問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求

引用元 http://onayamifree.com/threadres/2116776/

 

人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求

 

 

学生さん(14♀匿名)

 

 

タイトルの通りです。

 

 

私は人と話す際に今の発言で相手がどう反応したかとか、相手の言葉で一喜一憂したり、気にしすぎてしまいます。

 

これは昔あったトラウマのせいもあるんですが、いちいち気にかけなくてもいいとわかっているのに気になってしまいます。

 

そのトラウマというのは、仲の良かった友人に裏切られたことで、今でも私に強い影響を与えています。

 

 

今の学校に入学した当時はもう傷つきたくないと思って誰とも話しませんでした。

 

しかし途中でもう気にしなくてもいいのかな、とクラスメイトの事を信用し、友達になろうと思いました。

 

 

でも、その優しさは私じゃなくて、殻に篭った私への優しさでした。
私が殻を破って出てきたら、最初は良かったのですが、段々皆離れていきました。

 

私が悪いのもわかっています。私の本質が悪いから。人に嫌われやすいから。

 

私はきっと友達への理想が高いのだと思います。

 

全部受け入れてほしいと思ってしまいます。

 

生まれたときから周りは皆大人で、
小さい私は可愛がられて当然だと無意識のうちに思っていたのでしょう。

 

 

学校はコミュニケーションを学ぶ場でもあると先生は言います。

 

こんな1クラスしかない少人数のなかで、話したいと思える人は一人もいなくなってしまいました。

 

一人でいた頃の私は所謂コミュ障でした。ずっと一人でいたら文もうまくかけなくなってしまいました。

 

でも、友達のいたときはコミュ障は殆ど治ってしまいました。

 

今は、一番ひどかったときよりはましですが、ぶり返しています。

 

 

私はどうしたら良いのでしょう。
話したいとは思わない、でも話さないと社会で生きていけない。

 

こんなめんどくさい自分は嫌です。

 

自己嫌悪と人間不信。情緒不安定。

 

最近は、本気で私は要らないんじゃないかなんて。

 

私が変わらなきゃ幸せなんかになれないのに、変われる気はしません。 皆が自然に行えることもできない。

 

 

皆と大きく違っている。おかしい。なんでこんなになってしまったんだろう。

 

 

長くて伝わりづらい文章失礼しました。きっとぐちゃぐちゃでまとまってないと思います。ごめんなさい。
皆様から暖かい返事が来ることを願っています。

 

人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求

人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.あなたがご友人に求めたもの

 不躾ながらまず、あなたが「殻にこもった」のも、またご友人に対し、「高い理想を求めてしまう」のも、原因はひとつと考えます。

 

 それは、あなたご自身がよく理解されているでしょうが、幼少期における、ご両親による肯定感不足によるものです。

 

 再度失礼ですが、あなたは幼児として、これから生きていくうえでの充分な愛情を、ご両親より得られなかった。

 

 そこから他者であるご友人に、母親からの愛のような、絶対的なものを求められたのだろうと思います。

 

 だからこその、以下の書き込みでしょう。

 

 

>私は人と話す際に今の発言で相手がどう反応したかとか、相手の言葉で一喜一憂したり、気にしすぎてしまいます。

 

 

 そうしたことからご友人たちは、自分を慕ってくれるようなあなたの態度を好んだ。

 

 ところがあなたの本質は子どものままであるため、ご友人たちはあなたをもて余し、あなたから離れていったのだと考えます。

 

 その事実を示しているのが、下記です。

 

 

>でも、その優しさは私じゃなくて、殻に篭った私への優しさでした。私が殻を破って出てきたら、最初は良かったのですが、段々皆離れていきました。

 

 

 あなたはご友人たちと対等な関係性ではなく、主従関係にもとづく“甘え”のようなものを求めたのでしょう。

 

 またあなたはご友人たちに、「母親のような、理想的な人格」を望み、それが果たせなかったのだと考えます。

2.あなたのコミュ症、理想の高さは、あなたのせいではない

 それこそがあなたの“トラウマ”であり、またややコミュ症気味で、あなたに「もう人と話したくない」と思わせているものの正体でしょう。

 

 そうしたことから、現在のあなたは、「自己嫌悪と人間不信、情緒不安定」に陥っているものと考えます。

 

 まず私から申し上げられることは、たとえ現在のあなたがそうであろうと、あなたがそうなったのは、断じてあなたのせいではない、ということです。

 

 人間は誰しも、生きていくうえでの最低限の愛を受ける権利と必要があります。

 

 よって、あなたがそうしたものが得られなかったのならばその責任はあなたではなく、あなたを取りまく環境にあると言えます。

 

 しかしそうはいっても、何もしなければあなたを追いつめたその状況は残念ですが、あなたを救ってはくれません

 

 あなたは賢い方なので、そうした事情もとっくに理解されているようです。

 

 すべてはあなたご自身が、ご自分の問題として引き受け解決していかねばなりません

 

 これはたいへんに理不尽なことですが、しかし私は人生とは、あなたのような人が苦しみのなかから幸福を獲得するため、存在しているのだと信じています。

 

人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求

 

 そうした前提で、今後のあなたがどうすればいいか、考えていきたいと思います。

人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求

人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

3.書物から、“共感”、“コミュニケーション”、“理想”は得られる

 あなたはレスのNo,14で、「読書が好き」と、おっしゃっています。

 

 その性質を、おおいに利用すればいいと考えます。

 

 つまり、「どうやって生きていくか」という規範や、「自分は何になりたいか」という将来像は、多くの本を読むことにより、身につければいいのです。

 

 分野としては、伝記、文学、歴史などが好ましいでしょう。

 

 つまり、書物をご自分の親でもあり、師でもあるものととらえれば、いいのです。

 

 読書をつうじ、あなたは「自分が好きな自分」を構築していけばいいし、またその過程で、ご自分の未来像なども、ぼんやりと描けばいいと考えます。

 

 あなたは同年代の人との“共感能力”、および“コミュニケーション能力”の欠如に悩んでいらっしゃいます。

 

 しかし共感”や“コミュニケーション”の対象は生きた人間でなくてもいいのです。

 

 そうではなく、書物のうえでの人物や作者が相手であってもなんらの差し支えはありません

 

 むしろ一般に通常の人間は、環境により人格を形成され、そのままそれほどの葛藤も感じずに生きていきます。

 

 しかしあなたは、ご自分の望むような人格を、書物をつうじご自分の意志により創っていくことができると言えます。

 

 つまりあなたは、まだ白紙であるあなたの精神に自分の好きな絵を描くことができるのです。

 

 その意味であなたは、だれよりも優れた個性と、だれよりも高いレベルの生き方を得ることが可能です。

 

 そうした点からあなたは、ご自身の不幸を最大の幸福へと転化できるのです。

 

 そう思えば、あなたはご自分の身の上を嘆くこともなく、むしろ「ついている」とさえ、思えるのではないでしょうか?

 

 また「他者に高い理想を望む」というあなたの性質は、当然にご自分に対しても「高い理想」を求めるでしょう。

 

 ならばこそ、あなたはだれよりも高い志を抱くことができます。

 

 生きていく上で、これほどすばらしい生きがいはありません。

 

人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求

4.気が合う人とのふれ合いを広げ、自分の人生の幅を広げていく

 そうしてあなたは、読書を計画的におこなうようにすればいいでしょう。

 

 また他者とのコミュニケーション能力ですが、まだ14歳でしたら、そんなに気にすることはありません

 

 むしろ現代はネットにより、簡単に他人とつながれる時代です。

 

 ならばあなたは、ご自分の愛読書をあなた同様に愛している人たちとネットをつうじて友だちになれるののではないでしょうか?

 

 そこからあなたは、「真の共感」、「真のコミュニケーション能力」が得られると思います。

 

 なぜならまず“共感”とは、より多くおなじ価値観をもつ人との方が成立しやすいです。

 

 さらに“コミュニケーション能力”は、自分と接点のない赤の他人と形式的に会話をするより、気が合う人と本音をぶつけ合うほうが、より磨かれるものだからです。

 

 ですから、あなたの関心事項にかんする会合などがあれば、積極的に参加してみるといいでしょう。

 

 またそのようにより多くの書物に触れるほど、あなたのなかではより多くの人との接点が増えていきます。

 

 そうしてあなたは、おなじ気持ちを共有する人たちとの生きたふれ合いを少しずつ増やしていけばいいのです。

 

 そうした経験があなたのコミュニケーション能力を向上させるしまたあなたご自身が、ご自分の描いた理想へと近づいていけます

 

 現代社会では、あなたのような立場にいる人は多く、その意味であなたは、一人ぽっちではありません

 

 いまはわからなくても、気の合う友だちはきっとどこかにいるしあなたを苦しめている自己嫌悪、人間不信、情緒不安定も、かならず克服できます

 

 しかしそれは、あなたがご自身で主体的に行動を起こしたときのみという、条件つきです。

 

 だれがあなたを裏切ろうとも、あなただけはご自分を絶対に裏切らず好きでいてください

 

 そうしたらあなたは、かならず「理想の自分」へと変われるのですから。

人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求

人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

人の目を気にし、「いい子」でいることに疲れた。自分自身のギャップが苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
対人関係の苦手による過剰な気遣い、コミュ障は治せるか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
友だちが一人もいなくて、寂しい。友だちをつくりたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
なぜ人を殺してはいけないか? その理由が見つからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分のも他人のも感情がわからない。これは、異常心理なのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
友達のつくり方が、わからない。自分はいつも利用されるだけ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
幼少のころから理由もなく、“死が”怖くて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
心が分裂していて、弱い自分と強い自分の二人が存在している
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の意思と行動が矛盾していて、どうしたらいいかわからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
性格が良すぎて、人に「NO」と言えない。自分を変えたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人と会話が続かない。何を話せばいいのか?話上手になるは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺には、なぜ個人の自由意志による遂行は許されないのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好きなものに対して、素直になれない。性格を変えたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
虚言癖を治したい。無意識・無自覚に保身のための嘘が出る
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は潔癖症? 他人に触れたくないし、人間が苦手で嫌い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
愛犬の死がつらい。ペットロスにより、後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人に嫌われたくなくて、笑顔をつくるのに疲れた。本当の自分は、何なの?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人になめられることに、疲れた。自分の幼い外見が苦痛
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
学歴、職歴などの社会的ステータスで、人を判断していいの?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は、人に怒られるのが怖い。この性格を克服するには?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
幸せな人が憎い。人を信じられず、いつもイライラしている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。