法を、いくつか述べます。

5.まずは“スルー力”を鍛え、すべてを自分で背負いこまないようにする

 まず営業や接客などの仕事においては、当然ですが、こちらでは相手を選べません

 

 そうした際に、クレーム処理等もこなさなければならないことも、あるでしょう。

 

 あるいは、あなたが販売する商品が、まったく売れないということも、ありえます。

 

 そのときにあなたは、「自分の全人格が、否定された」と、感じてはいけません

 

 否定されたのはあくまであなたがお勤めする会社の商品であり、サービスです。

 

 そうした点から、人に責められる、拒絶されるということを、「自分のせいではない」と思い、スルーする強さを、身につけてほしいと思います。

6.自分から積極的に、上司やお客さんを喜ばせる

 ただそうは言っても、あなたにとって会社での成績が、重要な意味をもつ場合もあるでしょう。

 

 会社勤めであれば、業績次第によりいつでもクビになってもおかしくないのが、昨今の風潮です

 

 あなたはそれに対し、どのような心がまえでいればいいのか?

 

 これは、「自分が相手にするお客さんや自分の上司を、つねに喜ばす」ということを、考えていれば大丈夫です。

 

 はじめに、深く思いつめる人とは、まず例外なく真面目でありまた真面目な人ほど、態度がいつも受け身です。

 

 こうした点から、そういう人は仕事を、つねに「絶対的な義務」と考えています。

 

 よって「“義務”だからこそ、できなければいけない。また、義務”をこなせない自分は、存在価値がない」、といった思考に陥りがちです。

 

 しかしそうではなく、自分から積極的にお客さんや上司に気持よくなってもらおうと、考えたらどうでしょう?

 

 それを、あくまで「自分の意志」により、実行するのです。

 

 そうしてあなたは、あらゆる角度から、お客さんや上司を喜ばす方法を考えます。

 

 その結果、もしお客さんや上司に、笑顔で「ありがとう」と言ってもらえれば、それはあなたのなかで、大きな自信となりあなたご自身もうれしくなるはずです。
接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない

 

 これはいわゆる、「ゴマをする」というものでは、ありません。

 

 「お客さんや上司に喜んでもらえると、自分も幸せになれるだから自分は、がんばるんだ」と、あくまで働く目的を、自分自身に引きよせるのです。

 

 だれでも、自分のために一生懸命になってくれる人に対しては好意をもちます

 

 ならばその際に、多少の失敗があったとしても、笑って許してくれます。

 

 なぜなら、あなたの献身的な仕事ぶりは、些細なミスなど問題にならないほど、感謝されうるものだからです。

 

 あなたがそういう人になれれば、社内の雰囲気も明るくなりまたあなた自身ももちろん、重宝されます

 

 私も若いころより、多くの仕事を経験してきました。

 

 ところが私は、やや発達障害気味であり、強い神経症を患っていました。

 

 そのためこれまで、多くの職場を、クビになりました。

 

 しかしそれでも上司やお客さんに好かれたため多くの失敗にもかかわらず、大目に見てもらえたことが、数えきれないほどあります

 

 それどころか、失態続きであるにもかかわらず、辞める際には引き止められた経験も、多数です。

 

 どんな業種であれ、仕事とは究極的には人間関係で決まります

 

 ですからあなたは、まずお客さんやご自分の上司を好きになりそこから仕事そのものを好きになるよう、努めたらいいと思います。

 

 そのときのあなたは、「人と関わることに、疲れる」ということは、絶対になくなることでしょう。

 

 そうして仕事のやりがいが、人生の生きがいにまで昇華されればあなたは生きること自体が楽しくなるはずです。

接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない

接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

職場の女性が、自分とは接点がないのに嫌い、避ける
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
バイトで失敗が多く、怒られてばかり。早く辞めてしまいたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
職場の上司が、自分にだけ違う態度。パワハラに我慢の限界
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
仕事中に泣く女性。迷惑だがどう対処すればいいのか
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
仕事を辞めて、死にたい。簡単に“死”を考える自分は、何?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
仕事が苦手な自分には、人が働く意味がわからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
引きこもりからの転職失敗。人と目を合わせられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
マイナス思考を、克服するには? 新しいバイトが不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
毎週、日曜日がつらい。不安と恐怖心で胸がいっぱいになる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
社会不安障害で、休職か退職を迫られている。症状克服には?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
仕事で相手に反対意見を言えず、折り合いをつけられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
物覚えと要領が悪く不器用。怒られてばかりの仕事を、辞めたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
接客業。暴言、クレーム、理不尽な要求に、もう耐えられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
職場を、最悪な仕方で辞めてしまった。今後の自信を失った
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は店長に向いていない? スタッフが次々と辞めていった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
気分屋で幼稚、人により態度を変える上司に疲れた。対応策は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子が辞職・転職を言い出したときの、親の気持ちは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
職場での陰口に対する対処法は? 陰湿な人間関係に疲れる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
仕事がツラいから結婚へ逃げたい。だけど相手は、好みじゃない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
裏表がある同僚が、大嫌い。気持ちを乱されないようにするには?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
先輩も上司もいい人ばかりなのに、なぜか居心地の悪い職場
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
職場で同僚とは雑談・私語・世間話は関心がないのでしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人との会話が得意でない自分は、教師としての自信がもてない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。