問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?

引用元http://kokotomo.com/nayami/%e5%bc%b7%e3%81%84%e5%ab%89%e5%a6%ac%e5%bf%83%e3%83%bb%e6%89%bf%e8%aa%8d%e6%ac%b2%e6%b1%82%e3%81%ae%e5%af%be%e5%87%a6%e6%96%b9%e6%b3%95/"> http://kokotomo.com/nayami/%e5%bc%b7%e3%81%84%e5%ab%89%e5%a6%ac%e5%bf%83%e3%83%bb%e6%89%bf%e8%aa%8d%e6%ac%b2%e6%b1%82%e3%81%ae%e5%af%be%e5%87%a6%e6%96%b9%e6%b3%95/

 

自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?

 

作成者:asari

 

社会人数年目の女性です。
嫉妬心を強く抱いてしまう性質で、悩んでいます。
恐らく、承認欲求が強いのだと思います。

 

例えば、趣味の事で言えば、自分より上手かったり評価を得ている人を見ると嫉妬し、
それに比べて自分は全然ダメだ、とすごく落ち込みます。

 

趣味なんて好きでやっている事だから優劣なんて関係ないはずなのに人と比べてしまっていて、その事実にもショックを受けます。

 

いっそのことやめてしまえば、とも思いましたが、やはり好きで始めたことなので手放したくありません。

 

その他に、仕事でもあり、こちらは人間関係でよく感じます。私はコミュニケーション能力が低く、
会話も上手ではありません。

 

同僚は話も上手く色んな人と友好的になれ、その事にやはり嫉妬と羨望を覚えます。
人間関係の事は、プライベートの友人に対しても同じことを感じます。消極的でいては何も始まらないと、
自ら話しかけるなど努力をした事もありました。

 

しかし、大抵空回ってしまい、結局精神的に疲れてしまったので今はほとんど一人で居ることが多いです。
(※嫉妬対象の同僚や友人に対して負の感情はありません、むしろ好きです)

 

私はお世辞にも性格がいいとは言えませんし、取り柄があるわけでもありません。
嫉妬するなどお門違いなはずなのにしてしまう、すぐムッとしてしまう狭量さ、人目を気にしてしまう自分が汚らしく本当に嫌です。
その感情に振り回され、すごく疲れています。

 

 

今回、ご相談したいのが、嫉妬心(承認欲求)を抑える方法、
またはその感情と上手く付き合っていく方法についてです。

 

人目など気にせず、マイペースに穏やかに過ごしたいのです。人は人、自分は自分、になりたいです。

 

人間なので、嫉妬心を完全になくすことはできないと思いますので、嫉妬心を覚えてしまった時の対処方法、
経験談などアドバイス頂きたいです。よろしくお願い致します。

 

※少し補足情報を。
両親は離婚していますが家族仲(父と姉妹)は良好で、家庭的な問題はないと思います。
友人は2〜3人ですが、います。(上記のような本音は正直言えないので、友人と呼んでいいかわかりませんが・・・)
独身で彼氏はいませんが、男性とお付き合いすることに興味がないので、その点に関しての嫉妬や羨望の類を覚えたことはありません。

 

自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?

自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.承認欲求と嫉妬の根源は、「生きていくチカラ」の欠落から

 あなたはご自分でもて余していらっしゃるものを、“嫉妬心”と“承認欲求”だと分析されています。

 

 あなたがそうお思いのように、私もこの“嫉妬心”と“承認欲求”とは、不可分のものであると考えます。

 

 まず一般論で述べるならば、人が慢性的に“承認欲求”を感じるのは、端的には幼少期に親やまわりの人間に、自己存在を受け入れられた経験に乏しいからです。

 

 あなたはご両親は離婚していらっしゃるが、ご家族の仲は悪くなかったので、家庭の問題から“承認欲求”が現れているのではない、とおっしゃいます。

 

 しかしこの点は、あなたの主観と現実が食い違うこともあります

 

 たとえばあなたは、ひょっとしたら物理的にはご両親の側にいる時間は、長かったかもしれません。

 

 しかし子どもが自立するために必要な親からの“愛情”とは、たとえば家族サービスをしてもらったとか、一緒に遊んでもらったなどで決まるものでは、ありません。

 

 その際にもっとも重要なことは、無条件で自己存在を受け入れられ、かつ、生きていくための規範を教わるというところにあります。

 

 この点は世間でよく言われるように、「親は子に、魚をあたえるのではなく、魚の捕り方を教えるべきだ」と、いうことです。

 

 そのことについて、あなたは下記のように述べていらっしゃいますが、これもあなたの「育ち」に由来するものかもしれません。

 

 

>私はコミュニケーション能力が低く、会話も上手ではありません。

 

>人間関係の事は、プライベートの友人に対しても同じことを感じます。消極的でいては 何も始まらないと、自ら話しかけるなど努力をした事もありました。しかし、大抵空回 ってしまい、結局精神的に疲れてしまったので今はほとんど一人で居ることが多いです 。

2.最初からハンディつきのレースを、強要される理不尽

 ここからあなたは、なぜ同僚に「嫉妬と羨望」を覚えるかが見えてきます。

 

 それは少なくともあなたの目からは、あなたの同僚は「人と仲良くやっていく能力」が、あるように映るからです。

 

 つまりあなたの同僚は、あなたが幼少期に授けられなかった協調性や社会性をきちんとあたえられているように見えるから、ではないでしょうか?

 

 この点からあなたは、じつは趣味や仕事で他人よりうまくできなかったという結果に対して、嫉妬を感じるのではないと思います。

 

 現状はそうではなく、そもそものレースのスタート地点において、元来的にあたえられていなければいけないものを自分だけもっていない

 

 だから当然、そのレースでも、人より優れた結果を出せないでいる

 

 あなたにおける嫉妬の方向性とは、この点に向けられているように思います。

 

 そうしたあなたの心情が現れていると思うのは、以下の記述です。

 

 

>(※嫉妬対象の同僚や友人に対して負の感情はありません、むしろ好きです)

 

 

 ここからあなたが嫉妬を感じるのは、「みんなが当り前にもっているものを、自分だけがもっていないから」と、取れます。

 

 だからこそ仕事や趣味のように、競争の結果が問題になるところ以外の場所では、あなたは他人を好きでいられるのだと思います。

自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?

自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

3.まずは、競争に参加する

 ではあなたは、どのようにすればいいのか?

 

 この点は、どうすればあなたは、承認欲求と嫉妬を感じずにすむようになるか、という点から述べます。

 

 まず人間とは動物と異なり、幼少期に得た「歪み」を、自分で修正できる存在です。

 

 ここからあなたは、他者に承認を求めるのではなく、自分自身の承認により自分の心を満たすことを考えれば、どうでしょう?

 

 別のレスであなたに、「いいもん、自分には○○があるもん」というものをもてばいい、とおっしゃっている方がいました。

 

 そのようにあなたは、「この分野なら、だれにも負けない」というものを獲得すればいいと考えます。

 

 まずこれは世間で広く深く誤解されていることですが、オンリーワン」とは、はじめから「オンリーワン」ではないのです。

 

 これはそうではなく相対的な競争に勝ち、「ナンバーワン」になれたもののみが、不動の絶対的境地である「オンリーワン」の世界を獲得できるのです。

 

自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?

 

 ところであなたは、趣味にかんしてこう述べていらっしゃいます。

 

 

>趣味なんて好きでやっている事だから優劣なんて関係ないはずなのに人と比べてしまっていて、その事実にもショックを受けます。

4.本気でモノ事に挑戦すれば、勝っても負けても成長できる

 他者との優劣、おおいにいいではありませんか。

 

 自分と他人を較べて、その結果に傷つくということは、あなたのなかに「他者より秀でたい」という欲求があるからです。

 

 その趣味も、ご自分が好きでしていらっしゃることでしたら、それにチカラを注ぎ、その分野で一番を目指せばいいと思います。

 

 その結果として、数字や順位で自分がだれよりも優れていることがハッキリすればこれほどご自分の実力を、明確に証明するものはありません

 

 それがあなたにとって、なによりの「承認」となるでしょう。

 

自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?

 

 またたとえ、目指す分野で一等賞にはなれなくても、「一等賞になろう」と努力したプロセスは、おおいに役立ちます

 

 まず精神面で述べれば、「自分は一位になろうとするほど、頑張れた」という自信になります。

 

 くわえて方法論の面でも、「他者との競争に勝とう」と思い、編み出した多くの工夫は、他の分野に挑戦する際にも、活きることでしょう

 

 そうすればあなたは、「自分にできること」が増え、承認欲求や嫉妬」は感じられなくなっていきます

 

 あなたご自身もわかっていらっしゃるように、これまでのあなたとは、一見、達観しているようでいてじつはすべてのことを避けていただけなのです。

 

 そうして生きていって、不満がないなら問題もありません。

 

 ですがそうではなく、あなたは「強い承認欲求と嫉妬」に苦しめられていたとあります。

 

 これはあなたの魂が、「こんな生き方は、イヤだ!」と、あなたに対し叫んでいる状態です。

 

 ならばあなたは、やはり生き方を変えたほうがいいと思います。

 

 ご自分の好きな分野、得意な分野で結果を出していきそれにともないご自身も成長していくというのが、あなたに相応しいと考えます。

自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?

自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

人の目を気にし、「いい子」でいることに疲れた。自分自身のギャップが苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
対人関係の苦手による過剰な気遣い、コミュ障は治せるか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
友だちが一人もいなくて、寂しい。友だちをつくりたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
なぜ人を殺してはいけないか? その理由が見つからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分のも他人のも感情がわからない。これは、異常心理なのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
友達のつくり方が、わからない。自分はいつも利用されるだけ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
幼少のころから理由もなく、“死が”怖くて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
心が分裂していて、弱い自分と強い自分の二人が存在している
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の意思と行動が矛盾していて、どうしたらいいかわからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
性格が良すぎて、人に「NO」と言えない。自分を変えたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人と会話が続かない。何を話せばいいのか?話上手になるは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺には、なぜ個人の自由意志による遂行は許されないのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好きなものに対して、素直になれない。性格を変えたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
虚言癖を治したい。無意識・無自覚に保身のための嘘が出る
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は潔癖症? 他人に触れたくないし、人間が苦手で嫌い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
愛犬の死がつらい。ペットロスにより、後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人に嫌われたくなくて、笑顔をつくるのに疲れた。本当の自分は、何なの?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人になめられることに、疲れた。自分の幼い外見が苦痛
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
学歴、職歴などの社会的ステータスで、人を判断していいの?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は、人に怒られるのが怖い。この性格を克服するには?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
幸せな人が憎い。人を信じられず、いつもイライラしている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。