問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 自分の意思と行動が矛盾していて、どうしていいかわからない

引用元 http://kokotomo.com/nayami/%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%8c%e7%9f%9b%e7%9b%be%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%8b/

 

自分の意思と行動が矛盾していて、どうしていいかわからない

 

作成者:潤uru

 

はじめまして。

 

私は最近まで自分が矛盾していることを分かっていませんでした。

 

寧ろ、人間はみんな矛盾だらけで、それが普通でしょ?

 

なんて気取った馬鹿な発言までしていました。

 

でも、もしかしたら私がそう思うのは、私自身が矛盾しているからでは?…
と最近では考えるようになりました。

 

 

私の友人は何故か殆どと言っていいほど、私といると口が悪くなります。

 

私は、始め私の口が悪いからなのかな?と、思っていましたが
友人に言われました。

 

『貴方は矛盾してるから、色んなことを教えたくなる。お金が欲しいけど休みが欲しい。お腹がすいた。でも食べたくない。』

 

言われてみればその通りだと思いました。
確かに、私は矛盾している。

 

もう一つ。

 

 

今日バイトで、私より後に入ったけど年齢は2つ上の方がいて、新人はお茶組みからやる。
というのが私たちの仕事場のルールでした。

 

新人さんは、そのルールに習い、お茶組みからしていましたが、やはり混んでくるとずっとお茶組みだけでは居られず、
私や他の先輩方も新人さんのフォローなどをし合っていました。

 

私は新人のころ、よく先輩方に『変わります』と言ってました。

良くいえば積極的で、悪くいえば仕事を横取りしていた訳ですが、
先輩方は嫌な顔せず親切にして下さいました。

 

ですが、私は新人さんにそうされるとイライラしてしまうんです。

 

そこで先輩に聞いてみました。

 

『自分は仕事を横取りするくせに、他の人に仕事を取られたらイライラするって最低ですよね。』と、

 

そしたら、先輩は
『最低かどうかは分からないけど、矛盾してはいるよね。』と、

 

あー、わたしは仕事でも矛盾していたのか。
そう思うと、何とも言えない気持ちになりました。

 

 

私はどうすればいいのでしょうか?

 

矛盾していると分かった以上、そのままにするのはどうかと思いますが、正直どうすればいいのかすら分かりません。

 

やはり、矛盾していることはイケナイことで、直せるなら直した方がいいのでしょうか?

 

 

長文のグダグダな話しになってしまいすみません

 

 

自分の意思と行動が矛盾していて、どうしていいかわからない

自分の意思と行動が矛盾していて、どうしていいかわからない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.人間のみならず、世界のすべてがが矛盾に満ちたもの

 あなたのおっしゃるとおり、まず人間とは、矛盾に満ちた存在です。

 

 その点はあなただけではなくどのような人にも当てはまる事実です。

 

 たとえばあなたがご自身の例として挙げていらっしゃる、「お金が欲しいけど、休みも欲しい」などは、だれもが思うことです。

 

 そうした際にほとんどの人は、適当なところで妥協します

 

 たとえば「お給料は安くてもいいや。でも、自分の休日だけは確保しよう」というように。

 

 ただあなたの場合、そうした「自明の真理」に気づくのがやや遅く、かつ、モノ事を妥協せずに理解しようという、心の働きが強いだけです。

 

 つまりあなたは、純粋でかつ、向学的な人なのです。

 

 あなはそうした点に悩み、以下のようにおっしゃいます。

 

 

>やはり、矛盾していることはイケナイことで、直せるなら直した方がいいのでしょうか?

 

 

 これはまったく、そんなことはありません

 

 むしろ人間だけでなく、この世界のすべては、「矛盾の複合体」と言って、差し支えありません。

 

 それほどまでに矛盾とは、本質的で当り前のものなのです。

自分の意思と行動が矛盾していて、どうしていいかわからない

自分の意思と行動が矛盾していて、どうしていいかわからない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

2.矛盾を解消する、弁証法という思考

 まず矛盾とは、たとえば「Aが立ったら、Bが立たない」というように、対立物が一見、両立しないような状態を指します。

 

 ところが哲学者と言われる人たちは、この事実を2500年前の古代ギリシャ時代にすでに発見していました

 

 さらに古代ギリシャのアリストテレスという哲学者は、自然や社会において、そうした矛盾は「対立物が統合されることにより、克服される」ことを発見しました。

 

 つまり、対立物であるが、高度な次元で合わさることによりは両立できる

 

 アリストテレスの指摘とはそうしたものであり、このような思考を“弁証法”と言います。

 

 やや難解なことを、申しました。

 

 しかし弁証法を、あなたの「お給料と休日」の例に当てはめれば、以下のようになります。

 

 「自分は、充分なおカネも休みも欲しい。ならば、どうするか? 時給換算が高い仕事に就き、仕事量を減らすことで、休日を増やせばいい」。

 

 以上のように、なります。

 

 こうした弁証法のあり方とは、自然界にも見られます。

 

 たとえば、なぜ鳥には羽があるのか、考えていただきたいと思います。

 

 その答えは、以下です。

 

 「鳥の祖先は、“地上に棲みながらも、地上の天敵から身を護り、かつ地上の食糧を得る必要”があった。その矛盾の解消は、“翼をもつこと。すなわち空を飛ぶこと”だった」。

 

 このように弁証法とは、人為的意志の存在しない自然界にも見られる現象です。

 

 しかしこの弁証法は、「自分の意志を実現させるためにも、もちろん使えます

 

 あなたはご友人に、以下のように言われたとあります。

 

 「あなたは、お腹がすいた。でも食べたくないと言う。それは、おかしい」と。

 

 この点にしても、たとえば「食べたくない」のは、ダイエットのためと仮定すれば、以下のようにも対応できます。

 

 「食べるものを、キャベツやコンニャク等、腹持ちがよく、かつカロリーが少ないものを選べば多く食べても太らない」。

 

自分の意思と行動が矛盾していて、どうしていいかわからない

弁証法を、公私にわたる人生に適用させれば

 もう一点、あなたは自分がお茶くみをするのは問題ないけど人にされるとイライラする、とあります。

 

 前述したように、あなたは純粋な人ですから、自分が人に奉仕する喜びは理解できても、人にしてもらうと、負い目のようなものを感じるのでしょう。

 

 この点で述べれば、あなたご自身が変わればいいのです。

 

 つまりあなたが、「人に奉仕される喜び」がわかるように精神を成熟させれば、問題は解決します

 

 そうなればあなたは、「人にお茶を淹れることも、人からお茶を淹れてもらうことも、気持ちがいい」と、なります。

 

 このようにまず、自身や世の中に矛盾があること」自体は、イケナイことではありません

 

 むしろあらゆるモノ事には、「矛盾があるのが、前提」と、とらえるべきです。

 

 悪いのは、「矛盾を統合させず、そのまま放置すること」です。

 

 あなたはせっかくそのように、モノ事を深く根源的に感得する能力に恵まれているのです。

 

 ならばどんなときも、「対立する2つの命題を、両立させる」という方向で、モノを考えなければ損です。

 

 たしかにその場合、つねに100パーセント問題を解消できるとは、かぎりません。

 

 たとえば先ほどの、お給料と休日の話を例にとれば、「まったく働かずに、給料だけもらう」というのは、きびしいと思います。

 

 ですが、「努力して自分のスキルを上げれば最小の労働時間で、最大の報酬が得られるようにはなる」とは言えます。

 

 くわえてお茶くみの例のように、「自分自身が、変わらなければいけない」必然性もありえます。

 

 ここから今後のあなたは、「何と何が対立物で、何を変えれば、両者を満足させられ、かつ、最小労力で最大効果を上げられるか」と、つねに考えればいいでしょう。

 

 そうした思考の習慣を、仕事でも私生活でも身につければあなたの人生はおおいに実り多いものなると思います。

 

自分の意思と行動が矛盾していて、どうしていいかわからない

自分の意思と行動が矛盾していて、どうしていいかわからない

自分の意思と行動が矛盾していて、どうしていいかわからない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

人の目を気にし、「いい子」でいることに疲れた。自分自身のギャップが苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
対人関係の苦手による過剰な気遣い、コミュ障は治せるか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
友だちが一人もいなくて、寂しい。友だちをつくりたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
なぜ人を殺してはいけないか? その理由が見つからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分のも他人のも感情がわからない。これは、異常心理なのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
友達のつくり方が、わからない。自分はいつも利用されるだけ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
幼少のころから理由もなく、“死が”怖くて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
心が分裂していて、弱い自分と強い自分の二人が存在している
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
性格が良すぎて、人に「NO」と言えない。自分を変えたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人と会話が続かない。何を話せばいいのか?話上手になるは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺には、なぜ個人の自由意志による遂行は許されないのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好きなものに対して、素直になれない。性格を変えたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
虚言癖を治したい。無意識・無自覚に保身のための嘘が出る
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は潔癖症? 他人に触れたくないし、人間が苦手で嫌い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
愛犬の死がつらい。ペットロスにより、後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人に嫌われたくなくて、笑顔をつくるのに疲れた。本当の自分は、何なの?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人になめられることに、疲れた。自分の幼い外見が苦痛
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
学歴、職歴などの社会的ステータスで、人を判断していいの?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は、人に怒られるのが怖い。この性格を克服するには?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
幸せな人が憎い。人を信じられず、いつもイライラしている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。