問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い

引用元 http://kokotomo.com/nayami/%e4%ba%ba%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e5%a5%bd%e6%84%8f%e3%81%8c%e6%80%96%e3%81%84/

 

同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い

 

作成者:KM

 

人からの好意が怖いです

 

先輩や友達から好かれると、怖くなって逃げたくなります
異性はもちろん、同性から好かれた場合(友達として)でも怖くなります

 

両親が幼い頃から不仲で離婚(理由は両親の浮気)したからとか、姉に殺されかけたからとか、思い当たる節がいくつもあるので人間不信なのかもしれません

 

治したいと思っています、どうしたらいいですか?

 

同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い

同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答 1.「純粋な好意」をアタマで理解できても、ココロはそれを拒絶する

 まずあなたは、なぜ人から好意を向けられることが恐ろしいのでしょう?

 

 これを率直に述べますと、あなたもお気づきのように、あなたのなかにぬぐいがたい「他者への不信」が、あるからです。

 

 

>両親が幼い頃から不仲で離婚(理由は両親の浮気)したからとか、姉に殺されかけたからとか、思い当たる節がいくつもあるので人間不信なのかもしれません

 

 

 あなたはものすごいことを、さらりとおっしゃっていますが、こうした幼児期の体験が、現在のあなたに深い影響をおよぼしたのは確実です

 

 あなたは人生の原体験において、「打算のない、無償の愛を受けた経験が乏しかった

 

 あるいは身近な者から、あなたに対する関与の仕方は、つねに攻撃的なものばかりであった

 

 ならば現在のあなたは、自分に関わりを求めてくる人たちの善意をそのまま受け入れられないのは、当然のことです。

 

 なぜなら、そもそもあなたが「純粋な好意」というものが存在すると、アタマでわかっていたとしてもそれをあなたのココロが拒絶するからです

 

 ところであなたは、そうしたご自分の性質を「治したい」とおっしゃっているので、それについて下に述べていきます。

2.まずは「自分の存在は、無価値」という判断を、払拭する

 一般に、「人に愛されたくば、まずは自分から人を愛せ」と言われます。

 

 こうした観点から、あなたは他者の好意を受け入れる練習を始めればいいと思います

 

 ところであなたは、ほぼ間違いなく、自己評価が「現実におけるあなたのあり方」と比較しても、極端に低い人だと思います。

 

 その理由は、幼少期に多く敵意にさらされたことから、「自分には、人から愛される価値はない」と、あなたの頑固なココロが信じているからです。

 

 よって当然にあなたは、「自分から他者へ向けた好意」もまた、無価値なものと信じていることでしょう

 

 それはもちろん、あなたのココロが「自分という存在は無価値と認識しているからです。

 

 自分には人から好意を受ける価値がないと信じているなら当然に自分という存在は他者に好意をあたえるに値しない、と判断するのは、自然なことです。

 

同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い

 

 ならばこの点を、少しずつ改めていけばいいと思います。

 

 その具体的な方法を、以下に記します。

3.他人のためになることをし、純粋な承認や好意を受け取る

 まずいちばん良いのは、事情が許せばペットを飼って、しっかり世話をすることです。

 

 その場合は、とくに人によく懐く犬がベストです。

 

 犬は自分が愛した分だけ、愛を返してくれる存在です。

 

 また犬は、あなたという飼い主いなければ生きていけません。

 

 そこから犬を可愛がることにより、その犬から懐かれれば、あなたはご自分の愛の影響力を、直接に感じることができるでしょう

 

 またあなたはそこで、「他者から必要とされるとは、どういうことか」が、わかるでしょう。

 

 そうすれば、自分の好意に価値はない」と信じているあなたのココロを溶かしていくことができます

 

 しかし現在のあなたが、犬を飼える環境にあるとはかぎりませんし、また犬を飼うことは、たいへんな負担となります。

 

 そこで次の策ですが、あなたは文面からして学生さんでしょうか?

 

 ならば時間があれば、バイトやボランティアをして、そこで一生懸命に働き、上司やまわりの人に認めてもらうのも、いいでしょう

 

 またあるいは、家庭教師や学童保育などの仕事をつうじ、年下の人間に好かれるのも、いい経験になるはずです。

 

同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い

 

 要は、他者からの感謝や承認をあなたのなかで蓄積していきあなたのココロに「自分には価値があり、人間は信じられる」ということを教えてあげればいいのです。

同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い

同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

4.自分自身を好きになることは、他人を好きになる第一歩

 さて次は、あなたがご自分で、ご自身を受け入れる練習をご紹介します。

 

 これは端的に述べれば、あなたがあなたご自身を好きになるトレーニングです。

 

 まずは、ご自分の良いところ、あるいは良いおこないを見つけご自分の長所を理解しましょう

 

 これは、専用のノートをつくって、そこに書いていくといいでしょう。

 

 その際には、強引にでもあなたの性質を、「良いもの」として解釈しましょう。

 

 というのは、人間の長所と短所とは、じつに紙一重なものだからです。

 

 たとえばあなたは、人を押しのけてでも、自分だけいい思いをしようとは、絶対に考えない人だと思います。

 

 この点をあなたご自身は、「単に気が弱いだけ」と、とらえていらっしゃるかもしれません。

 

 ところがこの点は同時に、「自分を犠牲にしてでも、人にいいところを譲る優しい人」という読み取りも可能です。

 

 そのように多少、牽強付会でもかまいません。

 

 あなたの性質をつねにプラスに評価しそれをノートに記してください

 

 するとあなたは、ご自分でも気づかなかった長所をたくさんもっている人だと再発見できるはずです

 

 そうしてご自分が見えてきたら、今度は「自分に何ができるか」を考え、それをノートに書きます。

 

 これは、あなたの勉強や趣味等、短期的なあなたが達成したい目標を指します。

 

 そうしてご自分で決めたことをご自分で実行しできたらノートに赤丸をつけます

 

 けっしてムリな目標を立てず、計画の半分でも達成できたら100点満点とします

 

 そうしたことをやりとげたら、あなたは自分で自分を、「〇〇ちゃん、エライ!」と、おおげさに褒めてあげましょう

 

 そうやってあなたは、ご自分のなかに“実質”を貯めこむことで自分を信じられるようにしそしてそんなご自分を好きになればいいのです

5.自分も他人も好きになれれば、人生は楽しいものとなる

 そのようにして、自分で自分を好きになれたら、今度は他人を好きになる練習に入ります。

 

 自分自身に価値を見出し、そして人を好きになる能力をもてたならばそのときあなたは、他人の好意を素直に受け入れられるようになれているはずです

 

 そのために、どうするか?

 

 まず、どんな人間でも長所と短所があります。

 

 ならばあなたは、他人の良いところを見つけそこからその人を好きになってください

 

 ところが先ほども述べたように、長所と短所はあくまで紙一重です。

 

 ですからあなたは、他人の性質をつねに良い方向に解釈しその人を好きになる努力をしてみてください

 

 それがあなたに好意を向けてくれる人ならなおさらです

 

 あなたがそのとき、他者を受け入れる能力を身につけていたならば、あなたと友だちのあいだで、“共感”が成立するでしょう。

 

 それをうまく育てていけば、やがて“友情”、“愛情”にまで発展するかもしれません。

 

 つまり、あなたがご自身をそのレベルにまでもっていけたたら、相手は同性でも異性でも大丈夫ということです。

 

同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い

 

 そのようにあなたは、自分を大切にすると同様に他者を尊重してあげてください

 

 それができるようになったときあなたは、“人間不信を克服し生きていることが楽しくなれているはずです。

同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い

同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

人の目を気にし、「いい子」でいることに疲れた。自分自身のギャップが苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
対人関係の苦手による過剰な気遣い、コミュ障は治せるか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
友だちが一人もいなくて、寂しい。友だちをつくりたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
なぜ人を殺してはいけないか? その理由が見つからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分のも他人のも感情がわからない。これは、異常心理なのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
友達のつくり方が、わからない。自分はいつも利用されるだけ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
幼少のころから理由もなく、“死が”怖くて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
心が分裂していて、弱い自分と強い自分の二人が存在している
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の意思と行動が矛盾していて、どうしたらいいかわからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
性格が良すぎて、人に「NO」と言えない。自分を変えたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人と会話が続かない。何を話せばいいのか?話上手になるは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺には、なぜ個人の自由意志による遂行は許されないのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好きなものに対して、素直になれない。性格を変えたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
虚言癖を治したい。無意識・無自覚に保身のための嘘が出る
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は潔癖症? 他人に触れたくないし、人間が苦手で嫌い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
愛犬の死がつらい。ペットロスにより、後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人に嫌われたくなくて、笑顔をつくるのに疲れた。本当の自分は、何なの?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人になめられることに、疲れた。自分の幼い外見が苦痛
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
学歴、職歴などの社会的ステータスで、人を判断していいの?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は、人に怒られるのが怖い。この性格を克服するには?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
幸せな人が憎い。人を信じられず、いつもイライラしている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。