問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配

引用元 /http://onayamifree.com/threadres/2299608/

 

万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配

 

悩める人(匿名)

 

 

宜しくお願いします

 

娘(高1)の事で悩んでおります

 

半年ほど前の話になりますが娘がコンビニで万引きをして補導されました。

 

盗んだものはペットボトルの飲み物1本です

 

その時、警察は妻に連絡をしたのですが、連絡が付かず私の所へ連絡が来ました。

 

仕事中でしたが、上司に訳を話し警察署へ身元引き受けに行きました。

 

 

何故そんな事をしたのかと警察に聞かれ娘は
「お金は少し持っていたけど少なかったので使いたくなかった」と答えたそうです
その時の所持金は250円程度でした。

 

 

その当時は娘は部活をやっていたので、
あまりお金は必要ないと言う妻の考えから小遣いは2000円程度でした。

 

身元引き受けに行ったときぶん殴ってやろうと思いましたが、娘の蒼白した顔をみたら何もできず
その場は何も言わず、家まで送る車の中で、「他にももし、やっているなら今全部話せ」と話し、今まで数回やったと聞き、情けない気持ちになりましたが
何も言わず「二度とこんな事はするな」とだけ言い、その後、妻にもこの事は話さず今も妻はこの事を知りません。

 

その件があった後、何気なく妻と話し合い、
高校生で2000円はさすがに可哀そうだろう
小遣いが少なくて何か悪さをされても困るし、
と話し5000円まで小遣いを上げました。

 

その後数か月が経ち、
やっていた部活を些細な理由から辞めてしまい現在は帰宅部となってしまいました。

 

部活をしなくなってしまったので、暇な時間が増え遊ぶ時間が長くなってくると
「5000円じゃ足らないからバイトしたい」
と言うようになってきました。

 

もともと、娘は貯金することが出来ない浪費癖があり、親戚にもらったお年玉総額
7万円を一カ月も経たずに使い切ってしまいます。

 

お金の大事さ、働くことの大変さを知る為にもバイトをするのは別に構わないのではないか
と言う私の考えから

「バイトをするのは構わない、ただ、バイトを理由に勉強が疎かになっては本末転倒」
「遊ぶためにバイトをする、バイトで稼いだ金で遊ぶ」

 

では勉強はいつやるんだ?ちゃんと計画を立ててそれを俺に提出しろ
と言い聞かせました

 

 

その後自分でバイトを探しているようですが
「ここのバイトは店員が適当そうでやだ」
「ここの店は厳しそうでやだ」
と理由を付けて結局未だにバイトはしていません。

 

そんな姿をみて、私が「何でもいいから目標をもって生活しろ」
と話すと
「何やっていいか解らない」
「色々考えるのめんどくさい」

と言って生活態度を変えようとしません。

 

そして年末、成績表を持って帰ってきたのですが、
7〜8教科中3教科で赤点を取ってきました

 

バイトをしてもいない、部活もしてない、ただ学校へ行って帰ってきて遊んでいるだけ

 

何の目的も持たず、ただただ日常を過ごしているだけの娘を見ると
将来が心配でなりません。

 

 

さらには、また金が無いという理由から悪事を働いてしまうのではないかと悩んでいます。

 

このような娘に何でもいいから目的をもって生活してもらうにはどうしたら良いでしょうか?

 

宜しくお願いします。

 

万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配

万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.人間の行動・道徳規範とは、外部から愛情とともに、あたえられるもの

 まずご存知のように、動物には生まれついて“本能”があるため、生後はそれほど親の庇護を受けずとも、成長し、生きていけます。

 

 ところが人間における子どもの場合、動物の“本能”に該当する“社会性”は、あくまで愛情をともなった教育によってでしか、あたえられません。

 

 つまり人間の子どもとはまず、“本能”がそなわっていないため、それはひたすら“白紙”に近いと言えます。

 

 そうしたわけで子どもは、必死になって外界やまわりの人間から、「生きるためのルール」=「行動・道徳規範」を吸収しようとします。

 

 そうした子どもに対し、大人は真剣に、最高の規範を授ける義務があります

 

 はじめに高度経済成長期以前の日本では、地域共同体が機能していたため、たとえ実の親がダメ人間であろうが子どもはある程度は、まともに育ちました

 

 なぜなら、自分の将来像におけるモデルとする人間は肉親以外でも、いくらでもいたからです。

 

 ところが、現代のような核家族が当り前の世の中になれば、子どもが絶対的に依拠できる存在は肉親しかいません

 

 したがって現代は、親がまともに成熟した人間でなければ子どもがきわめて育ちにくい時代と言えます。

 

 また、親が上流であろうと下流であろうと、まともに愛情を注がれず育った子どもは確実に「生きること」に対して無気力となります。

 

 なぜなら端的に“”とは、生物が過酷な環境を生きていくにあたっての、唯一の報酬でもあるからです。

 

 人生における、はじめの段階において、“愛”を感受した者は、“人生”を懸命に生きることにより、また異なる人間から、別の愛を授けられることを知っています。

 

 あるいは、今度は自分が“愛”をあたえる側になり、「愛する歓び」を得られることが、わかります。

 

 ところが幼少期に、「正しい愛」を知らずに育った者は、これから生きていくにあたり、その人生の大変さに見合う報酬がないと、感じます。

 

 したがって彼は、「人生そのもの」に対し、無気力・無関心となるのです。

 

 

 人間はたしかに、「本能を失った動物」ではあるが、それでも「動物」の一種にあることは、変わりません。

 

 よって、社会に毒されすぎた人ほど、以下のことが、わからないのです。

 

 

「人間も、ヒトである前に動物だ」。

 

「だから“人間”であることの根底には、“”がなければならない」

 

 

 余談ですが、このことをテーマとし、見事に表現した作品が、映画「マグノリア」(1999年 アメリカ)です。

 

そうしたわけで、人間の子どもに必要なものは、“”と“規範”です。

 

 そして子どもとは、可能なかぎりこれを求めようとします

 

 ここから娘さんが、真に何を求めていたかを、類推するべきです。

万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配

万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

2.万引きや問題行動をくり返す娘さんが、ほんとうに欲しいものは?

 では、コンビニでペットボトルを万引きした娘さんが、心から求めていたもの、または本当にしたかったことは、何なのでしょう?

 

 もちろん、ペットボトルを不法に入手することでは、ありません。

 

 まず第一点は、彼女自身が自分の心に埋め込まれた“道徳規範”が、実社会では通用しないと薄々気づいている

 

 よって、それが「使えないモノ」であるということを、自分と外部の人間に対してアピールすること

 

 もう一点は、もしそうならば、間に合ううちに「より正しい規範」を、あたえてほしいというデモンストレーションであること、です。

 

 はじめに、最初の点から申し上げます。

 

 まずあなたが、娘さんを愛していなかったとは、思われません。

 

 ただ、その「愛し方」、および「愛そのもの」は、真に「親から子に対してのもの」だったでしょうか?

 

 あなたは娘さんが万引きされた直後、「可哀想だから、お小遣いを上げてやった」とあります。

 

 私はこの時点で、失礼ながらあなたの対応は、少し外れていると思います。

 

 「娘さんを、ぶん殴ってやろうとも考えた」とありますが、それが感情にまかせたものでなければ私はむしろ、そちらのほうがよかったのでは、と考えます

 

 ここで娘さんが心から欲しかったものは、「愛情のこもった叱責」であったはずです。

 

 娘さんは、社会人であるあなたの立場から、ちゃんと社会で通用するような規範をあらためて植えつけてほしかったのです。

 

 子どもには、親がどんなに怒っていても、それが本当に自分を思ってのことなのかあるいは単に、感情的になっているだけなのかは、すぐに理解できます。

 

 よって娘さんはあなたから直接に、「厳しくも、愛をもって」、叱られたかったのです。

 

万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配

 

 ところがあなたの対応は、“何も言わず「二度とこんな事はするな」とだけ言い”といった、寂しいものでした。

 

 ここから、その後における娘さんの態度が、刹那的で快楽主義的になるのは、ムリもありません。

 

 なぜなら彼女は、「社会で生きる」ということに、もはやなんらの価値も、感じていないからです。

 

 ならば当然に、「いまだけ楽しければ、それでいい」と、なるでしょう。

 

 あなたは娘さんに、「目的をもって生きるように」とおっしゃったそうです。

 

 しかし現在の彼女はすでに、「生きる目的」さえもたないのですから、その反応が「ヌカに釘」であっても、仕方がありません。

3.教育は、言葉以上に、行動で

 ではここで、あなたはどうすれば「娘さんに、目標をもって生きてもらう」ようにできるのか、です。

 

 まず第一点は、そもそもあなたご自身が、「なんらかの目的をもって、生きている」と、言えるでしょうか?

 

 「親の背を見て、子は育つ」と言います。

 

 核家族化が進展し、子どものまわりに、親しか身近な大人がいない現代社会では、なおさらのことです。

 

 失礼ですが、あなたがそうでないからこそ娘さんがそのように育ってしまった、ということは、ないでしょうか?

 

 あるいはあなたは、ひょっとしたら、仕事やご自分の人生では、目標を設定しながら、生きてきたのかもしれません。

 

 しかし、家庭の父親としては、どうでしょう?

 

 このあたりは、あまり自信をおもちになれないのでは、ないでしょうか?

 

 ならば、あなたはどうすればいいのか?

 

 これは、「娘さんの進路について、娘さんと一緒に真剣になって、目標を探す」ことを実行すれば、いいと思います。

 

 娘さんが現在、そうしたむずかしい時期にいるのは、むしろ幸いかもしれません。

 

 なぜなら、この期間を超えて娘さんが本格的にダメ人間になってしまえば娘さんの矯正は、より厳しくなると思われるからです。

 

 奥様と娘さん、そしてあなたで必死になって娘さんの今後を、考えてあげましょう

 

 その際に、娘さんを本気で叱ることがあっても、いいと思います。

 

 それが心から、娘さんを思っての行為であるならば、それはかならず娘さんに伝わります

 

 また娘さんの今後については、たとえば「一生フリーターだと、たいへんな思いをする」といった、恐怖をあたえる方針には、しないほうがいいと考えます。

 

 そうではなく、「〇〇という仕事はお前に向いていて、たいへんそうだが、やりがいがありそうではないか」というように、つねに娘さんの幸福に沿った提案をしましょう。

 

 こうした、娘さんの目標を探すという行動も、やはり目的的におこないましょう。

 

 あなたはさまざまなデータを集めてきて、その一つひとつを、親子3人で検証するのです。

 

 そうして娘さんには、あくまで主体的に進路を決めさせ、その結果としての責任を、自分で負うように教えましょう

 

 そのようにして、あなたは娘さんからの信頼を回復させ家庭を明るいものにするほかないと、考えます。

万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配

万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が自殺し、後悔の念にさいなまされている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子に絶縁宣言された。自業自得だが、悲しくて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
実父から性的暴行を受け、なにも行動できない女子高生
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
私はいらない子? 親からの虐待・差別に苦しんでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻がうつ病で、なにも家事ができない。自殺の可能性もある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は母親失格? 子供なんか、産まなきゃよかった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
AV出演という、妻の秘密を知ってしまった。離婚すべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちを元夫にとられた。理由は生活のため、夜も働いていたから
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
通常、家族旅行の頻度は?おカネと体力の問題で、あまり行けない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻に浮気され、離婚を切り出された。離婚は避けたいが、どうすれば?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
厚かましく非常識な義両親が大嫌い。会いたくない、来てもらいたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもが姑に甘えて懐きすぎ。とられてしまうかと不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
優しく成績優秀な娘が、突然の妊娠、デキ婚。ショックで裏切られた気分
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
金遣いが荒い夫のせいで、貯金できない。自分も働けず将来が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分をイジメてきた義両親の老後介護は、絶対にしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子夫婦と孫と同居したいが、どう説得すればいいか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
わが子を愛せない。相性や発達障害が原因で、育児がイヤになった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
求職中でギャンブル依存症の夫が、わずかな所持金で行方不明
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
長男嫁に嫌われた?ずっと孫に会わせてもらえないで寂しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分たちは、仮面夫婦?たがいに本音を言えず、関係性が薄い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
第三子を妊娠したが、経済的、体力的な問題から、中絶を考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子なし専業主婦をしていたら、夫が文句を。家事もしてたのに…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。