問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

引用元 http://onayamifree.com/threadres/1939004/

 

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

 

専業主婦さん(27♀匿名)

 

 

私は冷たいでしょうか?

 

私の主人は公務員です。安定した収入、安定した生活。
私はこれが一番だと思います。

 

しかし主人はここ数年間ずっと仕事を辞めたい辞めたいと愚痴を溢します。

 

こんな酷い会社は無いと怒る理由は、休日出勤させられたから…だけです。

 

他にもありますが、民間企業で働いていた私にはそんな事働いてりゃ常識だろ位の低いレベルです。(残業や上司からの叱咤など)

 

私の実家は自営業で、それこそ仕事の有り難みを教えられながら育ったため、
苦労して受かった公務員をたかだか休日出勤くらいで辞めたいと言う舐めた考えの旦那に呆れています。

 

今までは辞めたいと言う度に、なだめたり叱ったりして辞めて欲しくないように伝えてきましたが、
そうすると逆ギレされることもしばしば。

 

最近は『40才になったら(50才になったら)辞めて適当にバイトでもしようかな』と信じられないことを言います。

 

今日ついに嫌気がさし
『辞めたいならあなたの人生なんだから好きにすればいい』『もうどうでもいい』と言ってしまいました。

 

それは『公務員の仕事で不満を言う人に民間の仕事が続く訳がない』『次の仕事でも愚痴を言うに決まっている』
『次の仕事が見つからなければ子供を連れてとっとと離婚して実家の近くに戻れる』と思っての発言です。

 

最近は旦那が仕事から帰る度に辞めたい発言を聞かされて憂鬱になります。

 

本当に辞める度胸も無いくせにどうして愚痴ばかり吐くのでしょう。

 

いっそのこと本当に辞めてくれたら何かが変わるのでしょうか。

 

安易に仕事を辞めたいだなんて(ましてや公務員からバイトになるだなんて)小さな子供二人抱えた父親の発言とは思えません。

 

世の中を舐め腐った考えに本当にイライラします。

 

私も愚痴になってしまいましたが、
私は今後旦那の愚痴にどう対応したら宜しいでしょうか…

私自身、こんな筈ではなかったのにと後悔で一杯です(T_T)

 

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.ご主人は現在、どういう気持で日々を生きているのか?

まずご主人の現在における心境を、もっとも端的に表しているのは、レス番No.16における、あなたの記述です。

 

 

>私が怒る理由は、家族を持っているという責任が全く感じられないからです。旦那は家族の為に自分が犠牲になるつもりは無いと言います。どうしたらそんな台詞を言えるのか不思議でしかたありません。

 

 

 次にご主人のご年齢は、あなたの27歳という年齢から推測して、30歳前後でしょうか?

 

 またご主人は、小さい頃からいわゆる「いい子」で、勉強はできたほうではないのかと、推測します。

 

 というのは、現在ではコネでもないのなら、公務員試験に通って公務員になれたということは、かなり優秀な人であろうと思うからです。

 

 上記推測が正しいという仮定のもと、ご主人が現在、どういう気持でおられるかということを考えれば、以下のようなものではないかと思います。

 

 

「俺は、あくまで俺の人生を生きたいんだ!」

 

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

 

2.ご主人の不満は、「自分が本心から望んだものでないもののために、生きていかねばならぬこと」

これもまた私の推察となりますが、ご主人はこれまで、「自分の本心を殺しながら」、「いい子としての人生」を、生きてこられた人でないかと考えます。

 

 つねに「自分の願望」以上に「まわりの期待」を優先し、いい学校に入り、公務員となられたのではないでしょうか?

 

 またそこから、公務員という職も、彼が本心からなりたかったものかどうかは、疑問です。

 

 雇用が安定しているようで、ご自分が成績優秀だから、なんとなく公務員になったというのが、実情ではないでしょうか?

 

 さらに「みながするから」、あなたと結婚し、「当り前のように」、二人の子どもを得たわけです。

 

 そうなるともう、彼には逃げ道はありません

 

 また30歳という年齢では、社会的にも「自分のため」ではなく、「家族のため、社会のため」生きることが要求されるようになってきます。

 

 そこからご主人の不満とは、以下の点に尽きるのではないでしょうか?

 

 

自分の人生」を生きてこなかった結果、自分が本心から求めていたわけでないものを、俺はこれからは一生、護って生きていかねばならない。

 

 

 失礼ながらもちろん、「自分が本心から求めていたわけでないもの」とは、あなたとお子さんという妻子であり、そして彼の公務員という職業です。

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

3.ご主人は、年齢的にも社会的にも、行き詰まっている

さらに30歳前後という年齢は、青年期の晩期にあたります

 

 一般に人間の脳とは、35歳を境に、大人のものとして完成されていきます

 

 そして青年期とは、「自分の人生を、自分で選ぶために」存在しているともいえます。

 

ここからご主人のなかでは、「これまで主体的に生きてこなかった、自分のツケ」が回ってきているような感じがしているのではないかと、推測します。

 

 よって彼の毎日とは、望まないぬるま湯状態であり、これは「真綿でクビを締められる」というものに、近いのではないかと考えます。

 

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

 

 ご主人のケースに近い記事を、私は過去に書いておりますので、こちらも参考にしていただければと思います。

 

 

先輩も上司もいい人ばかりなのに、なぜか居心地の悪い職場
http://jinseitetsugaku.com/shigoto/shokuba.html

 

 

 また余談ながら、ご主人のお気持ちは、出家前のお釈迦さまに近いのでは、とも思います。

 

 ある説によれば、仏教の開祖、ゴータマシッダールタが出家したのは、彼の奥さんの不倫にあり、自分の人生に嫌気が差したからだといわれます。

 

 もし興味があるようでしたら、下記書籍をお読みいただければと思います。

 

 

 『邪馬台国はどこですか』 鯨統一郎 著 創元推理文庫 内、『悟りを開いたのはいつですか』

4.あなたは被害者だが、そんなご主人を選んだのは、やはりあなた

したがって上記推論が正しければ、現在におけるご主人の精神状態とは、五月病にかかった東大生」を、さらにこじらせたものと考えます。

 

 もちろんご主人がこれまで、どのような環境で成長したにせよ、現在、彼が陥っている苦悩に対する責任は、すべて彼自身にあります

 

 というのは当然に、彼がたとえどんな家庭に育ったにせよ、自分で望むような主体的な人生を切り拓くチャンスは、いくらでもあったはずだからです

 

 しかしこれは、どこまでもご主人を客観的に見た場合です。

 

 あくまでご主人のココロのなかでは、「望まぬ人生を、これからずっと生きていかねばならない、苦悩と葛藤」が、渦巻いているのでは、と思います。

 

 またそうした男性を夫としてもたれたあなたは、ある意味で被害者かもしれませんが、同時に彼を伴侶として選ばれたのは、やはりあなたご自身です

 

 そこから、ご主人がそうした男性であるとの前提に立ち、あなたが今後、どうされるべきかを、考えていきたいと思います。

 

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

 

5.ご主人には徹底して、“現実”を突きつける

まず彼の愚痴があまりにも止まらず、あなたがそれにどうしても耐えられないと思えば離婚を検討するのもアリでしょう。

 

 通常の夫の愚痴なら、どこの家庭でも「よくある話」です。

 

 ご主人の愚痴が、当り前のものでしたら、あなたはその都度、「本当に、たいへんなんですね」と、相槌を打っていればいいでしょう。

 

 しかしご主人のケースは、程度が重すぎます

 

 よって彼の吐く愚痴が、あなたのココロのキャパシティーを上回ることもあり、さらにそれが日を追うごとにひどくなる可能性もあります。

 

 したがってその場合、非はすべてご主人にあるのだから、日ごろの彼の言動を記録しておけば、離婚裁判ではあなたは、圧倒的有利に立てるものと思います。

 

 また別の選択肢として、あなたはこれから彼と一緒に暮らしていくにせよ、ご主人を「生活費だけ運んでくれる、同居人」と、割り切ることも可能です。

 

 しかしそうした「仮面夫婦」としてのあり方は、お子さんの教育上には、大きく問題があるでしょう

 

 くわえて当り前ですが、ご主人をイチから育て直すことも、また彼が人生を最初からやり直すことも、不可能です。

 

 ならばあなたにできることは、ご主人に対し、「自分が現在、手にしているものの有り難さを、実感させる」ということだと思います。

 

 つまりあなたは、ご主人が「仕事を辞めて、バイトして生活する!」と、わめく度に、それで生活が成り立つようなライフプランを要求します

 

 これは彼に対する口答えなどではなく、あくまで真剣に問いただすのです。

 

 もちろんご主人には計画性などないのだから、まともな回答など、できるはずもありません。

 

 そこであなたは、そうした彼の主張を、徹底して論破します

 

 そうすることにより、彼に“現実”を、まじめに突きつけるのです。

 

 それにより、もしかしてですが、ご主人は自分の状況を、客観視できるようになるかもしれません。

 

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

 

6.彼の行動に“社会性”をあたえ、それにより彼を自己完結から救う

しかしながら、口で言われて自分の実情を理解できるようなご主人では、ないでしょう。

 

 そこであなたは、実力行使に出られてはいかがでしょう?

 

 ともかく自分には、そうした愚痴を聞かされるのが苦痛だという理由でお子さんを連れて数ヶ月間、実家に帰るのです

 

 その結果、もし彼がそれなりに反省すれば儲けものです。

 

 そのとき彼は、もしかしたらですが、現在自分が手にしているものの価値を再発見するかもしれません

 

 つまり、人もうらやむ公務員という安定した職と、自分の愚痴を聞いてくれる妻と、かけがえのない自分の子どもの存在を、再認識することもあるでしょう

 

 ただしたとえその際においても、ご主人にとっては「自分は、自分の望まぬ人生を生きてきたし、これからもそう生きざるをえない」という事情は変わりません。

 

 さらにご主人が35歳を過ぎて、現在の生活を本格的に捨てられなくなれば、ご主人の気持ちはさらにそちらに固定されるでしょう。

 

 よってこの場合、ご主人は“満足”ではなく、“あきらめ”の結果、あなた方との生活を見直すということになります。

 

 つまり彼は、「人生なんて、所詮こんなもん」と、開き直るのです。

 

 こうしたケースですとご主人はおそらく、死ぬ間際になって大後悔すると思います

 

 ところが現実においては、8割方の人間がそうして人生を終えていくので、これも仕方ないことかもしれません。

 

 しかしとりあえず彼のココロは、諦観の末に仕事と家庭に向き合うようになるかもしれません

 

 また逆に、それによって夫婦仲が決定的に冷えてしまうなら失礼ながら結局は、あなた方はその程度の夫婦だったということです

 

 その場合にはやはり、離婚もやむなしでしょう。

 

 しかし、ご主人の目を開かせる手段は、他にもあります。

 

 まずご主人は、ご自分の問題ばかりで汲々としています。

 

 ならば彼には、自身の行動に社会性をもたせればどうかと、考えます。

 

 これは具体的には、あなたが率先してボランティア活動や、地域活動に精を出し、ご主人に協力してもらうというものです。

 

 さまざまな営みをつうじ、ご主人がご自分の技能や経験を、社会に還元できる方法を見つけられればそれが彼の「生き甲斐」になることも、ありえます

 

 そうなれば少なくとも、彼の愚痴は減るでしょう。

 

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

 

7.最優先の判断基準は、あなたとお子さんの幸せ

またその結果、もしご主人が、これまでのように思いつきではなく、ココロから仕事にしたいことが見つかればあなたに覚悟があれば、つき合ってもいいと考えます。

 

 その際にはくれぐれも計画的に、ご主人の「やりたいこと」を、事業として実現させることに、何年もかけて取り組むのです。

 

 これはたいへんな道ですが、ご主人の不満を根底から解消しようとするなら、そうするしかないようにも思えます

 

 そうしたことを現実化させるのは、彼の妻であるあなたには、きびしいことばかりです。

 

 しかし前述したように、そうした男性を伴侶として選んだのは、やはりほかならぬ「あなた」です。

 

 よって、妻であるあなたにできることは、ご主人の潜在力を、極限まで活かしてやることではないかな、とも思います。

 

 ですが同時に、あなたの人生も、あなたと、あなたのお子さんのものです。

 

 したがって、離婚もふくめてどのような選択が、あなたとお子さん方にとってもっとも幸福かということを基準にあなたはご主人との関係を考えられるのがいいと思います

 

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

 

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が自殺し、後悔の念にさいなまされている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子に絶縁宣言された。自業自得だが、悲しくて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
実父から性的暴行を受け、なにも行動できない女子高生
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
私はいらない子? 親からの虐待・差別に苦しんでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻がうつ病で、なにも家事ができない。自殺の可能性もある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は母親失格? 子供なんか、産まなきゃよかった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
AV出演という、妻の秘密を知ってしまった。離婚すべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちを元夫にとられた。理由は生活のため、夜も働いていたから
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
通常、家族旅行の頻度は?おカネと体力の問題で、あまり行けない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻に浮気され、離婚を切り出された。離婚は避けたいが、どうすれば?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
厚かましく非常識な義両親が大嫌い。会いたくない、来てもらいたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもが姑に甘えて懐きすぎ。とられてしまうかと不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
優しく成績優秀な娘が、突然の妊娠、デキ婚。ショックで裏切られた気分
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
金遣いが荒い夫のせいで、貯金できない。自分も働けず将来が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分をイジメてきた義両親の老後介護は、絶対にしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子夫婦と孫と同居したいが、どう説得すればいいか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
わが子を愛せない。相性や発達障害が原因で、育児がイヤになった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
求職中でギャンブル依存症の夫が、わずかな所持金で行方不明
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
長男嫁に嫌われた?ずっと孫に会わせてもらえないで寂しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分たちは、仮面夫婦?たがいに本音を言えず、関係性が薄い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
第三子を妊娠したが、経済的、体力的な問題から、中絶を考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子なし専業主婦をしていたら、夫が文句を。家事もしてたのに…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。