問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

引用元 http://onayamifree.com/threadres/2339039/

 

自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

 

匿名さん(24♂匿名)

 

 

僕はゲイです。
テレビでゲイネタで笑わせているのを見ると悲しくなります。

 

先日のアメトークという番組で、ケンコバさんと日村さんが仲良くしてるのを見て、
蛍原さんが「気持ち悪い」と言ったのですが、気持ち悪いと思うのが当たり前のことであるかのように、
さらっと流されてました。

 

テレビでよく見かける光景ですが、
見かけるたびに自分は気持ち悪いんだなと思って悲しくなります。

 

ストレートの人はどう受け取っているのでしょうか? 僕が繊細すぎるのでしょうか?

 

自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.文明が進み、自然から遠ざかるほど、性のあり方は異形となる

そもそも、人はなぜゲイやレズ等のLGBT、いわゆる性的少数者を、「気持ち悪い」と思うのでしょうか?

 

 その理由は端的には、そうした人たちは自然のあり方に反しているからです。

 

 これも当り前ですが、自然界では一部の例外をのぞき、同性間における、あるいは生殖を目的としない性交というものは、ありえません

 

 では端的に述べて、ゲイやレズ等のLGBTは、人間としても極度に異端な存在なのでしょうか?

 

 歴史的な事実だけ見れば、これは意外にもそうとは言い切れません。

 

 基本的に人類とは、文明を発達させるほどに、すなわち自然から離れるほどに自然のあり方とは異なった性や性行のあり方を見せています

 

自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

 

2.同性愛が長期にわたり異端でなかったのは、日本も西洋も同様

まずわが国の歴史を見てみると、同性愛が本格的に社会的な禁忌となったのはじつは明治時代以降、150年ほどしかありません

 

 あまり旧い時代は文献がないため、確認がとれませんが、7〜8世紀に編纂された『万葉集』には、すでに同性愛を詠った和歌があるようです。

 

 さらに8〜9世紀に生きた僧、空海は、仏教では女人に触れることができないので、稚児を代わりに愛したと言われています。

 

 くわえて、平安時代後期より出現した武士のあいだでは、「衆道(しゅどう)」と呼ばれる、武士同士が交わる習慣が、江戸時代末期まで存在しました

 

 また西洋の歴史を見ても、ギリシャ・ローマ時代中期までは当然のように男性同士が性行していました

 

 とくにギリシャ時代においては、セックスとは原則として男性同士でおこなわれるものであり女性との性行はあくまで、子孫を残すための手段でしかなかったのが現実です

 

 ただしこれは、中年男と若い男性の組み合わせが通常でしたが。

 

 よって、世界史の教科書に名前が載っている古代ギリシャ人は、9割以上がその意味において同性愛者だったと、言えるでしょう。

 

自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

 

3.キリスト教の確立が、同性愛者を決定的に異端の存在とした

しかし世界史的な意味において、同性愛が本格的に忌み嫌われることになったのは、やはりキリスト教やイスラム教といった、一神教による教えが広がってからです

 

 とくにキリスト教においては、あらゆる自然や自然法則は、“”によって創られたことが強調されています

 

 ならば当然に、同性愛とは基本的に自然のなかには見出だせないものなのだから、同性愛者とはすなわち、「神の掟」に逆らう者と、とらえられることとなったのです。

 

 くわえてキリスト教が西洋世界を支配したのは、ローマ時代後期から、中世、近世、近代にかけてです。

 

 こうした時代はとくに、国家が階級社会で成り立っていました。

 

 つまりその世界においては、神の名のもとに身分制度が厳格に設けられ人民は支配階級により厳しく統治されていたのです。

 

 であれば支配階級にとっては、人民は生かさず、殺さず、搾取をするのが理想ですので、人民には余計な快楽や好奇心は、もたれると困ります

 

 さらに支配者たちは、自分たちや共同体を支えるため民衆には多くの子どもを産んでもらう必要がありました

 

 よって権力者にとっては、国民たちが生殖につながらない性交をするのは、たいへんに好ましくないことだったでしょう

 

 彼らにとって人民は、キリスト教の教えに従順かつ、慎ましやかに生きてもらわなければ、都合が悪かったのです。

 

 くわえて手前味噌ながら、当方の作成した下記サイトを参考にしていただきたく存じます。

 

 

「全世界の歴史を、88の格言で丸わかり!」
@人類の誕生 サルからヒトへー進化の仮説と、宗教の起源
http://sekainorekishi.com/category5/kodai_jinrui_tanjou.html

 

 

 「本能を失ったサル」である人類にとっては、宗教とは一言で述べれば、「本能の代替物」なのです。

 

 したがってある宗教の信者が、その教えのなかで禁じられていることを、平然とやってのける人物を見れば、彼は「神をも恐れぬ者」と、とらえられるでしょう。

 

 これはちょうど人に対し、本能がこわれた、つまり狂った動物を見るのと、おなじ気持ちにさせるでしょう。

 

 つまりは異端であり、何をしでかすか、わからない存在として映るのです。

 

自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

4.今後は LGBT は増加し、市民権を獲得する可能性もある

このように、「ゲイが気持ち悪い」という観念は、おもにキリスト教の教えにより規定されたものだと、考えられます

 

 この点で言えば、ゲイを嫌う人たちは本能的嫌悪感によってそう感じるのではなく、あくまで生まれた後の教育による刷り込みにより、そう思うのです

 

 ここから、わが国において近代、すなわち明治時代以降になり、同性愛がタブーとなったのは、キリスト教にもとづく西洋的価値観が流入したからだと、考えられます。

 

 そのように人類史上において、同性愛者が絶対的に異端だったのは、限定的な地域や時代においてのみだったのです。

 

 その視点から見れば、あなたのようなゲイの人は、生物としては異質だが、人間としては極度に異色というわけでは、ありません

 

 また前述したように、同性愛者とは人間が自然から離れ、文明を進展させるほど、多く現れる存在です。

 

 および現代では、キリスト教をはじめとする宗教の影響力は、どんどんと低下してきています。

 

 そこから今後の未来においては、言うまでもなく人類の文明はさらに発達するでしょうから、LGBT、つまり性的少数者は増加していくと思われます。

 

 よって、近未来には LGBT は、市民権をもった存在となっている可能性は大です

 

 また人間の価値観とは、これも前述したように、その時代の社会的な規範によって刷り込まれるものです。

 

 したがって新しい時代になれば、人々もゲイを見て、さして気持ちが悪いとは、思わなくなっているかもしれません。

 

 そうしたことから、あなたはご自分の現状を、あまり孤立したものと考えなくてもいいと思います。

 

自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

 

5.性における価値観の変遷は、短い時間で実現されることもある

あなたはNo.12のレスで、“恋人”もおり、かつ、そんなあなたを受け入れてくれる、ストレートの友人もいるとおっしゃっています。

 

 であるならあなたは、必要以上に卑屈になることもないでしょう。

 

 またひょっとして、あなたの性癖そのものを矯正する手段は、存在するのかもしれません。

 

 しかしもしそれを試みるならば、最初にたいへんな苦痛と、自我の喪失を経験しなければならなくなるでしょう。

 

 その点よりあなたは、現在のままで大丈夫だと思います。

 

 というのは、そんなあなたを直接に攻撃してくる人は、いないようだからです。

 

 あなたは、あなたの性質について露骨に干渉してくる人がいた場合のみ、はっきりと自己主張できるだけの強さがあればいいでしょう。

 

 くわえてあなたが「傷つく」のは、やはりあなたが「現代の価値観」という、窮屈ものにとらわれているからにすぎません。

 

 ただこの点は、あなたはまだお若いのだから、仕方のないことですが。

 

 よってあなたは、ふだんはゲイであるというご自分の人格を、喧伝する必要もありません。

 

 ところで現在わが国では、結婚は恋愛結婚が主流ですが、いまからほんの100年前には、ほとんどの夫婦はお見合いで結婚していました。

 

 しかもその時代には、恋愛結婚は「野合」などと呼ばれ、ふしだらなものとして見下されてもいました。

 

 そうしたことを考えると、あなたの立場が狭いものでなくなるには、そんなに時間はかからないかもしれません。

 

 そう考えれば、あなたも少しは気がラクになるのでは、ないでしょうか?

自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

不倫相手が忘れられない。本気だったので、克服できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
やり捨てられ処女を失った女子高生。気持ちが収まらない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼氏が優しいが、ブサイク。このまま結婚してもいいのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
暴行により、彼女が幼児退行。男性恐怖症となり、甘えてくる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
12歳年下の彼から、別れ話を。未練があり別れたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
恋人からのDVがつらい。なのに彼が好きで、逃げられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
若いころちやほやされすぎ、誰からも相手にされなくなった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
中年だが、好みの女性に対する性的感情をもて余している
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼女を失った絶望感・喪失感から立ち直れない。冷静をどう保つ?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の外見とファッションに自信がなく、彼の理想に届かない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の意志は無視され、中出しされ妊娠発覚。どうすれば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻子ある男性に本気で迫られ、不倫関係に。別れるべきか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
セフレの彼が、自分に依存。割り切り希望のため、別れたいが
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
浮気が夫や親たちにバレた。結婚生活を継続できるか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
先輩の彼氏にレイプされた。この状況は、誰の責任になる?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼氏と会えない結果、恋が冷めた。このまま別れるのがいい?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼に多額の借金が。返す意志も能力もなく、後は自己破産だけ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大好きな彼にフラれ、愛情が憎しみに。気持ちの切り替えは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
同棲生活に自由がなく、つまらない。相手とは別れるべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
できちゃった婚に、親は大反対。どうやって認めてもらう?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人の結婚を妬んでしまう。相手の学歴や年収などが、気になる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
別れた元恋人が、自殺未遂をくり返す。どう対処すれば…?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
なにかと元カノと比較され、嫉妬と被害妄想が止まらない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
中絶させた彼女が不安定。束縛とわがままがひどい。別れたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
貧乏な女性に恋愛はムリ?結婚もしたいけど、婚活もできない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
遊び目的の相手を、本気にさせることは可能? 一目惚れした
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼が仕事の接待で、風俗へ。彼を生理的に受け入れられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼のことは好きだが、アタマが悪すぎるため、結婚が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
バツイチ子持ちに、恋愛、再婚はムリ? 好きな相手が逃げた
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼の子を妊娠し、堕胎を要求される。自分は産みたいけれど…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妹が、結婚したいほど好き。気持ち悪いが、妹の彼氏が憎い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
医師の結婚相手になるには、どういう条件をクリアすればいい?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の処女が重い。出会い系で知り合った人相手に、捨てるべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好きな人に告白されたが、恋愛経験がない自分は、どうすれば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夢追い彼氏との結婚に迷っている。プロポーズにどう答えれば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大好きな彼女は、風俗嬢だった?裏切られた気持ちがツラい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
結婚式直前の彼氏の浮気。許すべきか、このまま別れるべきか
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
親が厳しく、恋愛に過干渉。束縛が強いため、恋を楽しめない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大好きだった彼女に、こっぴどくフラれ、殺したいほど憎い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
男が職場の女性に手をだすのは、遊びか本気か?翻弄される友人
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大切な恋人がいるのに、浮気する男性の心理が理解できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼氏と宗教の違いで悩む。このまま結婚できるのか
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
おたがい初めての恋愛で、そのまま結婚すると、後悔する?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
女性に対する恐怖が恋愛願望を上回るため、恋愛はあきらめた
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
W不倫を解消したが、苦しい。どうやって立ち直れば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
シングルマザーとの恋がツラい。両親は反対し、彼女も不安定に
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子の担任に恋。息子の卒業後に想いを伝えたいが、どうか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は色情狂?不特定多数の異性と愛のない、変態的なセックスに溺れる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫との性生活で、性欲がまったく満たされない。欲求を抑えるべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼はセックスをしないと不機嫌になり、会えば必ずさせられる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はサド・マゾの変態?とんでもない妄想を、実行したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
恋とは何?人を恋愛対象として好きになるって、どんな気持ち?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
一夜限りの関係になった男性が、そっけなく。今後どう接するか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻や恋人等、好きな人にしか勃起しない男性は、存在する?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
50代夫の性欲が強すぎる。何回も求められ、ついていけない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差恋愛で、相手へのアプローチに緊張。どうすれば、うまくいく?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもができてから、夫とはセックスレスに。イライラし傷つく
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼女の過去の恋愛が、童貞だった自分には気になって仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼女がいるのに、他の女性を好きになりすぎて苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好き避け、嫌い避け、ごめん避けの区別は? 相手の態度が不自然
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好きな人に好意を寄せられると気持ち悪くなる「蛙化現象」を、どう克服?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。