問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

引用元 http://onayamifree.com/threadres/1695082/p3/

 

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

 

お兄さん(19♂匿名)

 

 

「処女でも非処女でも気にしない」という男性が極小なのに対して、
「処女かどうかを非常に気にする」男性が大勢います。

 

独身男性にとっては、それを唯一望んでいる方たちが、実際に多いんです。

 

少なくとも、ごく普通の男性たちばかりで、変な人はあまりいないと思いますが・・・

 

ただ彼らは一途に、すごく真剣に将来を考えている方たちなんです。

 

普段は決して表に出すことのできない、どうすることもできない男性の本心を、ネットを介して知ってあげてください。

 

 

女遊びひとつせず、趣味に気を紛らわせて、我慢して。真面目で誠実に、
地道に生きてきて。マイホームパパになって、平凡で温かい家庭を作ることだけが、ささやかな夢。

 

 

世知辛い社会の中で、毎日嫌な思いをして給料を稼いで。

 

自分のためだけじゃない、家庭を守るため、妻子を養うために一生を捧げて、働けるという喜び。

 

でも、一生を共にする大切な伴侶が処女じゃなかったら・・・気にする人には、やっぱりすごく辛いと思いますよ?

 

女性からもらえる、たった一度きりの誠実な証だと思いますから。

 

愛があるからこそ、よけいに辛いんだと思います。

 

顔で笑って強がって、心で泣いて。墓に入るまで、男は黙って、ひとり孤独なやせ我慢。

 

あまりにも可哀想ですよ・・・

 

 

結婚式が迫ったある日、身内だけの打ち明け話で「オレは初めてだったのに、向こうは初めてじゃなかった・・・」

 

深刻そうに、寂しそうな表情で漏らした知り合い(新郎です)がいました。

 

結婚は、必ず自尊心を傷付けて、己を押し殺して、一生忍耐しなければならないものですか?

 

 

今まで浮いた話ひとつなかった友人の真面目な上司。やっと結婚できたと思ったら、約半年で離婚してしまいました。

 

奥さんが処女じゃなかったことが、問い詰めて知れたからです。

 

「騙された・・・」と漏らして作り笑いを浮かべた苦い顔が、痛々しかった。

 

たとえ思いやりでも、人生を通じて隠し通すような嘘をついて、真実の愛って誓えるものですか?

 

 

自信がなくて、比べられたくなくて、気が小さくて、器が小さいことは、いけないことですか?
男のくせに、男だからと、あまり責めないであげて下さい。
こういうことに関しては、男は女よりも、はるかに脆くて弱い人だって沢山いますよ?

 

 

たくさんの女性を愛することができる男性がいる反面、人生において、
たったひとりの女性しか必要としない男性が多数いることも、分かってあげてほしいです。

 

こうした男性たちは、古くて、重くて、信じられなくて、気持ち悪くて、面倒くさいことですか?

 

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.「処女厨」の、典型的あり方とは?

あなたに代表される、いわゆる「処女厨」ですが、この思想にハマる人には、一定の共通点があります。

 

 それは女性に対してのみならず、どんなモノ事に対しても、「〜でなくてはいけない」、「〜であるべきだ」という、減点評価で見ることです。

 

 つまりは、対象は最初から完璧で完成された、それでいて、だれの手にもつけられていない存在でなければならないということです。

 

 したがってもちろん、あなたは女性の大人の部分や魅力を評価することは、絶対にありません。

 

 またこの点から、あなたが女性を生身の人間として受け入れることも、当然にありません。

 

 よって失礼ながらあなたは、女性を勝手に崇拝しておいて、彼女が少しでも欠点を見せれば、勝手に幻滅するタイプとも、言えます。

 

 ここからまずは、あなたのような人の認識が、どのように形成されたかを観察します。

 

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

 

2.「処女厨」における認識の構造

はじめに人間とは、現在では未知であるが、将来的には理解しなければならないものに対しては、固定的な畏敬の念をもちます。

 

 これは個人のレベルで言えば、人間は幼児期には、基本的に親や教師に対しては服従し、“畏れ”をもって社会を学び始める点から、わかります。

 

 またあるいは、人類とは未開の時代ほど、自然物や自然現象を、「神の怒り」や「悪魔のいたずら」のように、固定的にとらえたという事実があります。

 

 ところでわが国には、「守・破・離」という概念があります。

 

 これは、修行や稽古事において弟子が、技の習熟度により師匠と、どのような関係性を保つべきかを、示したものです。

 

 まず「」は、師匠の教えを、自分でいい悪いとは判断せず、ひたすらこれを信じる時期を指します。

 

 次に「」ですが、これは「守」の段階で身についたものを基盤に、自分でモノ事に対する判断を加えはじめる時機のことです。

 

 そして最後の「」は、師匠から独立し、自分の道を歩く段階を示します。

 

この過程を恋愛に当てはめるなら、下記のようになります。

 

 まず人は、「」の段階で、自分の観念により、理想の恋愛や相手を構築します。

 

 次いでじょじょに、外部に対し行動を起こす、つまり実際に異性に触れていくのです。

 

 これが、「」です。

 

 そして最後に、「」の段階で、人は自分の観念から相対的に独立し、直接的な行動により、異性との関係を築いていくのです。

 

 こうした点から述べるならば、「処女厨」の人たちの認識とは、幼児期、もしくは「」の段階に留まっているものと、理解できます

 

 なぜなら処女厨の人たちは、自分の理念・理想を外部に設定し、これをひたすら守りながらそこから、まったく進歩がないからです

 

 つまり処女厨とは、ある意味では認識の成長が、幼児期のままで止まっている人を意味するのです。

 

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

 

 

3.「処女厨」の認識は、いかに形成されるか?

 では、そうした処女厨の人たちは、どのようにしてそうした認識を、もつに至ったのでしょう?

 

 これは端的には、幼少期における育ちが根源にあると言えます。

 

 たとえば、よほど抑圧的な親に育てられた場合。

 

 あるいは逆に、あまりに過保護な環境に置かれたとき。

 

 そうした状況においては、子ども(男の子)は、年相応に見合った成長が阻害され結果として子どものまま、年齢と肉体だけは大人になってしまいます

 

 またもちろん、そうした人は社会的抑圧に対し、それを超えることにより、自己実現する(大人になる)という発想が、もてません

 

 いや、むしろ自分を覆う抑圧に対し、彼はひたすら受動的に耐えるだけでしょう。

 

 その証拠は、あなたの書き込みより見られます。

 

 

>女遊びひとつせず、趣味に気を紛らわせて、我慢して。真面目で誠実に、地道に生きてきて。

 

>世知辛い社会の中で、毎日嫌な思いをして給料を稼いで。

 

 

 さらに処女厨の、受身的すぎる精神とは、とくに“”の分野において、顕著に見られます。

 

 というのは、彼は自分から困難(=抑圧)を克服し女性を獲得する(=自己実現)ということは、絶対にしないからです。

 

 ならば当然に、彼は自分の伴侶には、自分と同様に受け身で被抑圧的な女性、すなわち“処女”しか選べないというのは、簡単に理解できます。

 

 これが、処女厨が処女しか相手にできない(と、本人は固く信じている)理由です。

 

 ところが皮肉なことに、前述したように基本的に処女厨は、自分から異性に対し、アプローチをかけることができません

 

 よって処女厨は、たとえ目の前に理想の処女がいようが、あるいは遠くから探してくるのであろうが、永遠に処女いや女性そのものとつき合えないということになります

 

 またそこから、これも皮肉なことに、処女厨は処女にこだわる自分の観念に忠実になるほど女性を遠ざける結果を生むのです

 

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

 

4.あなたは、彼女が完璧であろうと、完璧でなくなろうと、恋を持続できない

 ここからは、あなたの希望ではないかもしれませんが、あなたが処女にかぎらず、通常に女性とつき合えるようになる方法を述べます。

 

 というのは、あなたが、ご自分が望むような女性に実際に出会い、恋に落ち、そして結婚するということは、現実にはほとんど考えられないからです。

 

 失礼ながら、それはあなたの主体、客体、双方の面から、そう言えます。

 

 まずあなたの女性観は、徹底した減点方式にあるのでした。

 

 よって万が一、あなたの理想とする“処女”が、あなたの目の前に現れ、奇跡的にあなたを好きになってくれたとします。

 

 しかしその場合、あなたにそんな女性を、受け入れられるでしょうか?

 

 まず完璧な女性でしたら、それだけで、恋愛経験がゼロのあなたは、気後れするでしょう

 

 くわえて彼女が少しでも、人間的な弱さや欠点を見せれば、あなたのなかでは信じられないくらい、彼女に対する好感度は下がるはずです。

 

 つまり彼女が、完成された完璧な女性であろうと、あるいは逆に、少しでも完璧から外れた場合であろうと、あなたの“”は、成り立たなくなるのです。

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

5.なぜ伴侶には、恋愛経験アリの女性のほうが、ふさわしいか?

 また、あなたには絶望的な事実を述べますが、一般に女性がもっとも磨かれるのは、“恋愛”を通じてです。

 

 つまりオープンで魅力的な女性には、たいてい恋愛経験があります。

 

 ここを逆に述べれば、ある程度以上の年齢で処女の女性とはあまり男と変わらないくらい気丈で活発か、逆にどんよりと暗く重いかです

 

 そしてあなたがそうした女性とつき合うなら、恋愛経験がない彼女を、はたしてリードできるでしょうか?

 

 おそらくは、相当に厳しいでしょう。

 

 ここから、あなたが「妥協する」ではなく、「まともに女性と、恋愛ができるようになる」道を探ります。

 

 その際にキーワードとなるのが、あなたがNo.18のレスで述べておられる、「貞操観念」という概念です。

 

 一般に、貞操観念をもつ女性を、「貞女」と呼びます。

 

 そして「貞女」の条件とは、たしかに「処女である」という側面もあるでしょうが、それ以上に、「相手の男性を立てる」という面があります。

 

 こうしたところを、積極的に評価すればいいのです。

 

 さらにあなたは、No.55のレスで、以下のようにおっしゃっています。

 

 

>では、処女を失ってまで得た経験とやらを教えてください!

 

 

これは要は、その女性が恋愛をすることによって、洗練されたということです。

 

 またそうした女性は、「男性を立てる」ことを知っています。

 

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

 

 そこから、ひと通りの恋愛を経験した女性ほど、伴侶とするには好都合と言えます。

 

 なぜなら結婚生活とは、あなたが夢見るようなロマンスではなく、つねに現実との格闘だからです。

6.重要なことは、まわりをうかがってばかりせず、自分を成長させること

 さらにあなたは、No.50のレスで、「有名人の処女好き」を挙げ、ご自分の説の補強としています。

 

 しかしそこに見られる発言は、ほとんどが冗談半分に、女性を「征服・支配の対象」として見ているだけのものです。

 

 そうした関係性こそ、「恋愛至上主義者」であるあなたが、もっとも嫌うものであるはずです。

 

 したがって、あなたの理想とするような、男女が童貞・処女のまま出会い、恋に落ち、家庭を築くという関係性を支持する人は、いないということです。

 

 つまりこの点から、あなたの主張は、人から共感されるものではないし、また現実に実行がきわめて困難なものであることを示します。

 

 ではあなたは、どうすればいいのか?

 

 これは、実在する可能性もきわめて低い“処女”を、あなたの周囲から探すのではなくあなたご自身が、自分で変わっていくことです

7.どんな女性をも受け入れられる男になったとき、処女もモノにできる

 私は上のほうで、あなたのような「処女厨」とは、ある意味で精神の発達が阻害された人だと、申しました。

 

 ならばあなたは、女性以外のご自分の願望を、自分自身で実現させる道を探ればいいのです。

 

 それは幼少期における、あなたの夢でもいいですし、また現在のあなたが思い浮かべる、ささやかな憧れでも、結構です。

 

 重要なことは、そうしたものをご自分のチカラで手に入れる訓練を積むことです。

 

 そうすれば、いやもおうもなく、あなたは成長できます

 

 なぜなら、「自努力により、願望を現実化させる」ということは、「大人になる」と、同意義だからです。

 

 そのように精神が成熟すれば、あなたは「自分が好きな女性」であれば、処女だろうが、そうでなかろうが、だれでも受け入れられるようになっているでしょう

 

 なぜなら、大人の男性とは、自分のココロを信じられる存在だからです。

 

 ですから彼は、自分のココロが選んだ女性ならば、だれであろと、それだけの理由で愛することができます。

 

 そして逆説的ですが、そのときこそあなたは、処女の女性とつき合える器量の男性に、なれているかもしれません

 

 というのは、古今東西の物語世界に共通して見られるように、「冒険に出た王子さま」が成長し、旅の最後に出会うのが、「運命のお姫さま」だからです。

 

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

 

 基本的には、処女の女性とつき合うには、それなりの甲斐性が必要です。

 

 というのは、そうした女性はたいてい未熟ですので、つき合うにあたり、こちらが負うこととなる負担や責任が多くなるからです。

 

 しかし自己実現に成功し、大人になれたあなたならそうした女性を守る立場として、うまくやっていけるかもしれません

 

 ただしこれはもちろん、そのときになり、あなたのまわりに、あなたが望むような処女の女性が、都合よくいた場合ですが。

 

 ともかくも、あなたが処女厨であり続けようが、そうであるまいが、現在のあなたにとってもっとも重要なことは、「自分を成長させる自分を変える」ことのみです。

 

 つまりあなたは、つねに自分の外部に求めていた憧れを、「未来における自分自身」に向け、全精力でもってその実現にあたればいいのです。

 

 すべてはそこから始まりますし、逆に現在における状態のまま悶々としていたら、何も起こらないまま、あなたは無意味に年齢を重ねるだけです。

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

不倫相手が忘れられない。本気だったので、克服できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
やり捨てられ処女を失った女子高生。気持ちが収まらない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼氏が優しいが、ブサイク。このまま結婚してもいいのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
暴行により、彼女が幼児退行。男性恐怖症となり、甘えてくる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
12歳年下の彼から、別れ話を。未練があり別れたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
恋人からのDVがつらい。なのに彼が好きで、逃げられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
若いころちやほやされすぎ、誰からも相手にされなくなった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
中年だが、好みの女性に対する性的感情をもて余している
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼女を失った絶望感・喪失感から立ち直れない。冷静をどう保つ?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の外見とファッションに自信がなく、彼の理想に届かない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の意志は無視され、中出しされ妊娠発覚。どうすれば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻子ある男性に本気で迫られ、不倫関係に。別れるべきか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
セフレの彼が、自分に依存。割り切り希望のため、別れたいが
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
浮気が夫や親たちにバレた。結婚生活を継続できるか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
先輩の彼氏にレイプされた。この状況は、誰の責任になる?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼氏と会えない結果、恋が冷めた。このまま別れるのがいい?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼に多額の借金が。返す意志も能力もなく、後は自己破産だけ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大好きな彼にフラれ、愛情が憎しみに。気持ちの切り替えは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
同棲生活に自由がなく、つまらない。相手とは別れるべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
できちゃった婚に、親は大反対。どうやって認めてもらう?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人の結婚を妬んでしまう。相手の学歴や年収などが、気になる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
別れた元恋人が、自殺未遂をくり返す。どう対処すれば…?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
なにかと元カノと比較され、嫉妬と被害妄想が止まらない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
中絶させた彼女が不安定。束縛とわがままがひどい。別れたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
貧乏な女性に恋愛はムリ?結婚もしたいけど、婚活もできない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
遊び目的の相手を、本気にさせることは可能? 一目惚れした
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼が仕事の接待で、風俗へ。彼を生理的に受け入れられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼のことは好きだが、アタマが悪すぎるため、結婚が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
バツイチ子持ちに、恋愛、再婚はムリ? 好きな相手が逃げた
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼の子を妊娠し、堕胎を要求される。自分は産みたいけれど…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妹が、結婚したいほど好き。気持ち悪いが、妹の彼氏が憎い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
医師の結婚相手になるには、どういう条件をクリアすればいい?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の処女が重い。出会い系で知り合った人相手に、捨てるべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好きな人に告白されたが、恋愛経験がない自分は、どうすれば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夢追い彼氏との結婚に迷っている。プロポーズにどう答えれば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大好きな彼女は、風俗嬢だった?裏切られた気持ちがツラい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
結婚式直前の彼氏の浮気。許すべきか、このまま別れるべきか
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
親が厳しく、恋愛に過干渉。束縛が強いため、恋を楽しめない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大好きだった彼女に、こっぴどくフラれ、殺したいほど憎い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
男が職場の女性に手をだすのは、遊びか本気か?翻弄される友人
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大切な恋人がいるのに、浮気する男性の心理が理解できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼氏と宗教の違いで悩む。このまま結婚できるのか
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
おたがい初めての恋愛で、そのまま結婚すると、後悔する?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
女性に対する恐怖が恋愛願望を上回るため、恋愛はあきらめた
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
W不倫を解消したが、苦しい。どうやって立ち直れば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
シングルマザーとの恋がツラい。両親は反対し、彼女も不安定に
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子の担任に恋。息子の卒業後に想いを伝えたいが、どうか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は色情狂?不特定多数の異性と愛のない、変態的なセックスに溺れる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫との性生活で、性欲がまったく満たされない。欲求を抑えるべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼はセックスをしないと不機嫌になり、会えば必ずさせられる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はサド・マゾの変態?とんでもない妄想を、実行したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
恋とは何?人を恋愛対象として好きになるって、どんな気持ち?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
一夜限りの関係になった男性が、そっけなく。今後どう接するか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻や恋人等、好きな人にしか勃起しない男性は、存在する?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
50代夫の性欲が強すぎる。何回も求められ、ついていけない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差恋愛で、相手へのアプローチに緊張。どうすれば、うまくいく?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもができてから、夫とはセックスレスに。イライラし傷つく
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼女の過去の恋愛が、童貞だった自分には気になって仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼女がいるのに、他の女性を好きになりすぎて苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好き避け、嫌い避け、ごめん避けの区別は? 相手の態度が不自然
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好きな人に好意を寄せられると気持ち悪くなる「蛙化現象」を、どう克服?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。