問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

引用元 http://onayamifree.com/threadres/2027296/

 

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

 

働く主婦さん(♀匿名)

 

 

旦那のことが気持ち悪くて気持ち悪くてたまりません…声聞くのも顔見るのも嫌で、
なるべく視界に入らないようにしています。

 

口もほとんどききません。

 

子供たちの為に申し訳ないと思うけど、
もう限界のところまで来ています。

 

お互い愛はありません。

 

レス歴も長く、このまま結婚生活を続けても一生しないです。

 

批判したくなるでしょうがハッキリ言って嫌いといった方が早いかもしれません。

 

私の人生このままいくしかないのかな?

 

子供たちの為には夫婦でいるしかない?ず〜っと好きな気持ちないまま来ています

 

 

13/11/18 22:53 追記
過去に、この人と夫婦生活をして子供二人授かるようなことをしたと思うだけで、
また気持ち悪くなります…普通じゃないですよね私

 

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.家族全体の利益を考えるなら、離婚しか選択肢はない

まず客観的に見るならば、あなたとご主人はやはり、離婚されたほうがいいと思います。

 

 あなたの書き込みにあるように、おたがいに愛もないどころか、一方がもう一方を「気持ち悪くてたまりません」というような結婚生活は、だれをも幸せにしないでしょう

 

 これはもちろん、あなたとご主人だけの問題ではなく、お子さんの養育上にも、その環境は望ましくないと考えます。

 

 またご主人にしても、ほぼ間違いなく、あなたの自分に対する気持ちは理解しておられることでしょう。

 

 そんな伴侶とこれから何十年と一緒に生活することは、たがいに苦痛でしかありません。

 

 ならば世間体や「子どものため」などという大義名分などは考慮せず、ご自分の本音による決断を下すのが、あなた方一家の不幸を最小限に食い止めることだと思います。

 

 よって問題は、ご主人と離婚か別居をした後に、どのようにお子さんたちを育てるかということを、充分な計算のうえで考えることにあります。

 

 またあなたが現在、経済的に不安定であるならば、その点を考慮する必要があります。

 

その場合、あなたが親権をあきらめる、あるいはお子さんの養育についての協力を、実家に求めるということも考えたほうがいいでしょう。

 

 そのうえで、あなたの「夫が気持ち悪いどころか、ハッキリ言って嫌い」という感情は、いかにして形成されたのか、説いていきたいと思います。

 

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

 

2.あなたは、ご自分の欠点をご主人に投影し、その結果、彼を嫌いになっている

あなたのレスを読み、だれもが当り前に不思議に感じることは、「ではそもそも、なんであなたは、そんな嫌いな男性と結婚したのか」ということに尽きるでしょう。

 

 これはじつに簡単なことで、あなたという人がひたすら受動的で、そのため主体的に行動したり、人を愛したりできない方だからです。

 

 この点については、あなたと似たケースを私は以前に記事にしたので、下記ページをよく読んでいただきたいと思います。

 

 

「年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない」
http://jinseitetsugaku.com/katei/toshinosakon.html

 

 

 あなたという方は、「他者の存在を受容する」ということが極度にできないでおられる、失礼ながら「ココロのキャパシティー」が狭い方です。

 

 あなたがそうなられた原因は、ほぼ間違いなく、これまでにおけるあなたの育ち方に問題があるのでしょうが、これは本題ではないので、触れません。

 

 しかしそうしたあなたですので、あなたはご自身の欠点や弱さをご主人に投影している、もしくは転嫁しておりその結果、そんなご主人が大嫌いなのは、ほぼ確実です。

 

 その証拠となるのが、レス番No.4における、あなたの記述です。

 

 

>結婚は旦那に惚れられて尽くされて女は愛されて結婚した方が幸せだという周りの声で…好きでもなかったかなぁ…

 

 

 ちなみに、ここでもあなたと似たケースをあつかっておりますので、下記ページも気が向けば参考にしてください。

 

 

「仕事がツラいから結婚へ逃げたい。だけど相手は、好みじゃない」
http://jinseitetsugaku.com/shigoto/nigetai.html

 

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

 

3.あなたの精神構造は、小さな子どもとおなじ

以上のことから言えるのは、あなたという人の行動原理は、ひたすら“消極主義”であり、「イヤになったら、逃げる」というものです。

 

 ここから、あなたという方は失礼ながら、精神年齢が極度に低いと言わざるを得ません。

 

 なぜならあなたにとってモノ事とは、何事もひたすら「他者からあたえられる」ことが前提だからです。

 

 よってあなたには、なにかを「自分から積極的に、努力により獲得する」という発想が、ありません。

 

 これはちょうど、子どもの置かれた状況とおなじです。

 

 子どもはともかくも、すべてをあたえられるだけの存在であり自分からなにかを選ぶ自由は、もっていません

 

 したがって彼は、自分にあたえられたものが気に入らないのであれば、それに不快感を表明し、拒絶の態度を示すことしかできません

 

 あなたも同様に、「ご主人に惚れられ、まわりから言われるままに」、ご主人と結婚をし、それがイヤになったというだけです。

 

 あなたのレスを拝見するかぎり、あなたがなにかを主体的に選択したり、あるいはご主人との結婚生活をより良いものにするよう、努力した形跡は見られません。

 

 そこからあなたは、いったん自分が嫌いになったものに対しては、もう気持ちを切り替えることができずにいらっしゃいます。

 

 なぜならあなたにとっては、自分にあたえられたものは、そのままのカタチで受け取るだけでそれを自分で改善しようとする発想はないからです

 

 そうしたことから、あなたがいまの状態から自ら変わろうとしないかぎり、状況は悪くなる一方で、改善は見込めないでしょう

 

 というのも、あなたは一度嫌いになったものは、二度と受け入れられない方だからです。

 

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

 

 ただ一点、ここであなたの擁護をすれば、ご主人もほぼ間違いなく、あなたと同タイプの人であろうということです。

 

 彼もまた、「釣った魚にエサはいらない」という態度で、あなたとの結婚生活に対処しているのでしょう。

 

 そのことは、あなたの文章の文脈から読み取れます。

 

 そこから、あなたとご主人は自分から積極的に、人生に働きかける」という発想がないという意味で、似た者同士といえます。

 

 ならば結婚の蜜月期を過ぎ、相手への幻想が覚めて本質が見えてくれば、伴侶の欠点ばかりが目につき、たがいにイヤになるのは必然の結果です。

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

4.離婚前に、自分の能力やできることを、よく考える

そのようなワケで、現状ではあなたには、現在の苦痛から根本的に逃れるためには、離婚以外の選択肢はないでしょう。

 

 しかしその際には、気をつけなければならないことがあります。

 

 それはもちろん、お子さんの養育についてです。

 

 もしあなたがシングルマザーとなり、二人のお子さんを育てることになれば、あなたはその状況がイヤになれば、間違いなくそこから逃げたくなるでしょう

 

 ところがもちろん、あなたがお子さん方の唯一の保護者となれば、これまでのようにイヤだから、止めた」という態度は、社会的にも許されなくなります

 

 つまり、あなたご自身がが子どものままでいればおそらくは子育てでも、破綻する確率がかなり高いというわけです。

 

 これはもちろん、子どもには子どもを育てられないからです。

 

 ですからあなたは、離婚前にはよく理性的に、ご自身の能力やキャパシティーを見極める必要があります

 

 ご自分に働きながら、子どもを育てるだけの体力、精神力、経済力があるのかを、熟慮しなければいけません。

 

 その結果、ご自分にはそれだけのことができないと判断すれば、あなたは親権をあきらめるか、あるいは実家のご両親に協力をあおぐか、しなければいけません

 

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

 

5.幸せになりたいのなら、意識の転換を

またその際には、なによりもあなたのエゴや見栄を排して、お子さんの幸せ」を最優先に考える必要があります

 

 現在のあなたに育てられるならば、お子さん方はもちろん、あなたも不幸になる可能性が、かなり高いです。

 

 そこからあなたは、どのような選択をするにせよ、「ご自分の育て直し」をすることは、あなたに必須のことと思われます。

 

 つまりあなたは、ご自分の意志でモノ事を選択し、その結果としての責任を、ご自分で負えるようにならなければあなたはいつまでも幼稚で不幸なままということです。

 

 そうやってあなたは、大人になっていくほかありませんし、また現在のあなたのままでは、ご自身もまわりの人間も、みな不幸にするだけだと思います。

 

 よって可能ならばあなたは、いったん一人となり、場合によってはカウンセラーなどと相談し、「自分自身の幸せと、人生の目標」を明確にしたほうがいいでしょう。

 

 あなたはご自分が幸せになりたいのであれば、あなた自身で意識の変換を図るしかありません。

 

 それには、「自分で自分を好きになること」が大前提です。

 

 そうやってあなたは、大人になっていくほかありません。

 

 

 現在のあなたに参考になると思われる記事を、私は以前に記しましたので、こちらも参考にしていただければ、と思います。

 

 

「自分はダメ人間で、何も続かず、生きていることが恥ずかしい」
http://jinseitetsugaku.com/ikiru/dameningen.html

6.もし離婚することになっても、それはあなたにとって、あくまで再スタート

 すでに年齢的には大人で、人の親になってしまったあなたを救える者はあなたしかいません

 

 その前提であなたは、「人生のやり直し」、「自分の育て直し」をするしかないでしょう。

 

 そうしたわけで、お子さんの養育等にかんし、ムリだと思えばムリと、ハッキリとあきらめる勇気も必要です。

 

 なぜなら、あなたご自身が「救われるべき子ども」だからです。

 

 したがって今回の件においては、「だれもが幸せになれる選択」というものは、ないと考えたほうがいいでしょう。

 

 そうではなくあなたは、「どうすれば、家族のみなが受ける不幸を、最小限度におさえられるか」という発想から、離婚等は考え、決断するべきと思います。

 

 また再度失礼ながら、そうした決定こそが、あなたの人生において、あなたが主体的意志でなす、はじめての決心かもしれません。

 

 そう考えれば、もしあなたがご主人と離婚することになっても、それは結末ではありません

 

 そうではなく、あなたが大人の女性として自立するための、第一歩目ともいえるでしょう。

 

 そう考えて、これからのご自身の未来に、目を向けていただきたいと思います。

 

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が自殺し、後悔の念にさいなまされている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子に絶縁宣言された。自業自得だが、悲しくて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
実父から性的暴行を受け、なにも行動できない女子高生
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
私はいらない子? 親からの虐待・差別に苦しんでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻がうつ病で、なにも家事ができない。自殺の可能性もある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は母親失格? 子供なんか、産まなきゃよかった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
AV出演という、妻の秘密を知ってしまった。離婚すべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちを元夫にとられた。理由は生活のため、夜も働いていたから
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
通常、家族旅行の頻度は?おカネと体力の問題で、あまり行けない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻に浮気され、離婚を切り出された。離婚は避けたいが、どうすれば?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
厚かましく非常識な義両親が大嫌い。会いたくない、来てもらいたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもが姑に甘えて懐きすぎ。とられてしまうかと不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
優しく成績優秀な娘が、突然の妊娠、デキ婚。ショックで裏切られた気分
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
金遣いが荒い夫のせいで、貯金できない。自分も働けず将来が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分をイジメてきた義両親の老後介護は、絶対にしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子夫婦と孫と同居したいが、どう説得すればいいか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
わが子を愛せない。相性や発達障害が原因で、育児がイヤになった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
求職中でギャンブル依存症の夫が、わずかな所持金で行方不明
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
長男嫁に嫌われた?ずっと孫に会わせてもらえないで寂しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分たちは、仮面夫婦?たがいに本音を言えず、関係性が薄い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
第三子を妊娠したが、経済的、体力的な問題から、中絶を考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子なし専業主婦をしていたら、夫が文句を。家事もしてたのに…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。