問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

引用元 http://onayamifree.com/threadres/2397301/

 

正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

 

匿名さん(匿名)

 

 

仕事が暇すぎてつらい。
やっと正社員で仕事の採用が決まり一週間……
事務系なんですが、暇すぎて暇すぎて一日をどう過ごしていいのやら……

 

先輩から仕事を教えてもらえても数分でその仕事自体は終わってしまいます。

 

教えてもらった仕事はメモを取って2度と聞かなくてもいいようにしようと考えてるのですが、次に同じ内容の仕事がいつくるのか……

 

母子家庭でやっと見つけた正社員……生活の為に簡単に辞めるわけにもいかず……

 

今まではパートで忙しくハードな仕事をしてたのでギャップが……
仕事を与えてもらえたら嬉しくて、でもゆっくりやらないとすぐに終わってしまうのでゆっくりやってます。あとは書類やパソコンを見て仕事してるふり……こんな状況がいつまで続くのでしょうか……

 

正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.まずはあなたは、自分の会社についてよく知るべき

はじめに私から申し上げられるのは、現在においてあなたが不満を述べていらっしゃる状況とは長く続くとは、かぎらないということです。

 

 そもそもが、あなたはまだ入社して1週間とあります。

 

 でしたら今後、会社には繁忙期もあるかもしれません。

 

 くわえてあなたがそこに長くおられれば、部署の異動や役職の変更もありえます

 

 そうなったときはもちろん、いままでどおりずっと仕事がヒマということも、なくなるでしょう。

 

 ですからあなたは社内にいて、現在の時点ではその会社の社風や、1年間にわたるサークルパターンなどを、知るように努めたらどうでしょうか?

 

 あなた以外の同僚たちはどう働いているか、上司たちはどうか、あなたの会社は1年間をどういうリズムで迎えているかということを、よく見ておくのです。

 

 そうしてご自分の会社についておおよそのことが理解できれば、そこにおけるご自身の立場というものも、ある程度は予想がつくようになるのでは、と思います

 

 そうなれば、「備えあれば憂いなし」といわれるように、あなたの不安や不満も薄らぐのでは、とも考えます。

 

正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

 

2.現在、自分がその立場に置かれている意味を察する

そしてその結果、もしあなたは社内で、ずっとその環境にいなければならないとわかったとします。

 

 しかしその場合であっても、これはひょっとしてですが、あなたの職自体が安泰なものかは、断言できません

 

 というのも、あなたがその会社に入社された経緯はもちろん存じませんが、この不況期にそんな閑職を、あなたの会社はずっと維持できるのか、なんとも保証はないからです。

 

 すると脅かすようで申し訳ありませんが、あなたの雇用もまた、安定しているとはかぎらないということになります。

 

 また客観状況から述べられることは、現在のあなたは、あえてそうしたポジションに置かれ、勤務態度等を観察されていることもあるのでは、ということです。

 

 会社というところは、ともかく新入社員をさまざまな手段で試そうとします。

 

 それには、あえてハードワークを課すところもあれば、逆に意図的に現在のあなたのように、閑職に置いてみるというところも、あるのではと考えます。

 

 もしそうであれば、いまのあなたはとにかくも、あたえられた業務だけはキッチリ確実にこなし、いくら退屈であろうと、勤務中は真剣な態度を崩さないことです。

 

 というのはもちろん、その際にあなたの行いがダラけたものであったら、会社はそれを口実に、あなたをクビにするかもしれないからです。

 

 あなたはそうした点も、考慮しておく必要があります。

正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

3.休日に、「自分の仕事像」という大局観を描く

そしてなにおいても、あなたにとって大切なことは、「自分はなんのために働いているのか」という、大局観をもつことです。

 

 以下の描写から、あなたにとって仕事とは、おそらく「生活の手段」にすぎないものでしょう。

 

 

>母子家庭でやっと見つけた正社員……生活の為に簡単に辞めるわけにもいかず……

 

 

 ですが、あなたには休日には、「自分にとって、仕事とは何か?」、

 

自分の人生のなかで、仕事がもつ意味は?」ということを、考えてもらいたく思います。

 

 くわえて趣味やスポーツ等に打ち込むことで、あなたはオフを充実させればいいでしょう

 

 好きなこと、得意なことに没頭し、その能力を高めていけば、やがて「人生における、自分の目標、自分がやり遂げたいこと」も、見えてくるかもしれません。

 

 さらに、休日にフルにアタマとカラダを動かしていたならば、あなたは現在の仕事にスポイルされるということも、なくなるはずです。

 

正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

 

 するとあなたは、たとえ自主的にであろうが、強制的にであろうが、もし現在の仕事から離れることになっても、他の職にもちゃんと適応できるでしょう。

 

 そのうえであなたは、いまの仕事に慣れることを考えれば、いいと考えます。

 

 および、現在のあなたに近いと思われる方の記事も、私は以前に記したので、参考にしていただければと思います。

 

 

「先輩も上司もいい人ばかりなのに、なぜか居心地の悪い職場」
http://jinseitetsugaku.com/shigoto/shokuba.html

 

4.自分が置かれた環境の長所も、よく考えてみる

よって、たとえあなたは現在の仕事を、あくまで「生活の手段」と割り切るにしても、「自分の人生の目的」さえ見えておれば、耐えることはできるでしょう。

 

 くわえてあなたは、なんといってもまだ1週間しか会社にいないのです。

 

 前述したように、その状況はこれからどう変わるかわかりません。

 

 また事態が変わらないとしても、そこに長くいれば、なんらかの“やりがい”を見出だせるようになる可能性は、充分にあります。

 

 「石の上にも三年」というように、あなたはとりあえず一定の期間を想定し、そのあいだは絶対に、自分からは仕事を辞めないとする心がまえが必要です

 

正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

 

 その間ににあなたは、もしかしたらご自分が社内でやりたいことなどが、見えてくるかもしれません。

 

 あるいはそうでなく、たしかにあなたご自身が状況にガマンできなくなる可能性もあります。

 

 しかしどちらにしても確実に言えることは、あなたの置かれた環境とはあなたが別の道に進む準備をするにあたり、最適なところだということです。

 

 というのは、あなたはいまの会社にいるかぎり、仕事で時間や体力を削がれないですむためそれを勤務外の時間に温存することができるからです

 

 そこであなたは、資格試験の勉強をすることも、起業の用意をすることもできるでしょう。

 

 あなたはそうした、「ヒマすぎる勤務先にいることのメリット」という点にも、目を向ける必要があります。

5.いまの環境を、未来の自分のために役立てる

またさらにあなたは、現在の会社に5年、10年、20年と居続けることも、想定しておけばいいでしょう

 

 前述したように、たとえ閑職であろうと、ご自分の「生きる目的」さえしっかり把握していれば、それに耐えることはできます

 

 なぜならすべては“慣れ”の問題ですし、またあなたの先輩方で、あなたと同様の立場にいる人たちも、現在ではそうした環境に適応できていることでしょうからです。

 

 そう考えれば、現在のお仕事もまた、「忍耐力の鍛錬」と位置づけることもできます。

 

人生においては、自分の意志や努力ではどうにもならず、ひたすら「待つこと」を要求される状況が多々あります

 

 その場合、もちろん飼い犬のように平和な状況に慣れただけの人間は、何事も為すことはできません。

 

 しかし、人生に大志をもった人物であるなら、「待つこと」の先に、自分の人生を主体的に構築することができます

 

 そう考えれば、あなたが現在の会社におられることは、未来のあなたにとって、なんらかの意味があるかもしれません

 

 そのために私は、あなたはご自身の人生における大局観をもつべきだと、申すのです。

 

たとえ退屈なだけで味気ない時間であっても、未来の自分にとってそれは必要なことだと確信できれば、かならず耐えることはできます。

 

 そうしたわけであなたは、くれぐれも「逃げの退職」だけはせずに、いまの環境を自分の未来のために活用するという発想でいれば、満足できると思います。

 

 よって、あなたがもし現在の仕事を離れるときは、充分に計画的でなければいけません。

 

 またこれまでのあなたは、ハードなパート仕事ばかりしてきたとあります。

 

 ならば今回、あなたがこうした仕事に従事することになったのは、神さまがそんなあなたに、「自分の人生をしっかり考えさせる機会」をあたえてくれたから、と解釈すればいいのではないでしょうか。

 

正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

 

正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

正社員の仕事が暇すぎてつらい。辞めたいが、生活があるので…

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

職場の女性が、自分とは接点がないのに嫌い、避ける
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
バイトで失敗が多く、怒られてばかり。早く辞めてしまいたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
職場の上司が、自分にだけ違う態度。パワハラに我慢の限界
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
仕事中に泣く女性。迷惑だがどう対処すればいいのか
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
仕事を辞めて、死にたい。簡単に“死”を考える自分は、何?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
仕事が苦手な自分には、人が働く意味がわからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
引きこもりからの転職失敗。人と目を合わせられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
マイナス思考を、克服するには? 新しいバイトが不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
接客業で疲れ、すべてが億劫に。もう人と関わりたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
毎週、日曜日がつらい。不安と恐怖心で胸がいっぱいになる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
社会不安障害で、休職か退職を迫られている。症状克服には?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
仕事で相手に反対意見を言えず、折り合いをつけられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
物覚えと要領が悪く不器用。怒られてばかりの仕事を、辞めたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
接客業。暴言、クレーム、理不尽な要求に、もう耐えられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
職場を、最悪な仕方で辞めてしまった。今後の自信を失った
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は店長に向いていない? スタッフが次々と辞めていった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
気分屋で幼稚、人により態度を変える上司に疲れた。対応策は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子が辞職・転職を言い出したときの、親の気持ちは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
職場での陰口に対する対処法は? 陰湿な人間関係に疲れる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
仕事がツラいから結婚へ逃げたい。だけど相手は、好みじゃない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
裏表がある同僚が、大嫌い。気持ちを乱されないようにするには?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
先輩も上司もいい人ばかりなのに、なぜか居心地の悪い職場
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
職場で同僚とは雑談・私語・世間話は関心がないのでしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人との会話が得意でない自分は、教師としての自信がもてない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。