問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

引用元 http://onayamifree.com/threadres/740999/

 

中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

 

匿名希望(17♀匿名)

 

 

中学生でセックスしようと思う心理がわかりません。
自分の同級生も一部中学生で経験済みだったり、「まだ処女なの?」と言われたこともあります。
せめて、最低でも義務教育終えてからにしなよと思います。

 

皆さんの意見聞かせて下さい。
特に現役の中学生さんの考えを聞いてみたいです。
また、お子さんがいらっしゃる方は我が子に家庭で性教育をしようと考えてますか?(親になったとき参考にしたい)

 

不快に思われた方はスルーして下さい

 

中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.精通、初潮後における、男女の意識の違い

はじめにまず、中学生とは男女ともに「第二次性徴期」を経ることにより、異性との性行為が可能となる年頃です。

 

 だいたい中学生までに、男の子は精通を、女の子は初潮を経験しており心身ともに大人に向かっての成長が本格化していきます

 

 その中学生の段階において、ここでは男子と女子の心理における差異を見ていこうと思います。

 

 まず男の子の場合ですが、これは純粋にココロの全関心が、女性の肉体へと向かいます

 

 とにかく女性の身体を触りたい、ヤリたいという気持ちが、むき出しのかたちで現れるのが一般的です。

 

 次に女子のケースですが、こちらは男子にくらべ、やや観念的です。

 

 女性では処女の段階で、肉体的欲求を感じることは、きわめてマレです

 

 セックスにおける肉体的快感は、女性の場合は男性との直接的な性交渉により、通常では開発されていきます。

 

 したがって女性は処女の場合、肉欲が直接的に男性の肉体へと向かうケースは、あまり考えられません。

 

中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

 

2.男子と女子では、「経験ずみ」という事実は、どこで意味をもつか?

では中学生の女子による、「経験ずみ」という事実は、どこで価値をもつのでしょう?

 

それはあなたもご存知のように、同年代の女子によるコミュニティー内においてです。

 

その理由はもちろん、経験ずみ」のほうが仲間内では大人に見られる傾向があるからです。

 

 しかしこれは余談ですが、女性は同性に対しては自分が非処女であるように、また男性に対しては処女のように思われたがる性質があります。

 

 さて、そうしたことから中学生の女子が処女を喪失するのは、以下のようなケースが多いです。

 

 まず第一点は、好奇心から。次に交際相手の男性に求められ、断り切れないという状況です。

 

そして最後は、家庭環境などに恵まれない子が、「自分が必要とされている」という実感が欲しくて、自分でも好きだかどうかもわからない男性相手に、処女をあげてしまいというケースです。

 

 また当然に、処女を喪失したという事実は、女子のコミュニティー内で、一定の評価を得られる場合があるでしょう。

 

 よって、早期に初体験を経る女子には、仲間のあいだで自慢したいという思いが動機となっていることも、多々あります。

 

 一方、男子ですが、こちらもやはり、早期に童貞喪失をすれば、友人のあいだで一目置かれるということもあるでしょう。

 

 しかしやはり、男子の場合は自分の純粋な性欲を、女性に向けて発散したいという情熱が、第一の要因というケースが圧倒的多数です

3.「早すぎる初体験」が、女性の身体にあたえる影響

ではここで、早期に初体験をすませた場合のリスクについて、まずは女性の場合を見ていきたいと思います。

 

 これは言うまでもなく、妊娠する可能性が高いことが、第一に挙げられます

 

 12〜15歳の中学生女子の肉体にあっては、基本的に妊娠、出産するにあたり、負担が大きすぎます。

 

 その理由はもちろん、女子中学生の身体はまだ大人のものとして完成されていないため、妊娠、出産には耐えがたいからです。

 

 したがってもしそうした状態に陥れば、女性の身体はホルモンバランスが崩れ、体調を崩すことが考えられます。

 

 またもちろん、お腹の子どもを中絶した場合は、肉体への悪影響は相当なものがあるでしょうし、また出産しても、子どもになんらかの障害が残ったりもします。

 

 当然にそうした悪影響は、母子ともに一時的なものでなく、生涯において負担となる可能性もあります。

 

 くわえて、たとえ妊娠には至らなかったにせよ、早期の性交渉はそれ自体で、心身へのダメージとなりえる可能性も考えられます。

中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

4.「女を知る」、「男を知る」ということの、真の意味は?

続いて、“初体験”が、少年・少女の精神におよぼす作用について、考えてみます。

 

 まず端的には、「男になる、女になる」=「異性との初の性交渉をもつ」ということには、どういう意味があるのでしょうか?

 

 これは一言で述べれば、「成人男性、成人女性として、いちおうは完成された」という意義があります。

 

 この点は元来的には、「異性を受け入れるほど心身ともに成熟したから、童貞や処女を喪失した」と、解釈すべきものです。

 

 しかし逆に、「童貞や処女を喪失したから、その者はもう大人である」という、逆転した読み取り方も存在します。

 

 だがともかくも、「初体験をすませたのだから、彼 or 彼女はもう大人だろう」と、世間では理解される風潮があります。

 

 したがって、「異性を知る」ということは、基本的には「大人になる」、「大人として、とりあえずは完成する」ということと同義です。

 

中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

 

 

5.童貞・処女喪失が、遅い場合のメリット

ところで何事においても、“過程”とは重要なものです。

 

 というのは、“結果”とはつねに、“過程”の蓄積の結果、生じるものだからです。

 

 たとえば、「お湯が沸騰する」という現象は一瞬にして起こります

 

 しかしこれは一定以上の時間、「水を熱した」という“過程”の積み重ねが、「沸騰」という“結果”として現出したものと言えます。

 

 また、たとえばおなじ味噌汁であっても、弱火で丁寧にグツグツとダシをとったものと、熱湯にインスタント素材をぶち込んだものでは、質が違います。

 

 そう考えると、「早く大人になる」ということは、ある意味では、多くの可能性を捨て去るということにもなります。

 

 ここで私が申し上げたいのは、“性欲”についてです。

 

 人間は完成されるにあたり、「性欲はあるが、それを発散させる対象がない」という「過程的時期」をもつほどに、人として完成された折には、“深さ”が出るとも言えるのです。

 

 つまり、「処女・童貞の喪失は、ある程度遅くなる分には、人はその過程において、自身を磨きえる」ということです。

 

 これはたとえば、男性の場合では、将来的に女性にモテるようになるため、勉学や運動に励むということが、あるでしょう。

 

 また女性のケースでは、未来にめぐり合う伴侶のため、自身を魅力的な女性として磨いておくということが挙げられます。

 

 つまり男女ともに、「若いけど、恋人がいない時期に、主体的に能力や魅力を向上させる」という時期が、基本的にはあるべきなのです。

 

 またその際に身につけた能力や魅力は、現実に社会に出た場合、あるいは家庭をもったときに、おおいに役立つものです。

 

 したがって男女ともに、現在、恋人はいないが、未来においてモテたい」という欲求は自分の能力や魅力を高める、おおいなる原動力ともなりえるのです。
中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

 

6.童貞・処女の喪失が早すぎると、人間としての深みが形成されない

 そうした観点から見れば、人生の早すぎる時期に性交渉をもってしまった男女は良くも悪くも、現実的で即物的な思考しかできなくなるとも、言えます。

 

 よって彼らには、「教養を修めることによる、“無用の用」という発想は、なかなか理解できないでしょう。

 

 ここから、こうした言い方は良くありませんが、肉体労働や水商売に従事している、いわゆる「底辺職」の人には、男女問わず、童貞・処女の喪失が早かった人が多いです。

 

 こうした人たちの典型的な認識構造は、「広がりはあるが、深さがない」というものです。

 

 つまり、他人とうまくやっていけるような社会性はあるが、その分、教養があまりないので人間としてのあり方が単純で面白味がない、ということです。

 

 またもちろん、そうした人たちはつねに現実的にしかモノが見えないので、抽象的な思考が苦手、「自分を高めるという発想が、あまりない」という共通点があります。

 

 もちろんそれは、ひとつの人間のあり方なので、そのこと自体が悪いとは、申しませんが。

 

中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

 

7.人生を総合的に見れば、「早すぎる体験」は、リスクのほうがはるかに多い

 しかしそうした点から、「早く大人になってしまった人たち」は、人間としての完成度が低いということは、言えます。

 

 したがって彼らは、人生の中期以降に、「正常な早さで大人になった人たち」に追い抜かれるということも、ままあります

 

 こうしたことから、法律において初婚年齢が決められている(男 18歳、女 16歳)という事実は、それなりに根拠があるものと、理解できます。

 

 またその点から、義務教育、とくに中学生の期間は、少年・少女ともに性的なものから引き離し両者の交際があまり歓迎されないことの理由も見えてきます。

 

 そこから結論として、あなたや中学生の人たちに述べられるのは、以下のことです。

 

 早い時期での初体験とは、その場での自慢としてしか意味のないことが多く将来のことを考えれば、やはり損のほうが圧倒的に多いということです。

 

中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

中学生でセックスする心理とは?早すぎてリスクばかりじゃない?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

不倫相手が忘れられない。本気だったので、克服できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
やり捨てられ処女を失った女子高生。気持ちが収まらない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼氏が優しいが、ブサイク。このまま結婚してもいいのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
暴行により、彼女が幼児退行。男性恐怖症となり、甘えてくる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
12歳年下の彼から、別れ話を。未練があり別れたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
恋人からのDVがつらい。なのに彼が好きで、逃げられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
若いころちやほやされすぎ、誰からも相手にされなくなった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
中年だが、好みの女性に対する性的感情をもて余している
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼女を失った絶望感・喪失感から立ち直れない。冷静をどう保つ?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の外見とファッションに自信がなく、彼の理想に届かない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の意志は無視され、中出しされ妊娠発覚。どうすれば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻子ある男性に本気で迫られ、不倫関係に。別れるべきか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
セフレの彼が、自分に依存。割り切り希望のため、別れたいが
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
浮気が夫や親たちにバレた。結婚生活を継続できるか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
先輩の彼氏にレイプされた。この状況は、誰の責任になる?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼氏と会えない結果、恋が冷めた。このまま別れるのがいい?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼に多額の借金が。返す意志も能力もなく、後は自己破産だけ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大好きな彼にフラれ、愛情が憎しみに。気持ちの切り替えは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
同棲生活に自由がなく、つまらない。相手とは別れるべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
できちゃった婚に、親は大反対。どうやって認めてもらう?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人の結婚を妬んでしまう。相手の学歴や年収などが、気になる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
別れた元恋人が、自殺未遂をくり返す。どう対処すれば…?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
なにかと元カノと比較され、嫉妬と被害妄想が止まらない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
中絶させた彼女が不安定。束縛とわがままがひどい。別れたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
貧乏な女性に恋愛はムリ?結婚もしたいけど、婚活もできない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
遊び目的の相手を、本気にさせることは可能? 一目惚れした
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼が仕事の接待で、風俗へ。彼を生理的に受け入れられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼のことは好きだが、アタマが悪すぎるため、結婚が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は処女厨で、処女の女性以外とは結婚は考えられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
バツイチ子持ちに、恋愛、再婚はムリ? 好きな相手が逃げた
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼の子を妊娠し、堕胎を要求される。自分は産みたいけれど…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妹が、結婚したいほど好き。気持ち悪いが、妹の彼氏が憎い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
医師の結婚相手になるには、どういう条件をクリアすればいい?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の処女が重い。出会い系で知り合った人相手に、捨てるべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好きな人に告白されたが、恋愛経験がない自分は、どうすれば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夢追い彼氏との結婚に迷っている。プロポーズにどう答えれば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大好きな彼女は、風俗嬢だった?裏切られた気持ちがツラい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
結婚式直前の彼氏の浮気。許すべきか、このまま別れるべきか
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
親が厳しく、恋愛に過干渉。束縛が強いため、恋を楽しめない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大好きだった彼女に、こっぴどくフラれ、殺したいほど憎い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
男が職場の女性に手をだすのは、遊びか本気か?翻弄される友人
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
大切な恋人がいるのに、浮気する男性の心理が理解できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼氏と宗教の違いで悩む。このまま結婚できるのか
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
おたがい初めての恋愛で、そのまま結婚すると、後悔する?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
女性に対する恐怖が恋愛願望を上回るため、恋愛はあきらめた
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
W不倫を解消したが、苦しい。どうやって立ち直れば…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
シングルマザーとの恋がツラい。両親は反対し、彼女も不安定に
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子の担任に恋。息子の卒業後に想いを伝えたいが、どうか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は色情狂?不特定多数の異性と愛のない、変態的なセックスに溺れる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫との性生活で、性欲がまったく満たされない。欲求を抑えるべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼はセックスをしないと不機嫌になり、会えば必ずさせられる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はゲイ。人が同性愛をネタにし、「気持ち悪い」と言うと傷つく
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はサド・マゾの変態?とんでもない妄想を、実行したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
恋とは何?人を恋愛対象として好きになるって、どんな気持ち?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
一夜限りの関係になった男性が、そっけなく。今後どう接するか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻や恋人等、好きな人にしか勃起しない男性は、存在する?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
50代夫の性欲が強すぎる。何回も求められ、ついていけない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差恋愛で、相手へのアプローチに緊張。どうすれば、うまくいく?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもができてから、夫とはセックスレスに。イライラし傷つく
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼女の過去の恋愛が、童貞だった自分には気になって仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
彼女がいるのに、他の女性を好きになりすぎて苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好き避け、嫌い避け、ごめん避けの区別は? 相手の態度が不自然
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好きな人に好意を寄せられると気持ち悪くなる「蛙化現象」を、どう克服?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。