問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?

引用元 http://onayamifree.com/threadres/2294646/

 

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?

 

夫が仕事のストレスで参っているように見えます。

 

 

毎日朝が早く、帰りも遅いです。仕事に行きたくないとは言わないのですが、俺がいないと会社が回らない。と自分で自分を奮い立たせながら出掛けて行きます。

 

帰ってくると、前に比べて笑わなくなった気がします。

 

帰ってきても休みの時も頭から仕事の事が離れず考えている時もあります。

 

会社の休みも夫が管理してて、他の従業員を先に休ませ、自分は休めない。と。

 

過去にも同じように悩んだ時期があり、あの時の俺は、鬱になってたよ。と言い、でも鬱だろうがら働かなきゃいけないんだよ。守る物(家族や一緒に働いてる人の生活)があるから。

 

鬱だと言っても誰も助けてくれないよ。と言います。

 

 

家と仕事場の距離があるので、身体を考えて、間にアパートを借りようかと考えているようです。

 

 

でもこんな、精神状態で一人にしていいのか、逆に一人にしてあげた方が楽なのか分かりません。

 

 

精神病院に行こうにも、今は行ってはくれなさそうです。

 

 

どうするのがいい方法でしょうか、アドバイスお願いします。

 

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.人はどのように、「心の視野狭窄」に落ち込むか?

 まずご主人の現在における状況ですが、これはたいへんに危険なものと思われます。

 

 というのは、ご主人はいま、「心の視野狭窄」に陥っているように見えるからです。

 

 はじめに人間とは基本的に、とくに意識をしなければ、目先に見えるものにしか目がいきません

 

 人間が自分をとりまく状況を客観視するには、どうしても「自分のための時間」と、「自分の現況を教えてくれる他人」が、必要となります。

 

 もし人が、「自分とおなじ立場の人」にしか会わなければ、彼はその社会における価値観しか知らず自分の歪み具合も理解できません

 

 これを例に出すと、「戦場の戦士」などがあります。

 

 通常の社会では、“殺人”は大きな犯罪と見なされるので、人はよほどの事情がないかぎり、人を殺すということはありません。

 

 ところが“戦場”においては、むしろ人を殺すのが仕事です。

 

 たとえ善良な市民であろうとも、徴兵され、戦場におもむいたときは、その社会(戦場)の常識にしたがい、敵を殺せるようにもなります。

 

 そうしたわけで、もしご主人が勤めている会社の社風がイケイケであるとします。

 

 またご主人が、会社という社会にしか接点をもたないなら、ご主人が「会社の常識」でしか動けなくなっていても、ムリはありません。

 

 ところがこの「心の視野狭窄」が恐ろしいのは、以下の点です。

 

 自分の視野がどんどんと狭くなってきて、それにしたがい、自分が採れる行動の選択肢が少なくなってきても本人にはそれが自覚できないのです。

 

 たとえばはじめは、「自分には、仕事しかない」と考えているだけでも、やがては以下のように意識が進展する可能性があります。

 

 

自分は、自分自身や家族のため、働くことがすべて」→「自分には、仕事しかない」→「自分には、この会社の仕事しかない」→「仕事がうまくいかないのは、自分が弱いからだ。多少のムリはしても、仕事はがんばろう」→「鬱になってしまったが、これは甘えだ。社会人である以上、甘えは許されない。もっと仕事に打ち込むことで、鬱を克服しよう」→「ついに鬱で、身体が動かなくなってしまった。自分は弱い人間で、生きている価値はないのか……?」→「もうダメだ。死のう……

 

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?

 

 上に挙げた例は脅しではなく、人間の精神が袋小路に入っていく過程の、典型例です。

 

 これほどまでに人間とは自分が所属している小社会の常識に影響される存在だということです。

 

 また、その世界の“当たり前”が、一般社会の常識と異なっていたとします。

 

 それでも、その世界に浸りきりになってしまえばもはや自分の置かれた状況を相対化することは、むずかしくなります

 

 くわえてそうした「精神の視野狭窄」に陥りやすい人は、圧倒的にご主人のような、生真面目なタイプに多いです。

 

 なぜなら真面目な人ほど、「自分の異常を疑う」ということが嫌いだからです。

 

 ここまで述べれば、現在におけるご主人の状況を放置するのは、危険だとわかるでしょう。

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

2.会社依存を抜け出し、家族との共生へ

 そうしたわけで、ご主人をいまのままにしておくのは、よろしくありません。

 

 もちろん、ご主人にアパートを借りさせ、仕事に没頭させるというのは、論外です。

 

 では、どうしたらいいのか?

 

 これはとりあえず、どんな手段であれ、まずはご主人をいったん、仕事から離れさせる必要があります。

 

 なんとかしてご主人を、体調不良等の理由で、会社を休職させられないでしょうか?

 

 この場合、ご主人はプライドが高い人のようですから、「あなたのために」という言葉は、極力、使わないほうがいいでしょう。

 

 そうではなく、あなたやお子さんの今後のため、しばらく休んでもらいたいと、伝えるのがいいかと思います。

 

 ご主人がほとんど家にいないため、あなたやお子さんが寂しい思いをして、家庭が成り立たないから、数日間、一緒にいて話し合いたいと述べます。

 

 そこで、仕事の量を減らしても、家族とともにいる時間を、つくってほしいと頼めばいいでしょう。

 

 あなたのレスを拝見すると、ご主人は会社の二代目であり、転職ができず、いまの会社は自分がいなければ回らないと、ご主人は信じているようです。

 

 ところが短期間の休暇を取らせればそんなことはまったくないのが、わかるはずです。

 

 どんな会社にせよ、一個人の力だけでもっているところなど、マレです。

 

 大部分のケースでは、替りの人物はいくらでもいます

 

 ご主人にそう思わせているのは、彼のプライド、他に誇れるものがない自信のなさでしょう。

 

 また二代目ならば、ある程度の仕事を部下にまかせ、自分には最低限の余裕をもたせることは、できるはずです。

 

 つまり、仕事に依存しているご主人のプライドをなんとか「家族を支える」という方向へ、転換させてやればいいのです。

 

 前述したように、その際にはくれぐれも、ご主人に「会社には、あなたの替りはいくらでもいる」などと言っては、いけません。

 

 そうではなく、あなたやお子さんにとってご主人がどれだけ大切で必要かを、述べます。

 

 そうやってうまく、おだてながらご主人を会社と一定の距離をもたせかつ、家庭へと意識を向くように、もってこさせます

 

 その際には、つねに積極的にご主人に家庭の方針を委ね、任せることです。

 

 プライドの高いご主人を、「俺の家庭は、俺がいなければ回らない」と思わせるのが、重要です。

 

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?

 

 そうすることにより、ご主人を家庭と仕事の両立ができるようにもっていけたら、万事がうまく噛み合うようになるでしょう。

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

夫が自殺し、後悔の念にさいなまされている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子に絶縁宣言された。自業自得だが、悲しくて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
実父から性的暴行を受け、なにも行動できない女子高生
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
私はいらない子? 親からの虐待・差別に苦しんでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻がうつ病で、なにも家事ができない。自殺の可能性もある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は母親失格? 子供なんか、産まなきゃよかった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
AV出演という、妻の秘密を知ってしまった。離婚すべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちを元夫にとられた。理由は生活のため、夜も働いていたから
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
通常、家族旅行の頻度は?おカネと体力の問題で、あまり行けない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻に浮気され、離婚を切り出された。離婚は避けたいが、どうすれば?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
厚かましく非常識な義両親が大嫌い。会いたくない、来てもらいたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもが姑に甘えて懐きすぎ。とられてしまうかと不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
優しく成績優秀な娘が、突然の妊娠、デキ婚。ショックで裏切られた気分
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
金遣いが荒い夫のせいで、貯金できない。自分も働けず将来が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分をイジメてきた義両親の老後介護は、絶対にしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子夫婦と孫と同居したいが、どう説得すればいいか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
わが子を愛せない。相性や発達障害が原因で、育児がイヤになった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
求職中でギャンブル依存症の夫が、わずかな所持金で行方不明
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
長男嫁に嫌われた?ずっと孫に会わせてもらえないで寂しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分たちは、仮面夫婦?たがいに本音を言えず、関係性が薄い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
第三子を妊娠したが、経済的、体力的な問題から、中絶を考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子なし専業主婦をしていたら、夫が文句を。家事もしてたのに…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。