問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている

引用元http://onayamifree.com/threadres/2305923/"> http://onayamifree.com/threadres/2305923/

 

おばかさん(29♀匿名)

 

他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている

 

水商売をしていますが
人の気持ちがわからず
無意識のうちに
人を嫌な思いをさせてしまいます。

 

自覚がありません。
相手が不愉快にならないように
話をしたいと思いますが
自分が言われても何ともないことが
相手は不愉快になるようです
人の気持ちが分かるようになるには
何から始めればよいでしょうか?

 

今日も説教されて、深く考えようとすると
頭が真っ白になって
うまく考えられません

 

16/02/24 04:25 追記
お客様っていうより
女の子からクレームがくるらしく
ママにいつも怒られます

 

張り合ったつもりも
偉そうにしたつもりも
自分だけがお客さまに可愛がられるように仕向けたつもりもないのに
私の言動でそう感じて
苛立ちを感じるようなのです

 

他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている

他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.人の気持ちがわかるための、心理的メカニズムとは?

 文面を読むかぎり、あなたはとてもいい人です。

 

 しかし原因もわからずなぜか人を怒らせてしまう

 

 また自分でどう努力してもその点が理解できないでいる

 

 こうしたことが、なぜ起こるのでしょうか?

 

 他の回答者の方々は、「空気が読めない、あるいは発達障害かも」というような指摘をされています。

 

 私も失礼ながら正直に申せば、あなたにはそうした傾向が若干、あるように思います。

 

 そうした精神性が、完全に社会生活ができないほどではなくあくまで弱いかたちであなたの身についていると考えれば、筋は通ります

 

 ここから私が、もっとも可能性が強いと思うのは、あなた自身における自我”の未熟さにすべての原因があるのでは、ということです。

 

 まず、「人の気持ちがわかる」とは、どういうことでしょう?

 

 これは、「相手の言動を自分のココロというフィルターを通して、自分の認識と相対化しその結果、自分の心との差異と共通性を見つけ、理解する」というものです。

 

 つまり、「人の気持を理解する」ということは、つねに自分の心」というモノサシを基準にして、おこなわれるのです。

 

 さらに言うならば、「自分の心」とはつねに、相手の心」を映すための鏡です。

 

 したがって、「相手の気持」をわかるためには、「確固たる自分=自我=主体性」が完成されていることが、前提となります。

 

 ところでもし、そうしたものが不完全であると、どうなるか?

 

 これはもちろん、「相手の気持ちを映す鏡」がピンボケなため、「相手の気持ちが、わからない」ということになります。

 

 つまり失礼ながら、あなたという人は“自我”が未発達なのです。

 

他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている

 

 その証拠となるのが、No.20のレスにおける、あなたの書き込みです。

 

 

>でもいざ向き合うとなると
>なぜそのようになるかと
>紙に書き出して考えてみるんですが
>頭が真っ白になり
>理解できません…

 

 

 またもう一点が、最初のレスにおける書き込みです。

 

 

>今日も説教されて、深く考えようとすると
>頭が真っ白になって
>うまく考えられません

 

 

 こうしたことは、あなたの認識における、物事を反映させるチカラが弱いためと考えれば、理解できます。

 

 それであるならば、当然に認識に映る“”も不鮮明であるため、あなたご自身がいくら自分のココロを覗いてもそこにはなにも見えないのも、当り前です

 

 またその結果としてあなたは、つねにその場にふさわしくない言動をとってしまい人を不快にさせてしまうのでしょう

2.今後の対策について

 では今後、あなたはどのようにこの問題に対処すればいいのか?

 

 私が考えるには、あなたは現在おこなっているマネジメントのような仕事から身を引き裏方に回るということです。

 

 経理や食材の調達、調理、および清掃といった業務であるならば、あなたにも差し障りなくおこなえることでしょう。

 

 そして、もしあなたのお店に余裕があるのなら、外部からマネージャーのような役割ができる人を雇ってもらいます。

 

 そうしてその人に、あなたが現在おこなっている業務に、就いてもらうというものです。

 

 ただこれは、あなたのお店はこれまで、ママさんとあなたの人三脚で切り盛りしてきたという事情から、きびしいかもしれません。

 

 そうなるとやはり、あなたは現在の業務からは、離れられないかもしれません。

 

 するとあなたは、どうすればいいか?

 

 ならば次に考えられる対策は、まずあなたが相手をしなければならないのは、ママさんと2人の従業員の女の子たちだけだった場合です。

 

 このケースでは、ママさんから女の子たちに、あなたという人は、あくまでそういう人であるため、悪気はないから気にしないようにと言いふくめてもらいます

他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている

他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

3.「お店を繁盛させる」ことを考え、自分も成長する

 以上の2点が最善の手段かと思いますが、あなたは「ご自分を変えたい」とおっしゃっています。

 

 よって、そちらの事例も、考えてみます。

 

 これは、あなたがご自身でご自分の“自我”を育て直すという方法があると思います。

 

 その前提で話をしますが、ただしこのやり方は、一朝一夕にはいきません。

 

 数年単位の時間が、かかるものです。

 

 まずあなたの“自我”は、いくら外部からガミガミ言われても、育つものではありません

 

 あなたが「これ」と決めたことを、あなたご自身が主体的におこなうことによりやっとなせるものです。

 

 いちばん良いのは、あなたがもっともお好きなことをおこないそのなかでご自分の実力を向上させていくことです。

 

 あるものを“好き”であるとは、自分の“自我”が絶対的にそれを肯定しているということです。

 

 ならば、その“好き”な行為をくり返しておこなえば、“自我”はおのずと強くなります

 

 しかし現在のあなたには、そうした趣味のようなことに没頭している時間は、ないかもしれません。

 

 そこで次に考えられることは、今後、あなたのお店をどのように運営していくか、ということを、イチから勉強することです。

 

 あなたやママさんには、「お店を大きくする、あるいはチェーン店を増やす」というつもりは、あるでしょうか?

 

 またたとえそうでなくても、お店の中長期的な運営というものは、考えていらっしゃるでしょうか?

 

 上記のようなことを、厳密なかたちでなくてもいいので、経営学や心理学などを学びながら、考案すればいいのでは、と思います。

 

 もちろん先のことなどわかりませんし、またあまり机上の勉強ばかりをしても、仕方ありません。

 

 ならば、現在のお店をどれだけムダなく合理的に運営できるか、ということを考えれば、どうでしょう?

 

 これはママさんや女の子たちが負担を感じず、働きやすい環境をつくり、お客さんが何度も来たがるようなお店づくりを、あなたが提案するというものです。

 

 この場合ですと、あなたが理想とするような他店をリサーチし、ノウハウを真似してもいいでしょう。

 

 そうしたことを勉強する過程において、もちろん「人間の心理」というものを、いやおうなく知ることとなります。

 

 そうすればあなたも成長できるし、またあなたのアイデアでお店が繁盛すればそれはあなたにとって、大きな自信となるでしょう。

 

 ともかく私から申し上げられるのは、「ご自分のできることの範囲内で、最善をつくす」ということです。

 

 あまりにもご自分に荷が重いということにかんしてはいさぎよく他の人に助けをもらうか、代わってもらうかするようにしましょう

 

 ここは、「適材適所」という考えに徹し、あなたの居場所を探すのがいいと考えます。
他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている

他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている

他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

人の目を気にし、「いい子」でいることに疲れた。自分自身のギャップが苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
対人関係の苦手による過剰な気遣い、コミュ障は治せるか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
友だちが一人もいなくて、寂しい。友だちをつくりたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
なぜ人を殺してはいけないか? その理由が見つからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分のも他人のも感情がわからない。これは、異常心理なのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
友達のつくり方が、わからない。自分はいつも利用されるだけ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分には取り柄がない。嫉妬心と承認欲求を、どう克服する?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
幼少のころから理由もなく、“死が”怖くて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
心が分裂していて、弱い自分と強い自分の二人が存在している
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の意思と行動が矛盾していて、どうしたらいいかわからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
性格が良すぎて、人に「NO」と言えない。自分を変えたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
同性にせよ異性にせよ、トラウマのため人から好意をもたれるのが怖い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人と会話が続かない。何を話せばいいのか?話上手になるは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人と話すことが面倒で、コミュ障気味。人には高い理想を要求
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺には、なぜ個人の自由意志による遂行は許されないのか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
好きなものに対して、素直になれない。性格を変えたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
虚言癖を治したい。無意識・無自覚に保身のための嘘が出る
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は潔癖症? 他人に触れたくないし、人間が苦手で嫌い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
愛犬の死がつらい。ペットロスにより、後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人に嫌われたくなくて、笑顔をつくるのに疲れた。本当の自分は、何なの?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人になめられることに、疲れた。自分の幼い外見が苦痛
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
学歴、職歴などの社会的ステータスで、人を判断していいの?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は、人に怒られるのが怖い。この性格を克服するには?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
幸せな人が憎い。人を信じられず、いつもイライラしている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。