問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

引用元 http://onayamifree.com/threadres/1723632/p1/

 

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

 

 

悩める人(33♀匿名)

 

 

中学生の息子が不登校、家庭内暴力、もう耐えきれません。

 

娘と2人、息子が家にいる間はピリピリして休まることもなく、
家のものはすぐに破壊され、片付けても片付けても家はめちゃくちゃ。

 

普通の生活はできません。児相にも行きました。

 

本人が納得しないと施設入所は難しいそうです。

 

でも私は娘のためにも静かに普通の生活がしたい。

 

私達が失踪してしまえば息子は施設入所を引き受けてもらえるでしょうか?

 

もうこんな生活は耐えられない

 

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.息子さんの件では、第三者による、ある程度の強制介入は必須

全レスを拝見した結果、現在におけるあなたのご希望は、ともかく息子さんといますぐ離れたい、というところにあるようです。

 

 これはもちろん、あなたと息子さんだけの問題ではなく、他のお子さんに危害がおよぶ可能性があることから考えると、当然の判断です

 

 また私も、あなたは即座に息子さんと別居しないことには、大事件等が発生する恐れがあるため、ぜひそうすることをお勧めします。

 

 よってここでは、息子さんの心理等を洞察する以前に、現在のあなたができうることを、まず先に述べます。

 

 そもそも、あなたや他の方もご指摘のとおり、公共の児童相談所は頼りにならないし、そのためアテにすべきではありません。

 

 ところであなたは、家のものはテレビ、パソコン等は、すべて息子さんに破壊されたとおっしゃっています。

 

 そこからあなたはまず、お持ちでしたらケータイやスマホから、それがないのでしたらネットカフェなどへ行き、ネットが使用できる環境を準備します

 

 そこで、「子ども 家庭内暴力 相談窓口」というキーワードで、ネット検索をかけてみてください。

 

 そうすれば民間機関でありながら、あなたのお子さんのようなケースに対応できる団体が、いくつか見つかるはずです

 

 これが Google からの検索でしたら、広告の部分もよく読んでください

 

 理由は後述しますが、いまのあなた方一家の状況は、第三者によるある程度の介入がなければ、おおよそ解決できるものではありません。

 

 なお、その際におカネがかかりそうであれば、あなたは息子さんを高校へ通わせるだけの経済的余裕はあるそうなので、迷うことなく、それを使ってください。

 

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

 

2.息子さんが求めているのは、「生きていくための、正しい規範」

 ではここから、息子さんの認識を解析する作業に入りたいと思います。

 

 ともかくは常軌を逸する息子さんの暴れっぷりですが、彼は一体、なぜ暴れるのか、また、何を求めているのかを、おいおい述べていきます。

 

 まず結論から述べますと、彼がココロから欲しているものは、「社会で生きていくチカラを、確固たる強さでもってあたえられること」です。

 

 ここから息子さんは、じつは潜在的に、自分が暴れることにより、そんな自分をつよく抑え確信に満ちた力強さでもって、正しい道に導いてもらいたがっているのです

 

 しかし実際には、彼のまわりにいる肉親は、体力的にも精神的にも自分より劣る、母親であるあなたしかいないのです。

 

 よってもちろん、女性であるあなたには、息子さんを制圧することはできません。

 

 すると自分の願いが叶わなかった息子さんはますます、周囲に暴力をはたらくという悪循環に陥っているのです。

 

 レス番No.22であなたは、ご主人とは死別したとあります。

 

 ここから、もしあなたのご主人が強く優しい大人の男性であり、ご存命であったなら、事態はここまで悪化はしていなかったものと考えます。

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

3.母親だけで父親役まで背負うのは、どうしても限界がある

 この点より、見えてくるものが何点かあります。

 

 それはまず、当然に暴力を振るうという息子さんの行動は、断じて許されるものではありません。

 

 しかし彼の真の欲求である、「自分を正しく導いてくれる、導き手が欲しい」という願望をもつことは、少年ならば正当なものです。

 

 なぜなら、そうしてもらうことによってでしか、男の子は「生きていくチカラ」を得られないからです。

 

 その点よりまず、レス番No.106にあるような、あなたのご苦労は相当なものだったと、容易に理解できます。

 

 

>父親がいないので私が父親役と母親役2つしてきましたが、どうしても父親面が出る回数が多かったのかもしれませんね。

 

 

 あなたはたしかに、そのように振る舞わざるを得なかったでしょう。

 

 そのためこの点は、あなたばかりの非ではないのですが、やはりここにこそ、彼の暴力の源泉があります

 

 というのはやはり、核家族化が進行した現代にあっては、息子に“社会性”を教えるのには、父親の力量が必要だからです

 

 したがって母親が一人でそれをこなそうとしても、どうしてもムリがあるのです。

 

 なぜなら一般に、女性は男性よりも体力では劣り、男性ほどには“社会”には、通じていないものだからです。

 

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

 

4.あなたはいまだに息子さんに、「人並み」を求めておられる

 現在、地獄のような厳しい境遇におられるあなたに、あまり辛辣なことは、申したくありません。

 

 しかし息子さんの心理を知るうえで、どうしても、あなたの彼に対する教育では、何がいけなかったのかということを、ハッキリさせなければいけません。

 

 そうしたわけで、そこをくわしく検証していきます。

 

 まずあなたは、No.9のレス番で、以下のようにおっしゃっています。

 

 

>お金は息子が中学高校を卒業するまで出す見通しはあります。今時高校を出ないと社会に出てもなかなか生活できないので…幸い

 

 

もちろん親御さんが、お子さんの教育や学歴を心配するお気持ちは、よくわかります。

 

 しかしあなたの教育方針には、息子さんの幸せを真に願ってという想いとともに世間体や常識に縛られた部分は、はたしてなかったでしょうか?

 

 そう思えるのが、レス番30での、あなたのご発言です。

 

 

>息子にきちんと学校を出てほしいことは息子のためでもあり、私と娘のためでもあります。きちんとした社会人にならなければ今度は私達はきっと大人になった息子に迷惑をかけられます。血縁を切ることはできないので…。今の世の中では中卒より高卒のほうが生きやすいです。だからせめて高校は卒業してほしいと思います。

 

 

 あなたはこの期におよんでもまだ、息子さんに「世間体」や「人並み」という意識を求めていらっしゃる。

 

 息子さんにとっては、そうしたあなたの態度は、形式的でウソっぽいものだと感じたことでしょう。

 

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

 

5.今回の件は、あなたの真面目さがすべて裏目に出たケース

  ところが、レス番No.28の記述では、以下のようにあります。

 

 

>出て行くから金を出せと暴れていたときや後に、そんなに嫌だったらしばらく離れて暮らす方法もあると話したときに施設は嫌だと言っていました。そんなのは普通じゃないと。普通じゃないのは今の生活なんですけどね…。

 

 

 ここで息子さんが「施設は嫌だ」、「普通じゃない」と言った意味は、ほぼ間違いなく、まともな両親がそろった家庭を想定したものと、私は考えます。

 

 つまり、息子さんはどれだけ荒れようとも、彼のココロにはつねに、標準的で健全な家庭」を、自分に当然のものとしてあたえられる期待が、あったのです

 

 そのなかで彼は、「ふつうの子として」育ちたかったのです。

 

 しかしながらレス番No.51では、以下のような描写があります。

 

 

>どちらかといえば甘やかしたほうでなく、厳しくしたほうだと思います。
>息子の不満はよその家ではもっと自由にしている、という事のようなので。

 

 

 これは、彼があなた方ご両親から“愛情”を感じられなかったのだとすれば、ただ教条的に自分の欲求を抑え込まれたとして、親への恨みとなったのでは、と思います。

 

 つまり彼にとってみれば、あなたからの自分に対する管理は、あくまで「世間の基準」に合わせただけのものだったと感じた可能性があります。

 

 したがってもちろんそれは、自分のためを思ってのことではなかったと、彼は解釈したとも、とれそうです。

 

 それを証明していると思われるのが、レス番No.54における記述です。

 

 

>中卒を否定してるわけではありません。ただ今の世の中、中卒よりは高卒、高卒よりは大卒のほうが色んな意味で選択肢が広がるのは現実だと思います。

 

>学校に行けない子に行け行け言うのは酷だと思うけど、行ける子にはできる限り行ってほしいと思います。もちろん行かなくても人生どうにでもなりますが、やっぱり高校は行かないよりは行ったほうが結局は楽だし良いように思います。
>学校生活、楽しいじゃないですか。その年代でしか味わえない色んな事、友達を作ったり、行事や…高校での経験はその後の人生に役立つと思います。

 

 

 「学歴は、高いほど有利」、「学校生活とは、楽しいもの」というのは、残念ながら一般論にすぎず、またあなたの思い込みでもあります

 

 なぜならそうでない事例は、世間にはあふれるほど存在しているからです。

 

 さらにあなたは、レスをくれた人ほぼすべてにお返事を出すような、真面目な方です。

 

しかし息子さんの件にかんしては、あなたのその真面目さが、すべて裏目に出たケースだとは、いえないでしょうか?

 

 つまり幼少期の息子さんにとってみれば、自分の人生をすべて、母親であるあなたの思惑により決定されるような不快感をつねに感じていたのではと、思います

 

 一般に子育てでは、「子どもには魚ではなく、魚を捕る方法をあたえろ」と、言われます。

 

ところがあなたの場合ですと、息子さんの主観では、「自分が望まぬ魚ばかりを、食べさせられるだけの毎日」といった不満が積もっていった可能性があります。

 

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

 

6.愛情は、相手に伝わらなければ、最初からないのと変わらない

さらにあなたは、レス番No.84で、以下のようにおっしゃっています。

 

 

>ちなみに私の親は躾には厳しいタイプでしたが特に不満はありません。
>愛情も沢山うけて育ち、親には感謝しかありません。細かい不満はそりゃありますが、感謝のほうが大きいです。

 

 

 では、あなたは親御さんから受けた教育を、そのまま息子さんへと踏襲したはずなのに、なぜあなたと息子さんとで、教育の結果」が真逆なものになってしまったのか?

 

 この点はまさに、愛情”の有無によるものです。

 

 子どもとは、いくら親にきびしくされても、その根底に自分に対する愛が感じられれば、親を恨むことはしません

 

 ところが息子さんの場合では、まず父親不在の環境で育ちました。

 

 そして母親であるあなたが、父親役まで演じて、息子さんを教育したのです。

 

 ならばあなたは、ご自身の生活や仕事、他のお子さんたちへの世話がたいへんすぎて息子さんには充分な愛情が届かなかったのかもしれません

 

 愛情とは、たとえ本人が相手に対して「もっている」と自覚されていても、それだけでは不充分です。

 

 その愛情が当人に対して伝わらなければ彼にとっては「愛情が受けられなかった」と、おなじ意味になるのです

 

 この点が、あなたと息子さんを隔てる断絶になっていると、私には思われます。

 

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

 

7.息子さんは、他者からの指導と自分の気持ち次第で、変わっていける

ところで、他の回答者の方から、息子さんは精神を病んでいるのでは、という声が挙がっています。

 

 またその点について、あなたはレス番No.92で、ご主人の家系には、DV気質の者がいたとあります。

 

 まず私から見た場合、たしかに現在の息子さんには、精神病、もしくはそれの萌芽のようなものがあるように感じられます。

 

 しかしはじめに、精神病それ自体は、直接に遺伝することはありません。

 

 ただし、「精神病にかかりやすい」という、気質や体質は、遺伝されえます

 

 したがってそこから、息子さんはもともと不安定な気質の持ち主だったのが父親不在の環境により、精神のバランスが本格的に崩れていったとも、考えられます。

 

 そうしたことから前述したように、あなたの家庭はもはや、第三者の介入なしには、事態の沈静化を望めないところまで来ています。

 

 よって、多少強引であろうと、息子さんが望まないのであろうと、あなたはすぐにでも、民間の家庭問題相談所に、依頼をもちかけるべきです。

 

 その結果、息子さんとは数年間は会えないことになる可能性もあります。

 

 それでも息子さんは年齢からして、人生の指針を示してくれる他者と、「自分を変えよう」という本人の強い意志があればどのようにでも変わっていけます

 

 なにより、息子さん自身が「自分は、変わりたい」という思いをつよく抱いており、それが満たされないゆえの家庭内暴力だったのです。

 

 ならば息子さんには、「自分が変われる」という機会をもてることが確信できれば、自分から積極的に、成長していけるかもしれません。

 

 そうしていつか、あなたは生まれ変わった息子さんとお会いすることになっても、くれぐれも彼を子どもあつかいはしないように、してください

 

 親子という関係性は一生続きますが、親子の距離感は、子どもの成長や親の成熟により、変化していきます

 

 ですからあなたは、息子さんと適切な親密さを維持すれば息子さんとは一生、うまくやっていけるようになれるかも、しれません

 

 現在のあなたは、それを希望に生きていけばいいと、私は思います。

 

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

 

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が自殺し、後悔の念にさいなまされている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子に絶縁宣言された。自業自得だが、悲しくて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
実父から性的暴行を受け、なにも行動できない女子高生
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
私はいらない子? 親からの虐待・差別に苦しんでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻がうつ病で、なにも家事ができない。自殺の可能性もある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は母親失格? 子供なんか、産まなきゃよかった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
AV出演という、妻の秘密を知ってしまった。離婚すべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちを元夫にとられた。理由は生活のため、夜も働いていたから
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
通常、家族旅行の頻度は?おカネと体力の問題で、あまり行けない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻に浮気され、離婚を切り出された。離婚は避けたいが、どうすれば?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
厚かましく非常識な義両親が大嫌い。会いたくない、来てもらいたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもが姑に甘えて懐きすぎ。とられてしまうかと不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
優しく成績優秀な娘が、突然の妊娠、デキ婚。ショックで裏切られた気分
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
金遣いが荒い夫のせいで、貯金できない。自分も働けず将来が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分をイジメてきた義両親の老後介護は、絶対にしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子夫婦と孫と同居したいが、どう説得すればいいか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
わが子を愛せない。相性や発達障害が原因で、育児がイヤになった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
求職中でギャンブル依存症の夫が、わずかな所持金で行方不明
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
長男嫁に嫌われた?ずっと孫に会わせてもらえないで寂しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分たちは、仮面夫婦?たがいに本音を言えず、関係性が薄い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
第三子を妊娠したが、経済的、体力的な問題から、中絶を考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子なし専業主婦をしていたら、夫が文句を。家事もしてたのに…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。