問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

引用元 http://onayamifree.com/threadres/2147329/

 

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

 

 

悩める人(匿名)

 

 

初めまして。私は二人の成人した子供を持つ母親です。

 

情けない話しなのですが二人とも社会人にもかかわらず大人の自覚がないうえ(長男25長女21)生活費を入れてくれるどころか
消費者金融に借金まであるしまつ。

 

いろんな事が発覚するごとに、本気で自分を変えていかなきゃ結果自分が困るのだと話してもきましたが、
未だ遊ぶことに お金は使い切り、私のお金まで黙って持ち出したこともありました。

 

十代の酷い反抗期をすぎ、社会人ともなり、
自分で稼ぐようになればお金を稼ぐ大変さや大事さをしり少しは私の苦労もわかってもらえるなんて....大間違いでした。

 

二人がまだ幼い頃、将来を案じた私は離婚しました。生活費使い込んでは自称自営業の元旦那は数週間行方不明になるような人でした。
今の子供達をみていると元旦那が重なるんです。

 

血はあらそえんということなのか....旦那はその後行方不明。
両親もおらず身内のない私は、二人を留守番させ定休以外は休まず働く日々、生活費も楽でないため我慢が多い暮らしでした。

 

さみしい思いもいっぱいさせた。

 

その頃私はいつも疲れててイライラしてて、
きっと嫌な親でおこってばっかで。

 

 

最近はその頃を思い出し自分を攻めることしかできないでいます。

 

落ち込む日がつづきます。

 

そんなある日仕事を休んだにもかかわらず夜中に向け遊びに行く支度を始める娘。

 

いつもの事だけどやっぱ胸が痛い、一言いえばおおさわぎになる、
なんでこうなっちゃったんだろ

 

気づいたら涙がでてました。

 

娘がそれに気づいたとたん一気にキレ、
余りに酷い言葉に何を言われてるのか理解できずふるえて謝って泣き崩れて…

 

 

「てめぇうざい態度とるなて!」

 

「きちがいか!病院ぶち込んだるで二度でてくんなよ!」

 

「自分だけがかわいそうなんですって態度なおせや!」

 

 

それでも涙は止まらない、狭いだから居場所がないトイレに行ったり歯磨きしたり。

 

うろうろしてしまい、また怒鳴りつけられる。

 

 

「てめぇみたいな親もって泣きたいのはこっちだて!」

 

「仕事場で同じ事をするんか!同情ひこうたってただのきちがいにしかみえませんから!」

 

「自分生きててはずかしくねぇの?うちだったらはずかしくていきとれんけどね!」

 

 

実の娘がここまでいうんです。

 

私は最悪最低なのでしょう。

 

私さえいなくなればイヤでも自立しないといけません。

 

いなくなれたら私も救われるけど、親ですからそれだけはできません。

 

こんな状況もいつか、少しでもよくなるのでしょうか。

 

このままでは、ただ黙って不安と心配をかかえなにもできないますますダメ嫌われたままの親になってしまいます。

 

私自身子供の立場で親子関係を経験していない事もあり親子関係の難しさにうちのめされています。

 

でも方法がわかりません。ここでしか相談できません。

 

助けてください。

 

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

1.どの方向から考えても、あなたはお子さんたちとは別居をするほかない

 あなたをめぐる、すさまじく壮絶なご状況に対し、私なりにあらゆる可能性を考慮してみました。

 

 その結果、まず結論から述べるならば、あなたはやはり、お子さん方とは一緒に住まないほうがいいと考えます。

 

 そしてその場合ですが、これはお子さん方を追い出すのではなく、あなたご自身が家から出ていかれるのが、ベストの選択だと判断しました。

 

 その理由はおいおい述べていきますが、なにおいても重要な点は、現在におけるあなたのお子さん方の性格です。

 

 あなたは、以下のようにおっしゃいます。

 

 

>十代の酷い反抗期をすぎ、社会人ともなり、自分で稼ぐようになればお金を稼ぐ大変さや大事さをしり少しは私の苦労もわかってもらえるなんて....大間違いでした。

 

 

それについてレス番10の方が、以下のようにおっしゃっているのがすべてです。

 

 

>小さい頃、愛情をいっぱい注いでれば思春期に反抗してもある程度すると収まる。と学校の講演会で聞いた事があります。

 

 

 これはまったくの事実であり、あなたのお子さん方における反抗期自体が、まず通常のものではなかったのです。

 

 この点について、解説していきます。

 

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

 

2..あなたの不幸は、結果的にあなたのお子さんにまで、およんでしまった。

 あなたが置かれた状況は、あまりにも凄絶なため、私は感情として、あなたを責めるようなことは、まったく申したくありません。

 

 ところが現実を述べないことには、あなたの環境は今後も悪化するばかりだろうという判断のもと、まずはあなたのお子さん、とくに娘さんのココロのあり方を見てみます。

 

 はじめにあなたの元夫は、定職をもたずにフラフラし、おカネも稼がない人だったとあります。

 

 ならばもちろん、そんな人はお子さんたちに愛情を注ぐことは、けっしてなかったでしょう

 

 そうしてあなたは彼と離婚し、No.17のレスにあるよう、身内も頼れる人もいないままに、女手ひとつで二人のお子さんを育ててきました

 

 そのときのあなたは、以下のような状態だったとあります。

 

 

>さみしい思いもいっぱいさせた。その頃私はいつも疲れてて
>イライラしてて、きっと嫌な親でおこってばっかで。

 

 

 またあなたのこれまでの半生は、No.17のレスでは以下のようにあります。

 

 

>中卒で住み込みで就職し、お金が貯まった後一人暮らしを始め、暮らしていくのに精一杯で反発できるような大人は身近にはいなかった自分の十代。親への憧れも強かった。
>だから子供達にはこんな思いはさせないですむように頑張ってきました。

 

 

 そこまでやってきたあなたを、だれも責めることはできません。

 

 しかし遺憾ながら、あなたもおっしゃるように、それはやはりあなたの立場でしかありません

3.娘さんの暴言にも、正当性はある

 そうした環境に置かれたならば、あなたのお子さん方は当然に、母親であるあなたの愛もまた、充分に感じられず育ったことでしょう

 

 幼少期における愛情の重要性と、その時期に愛を知らずに育った者のココロはどうなるか、下記ページでくわしく述べたので、参考にしていただきたく思います。

 

 

「誰でもいいから、人を殺したくて仕方ない。ナイフを持ち歩く」
http://jinseitetsugaku.com/byouki/koroshitai.html

 

 

 あなたもおわかりのように、あなたのお子さんたちが現在、享楽的な生き方をしているのは、あくまで寂しさ、およびココロの空洞を埋めるための代償行為でしかありません

 

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

 

 そこから、娘さんがあなたに放った暴言は、すべてが彼女の本音であり、また一定の正当性をもったものです。

 

 というのは、子どもは自分が生まれてくる環境を選べないが同時に子どもには、まともな愛情を受ける権利が十二分にあるからです

 

 ですから娘さんにしてみれば、「どうして自分だけ、こんな環境に生まれ落ちたのか!」という不条理感でいっぱいです。

 

 そしてその気持はダイレクトに、自分を産んだ母親であるあなたに向かうのです。

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

4.あなた方の不幸はすべて、「負の連鎖」の結果によるもの

ではなぜ、あなたの家庭にばかりにそんな不幸が襲うかと申せば、これは「負の連鎖」の影響にほかなりません。

 

 まずあなたご自身が、天涯孤独の身の上で、親の愛情を知らずに育った方です。

 

 およびあなたの元夫もまた、恵まれない環境に育ったからこそ、人生を真面目に生きようとはしなかったのです。

 

 その点については、下記ページの『「生きることの辛さ」しか知らず、「“生”への報酬」が得られないでいる』の章を参考にしてください。

 

 

「生きていく意味がわからず、生きることに疲れた。自信がない」
http://jinseitetsugaku.com/ikiru/imi.html

 

 

 まず“”とは、人が生きていくことに対しあたえられる、原動力であり報酬なのです。

 

 それが満たされなかった人は、おのずと自堕落な人生を歩みます。

 

 あなたはお一人で一生懸命に生きていらっしゃいましたが、元夫と結婚されたのは、そうした「愛の欠落」というココロの空洞を共有していらしたからだと考えます。

 

 そうしてそんなお二人から生まれたお子さんたちは、あなたと元夫同様の、「愛の不在」を抱えて生きていかなくてはならなくなったのです。

 

 こうした不幸が永遠に続くのが、「負の連鎖」の恐ろしいところです。

 

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

 

5.お子さんたちにはそもそも、人生を生きる意志や意欲自体がない

 ところであなたのお子さんたちにとっては、そうしたあなた方夫婦の不幸など、知ったところではない、というより、むしろ迷惑このうえないものでしょう。

 

 なぜならそうした事情により、生きるための報酬」を得られなかったのは、ほかならぬ自分たちだからです。

 

 だからこそ、娘さんはあなたに対し、情け容赦ない罵倒をぶつけるのです。

 

 お子さんたちにとってみれば、この世は生き地獄でしかなく、自分が望まない、苦しいだけの無償労働を永久に義務づけられるような気持ちでいるはずです。

 

 よってお子さんたちには、あなたの、「本気で自分を変えていかなきゃ、結果自分が困るのだ」という説教は、まったく意味をもちません。

 

 というのも彼らにとっては、この世で生きること自体が不条理でしかなく、当然に生きる意味や意欲自体がないからです。

 

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

 

 さて、そこで問題は、「あなたが、どうしたいか?」という点になります。

 

 それについてあなたは、以下のようにおっしゃっています。

 

>私さえいなくなればイヤでも自立しないといけません。いなくなれたら私も救われるけど、親ですからそれだけはできません。

6.基本的に、お子さんたちの説得は不可能

 だがあなたが独力で彼らを幸せにするのは、ほぼ不可能というほど、むずかしいでしょう

 

 なぜなら、すでに成人してしまったお子さんたちに対しては、もはや外からのチカラだけで、変えてやることはできないからです。

 

 いや、21歳と25歳という年齢からすればまだ、性格を変革させる余地はあります。

 

 しかしそれは、彼らが主体的に「自分で自分を変える」という強い意志をもったときのみです。

 

 まずあなたは、彼らに弱みを見せても強く出ても、彼らの反感を買うだけでしょう。

 

 くわえてお子さん方は、すでに肉体的にも気持ち的にも、あなたより強いのです。

 

 ならば自分たちに不幸をもたらした、自分より弱い人間の言うことなど、彼らは聞く耳をもたないと思います。

 

 もちろんお子さん方には、「もう大人なのに、恥ずかしくないの」という説教は通用しません。

 

 それというのも彼らの内部には、幼少期に埋めこまれた「ココロの空洞」が肥大化し、それはすでに彼らの人格そのものとなっているからです。

 

 唯一、彼らが耳を貸すと思えるのは、彼らが信頼する人、あるいは愛する人の言葉のみと思いますが、そうした人は、おそらくはいないでしょう。

7.いまはともかく、「損切り」の発想で

 そうした状態で、あなたがお子さんたちと同居を続けるかぎり、状況は悪くなっていくばかりで、好転することはまったくないと考えます。

 

 といのも、彼らにとっては自分たちの不幸の元凶であるあなたと、逃げ場もない狭い家で、毎日顔を合わせるのです。

 

 その都度、彼らはあなたへの憎悪と侮蔑を膨らましていくことでしょう

 

 そうしたことから、その同居はだれをも幸福にせず、むしろなんらかの事件に発展する可能性さえあります

 

 そして彼らが出ていかない以上、あなたが家から去るほかありません

 

 これは、あくまであなたの心身を護るための行為であり、またあなたもお子さんたちを成人まで育てたのですから、なんの問題もありません。

 

 ここであなたは、「何かを得る」ではなく、「何を失わずにいられるか」という発想をしなければいけません。

 

 というのは、このままでは親子の共倒れという危機に直面するのですから。

 

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

 

 少なくともあなたは、ご自分の生活は護るべきです。

 

 くわえてお子さんたちも、娘さんは仕事をもっていらっしゃるようですし、また息子さんも、探せば職は得られる年齢です。

 

 とかく残酷なようですが、あなたがいなくなることにより、強引にお子さんたちの精神的、経済的自立を図るしかありません。

 

 人間とは、だれもが多かれ少なかれ、不幸やハンディは背負っています。

 

 ただその不運の量が、あなたのお子さん方の場合、他者より圧倒的に多いというだけです。

 

 お子さん方は現在は健康で、今後、50年もの人生があります

 

 さらにお子さん方はもう成人なのですから、その長い時間のなかで幸せになれるかどうかは、もうご本人たちの自己責任です

 

 あなたの責任では、ありません。

 

 そうしてあなたは、気持ちを切り替えるほかありません。

8.あなたとお子さんたち、双方のために別離を

 ですがその前にあなたは、とりあえず公共のケースワーカーに、相談をもちかけてみましょう

 

 あまり頼りにはならないかもしれませんが、少なくともあなたの問題点を整理することは、できると思います。

 

 そうしてあなたは、ご自分の新しい住居と職場を確保したうえで、家を去るのがいいと思います。

 

 もちろんその際には、もうお子さんたちには会わないという決意が必要です。

 

 あなたは、以下のようにおっしゃっています。

 

 

>いなくなれたら私も救われるけど、親ですからそれだけはできません

 

>>このままでは、ただ黙って不安と心配をかかえなにもできないますますダメ嫌われたままの親になってしまいます」。

 

 

しかし失礼ながら、その考え自体が、あなたのエゴです。

 

 なぜなら、あなたがこれ以上お子さんと住むことは、害悪にしかならないというのは、すでに明白だからです。

 

 よって非情ですが、あなたのお子さんへの想いは、最悪のケースしか生まない自己満足にすぎないと、認識すべきです。

 

 あなたはお子さんと別れれば、罪悪感や寂しさが一生、ついてまわるかもしれません。

 

 しかしその気持を感じるだけで、あなたの行動は免責されます

 

 なにしろあなたは、女手一つで二人のお子さんを育て、精一杯、やるだけのことはやったのですから。

 

 またあなたが出ていくのも、あなたとお子さんたち、双方のためなのです。

 

 そんなあなたを、だれも責める資格はありません。

 

 どうかあなたには、お子さんはいないが幸福な人生を、ご自分の手で構築していっていただきたく思います。

 

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が自殺し、後悔の念にさいなまされている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子に絶縁宣言された。自業自得だが、悲しくて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
実父から性的暴行を受け、なにも行動できない女子高生
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
私はいらない子? 親からの虐待・差別に苦しんでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻がうつ病で、なにも家事ができない。自殺の可能性もある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は母親失格? 子供なんか、産まなきゃよかった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
AV出演という、妻の秘密を知ってしまった。離婚すべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちを元夫にとられた。理由は生活のため、夜も働いていたから
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
通常、家族旅行の頻度は?おカネと体力の問題で、あまり行けない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻に浮気され、離婚を切り出された。離婚は避けたいが、どうすれば?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
厚かましく非常識な義両親が大嫌い。会いたくない、来てもらいたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもが姑に甘えて懐きすぎ。とられてしまうかと不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
優しく成績優秀な娘が、突然の妊娠、デキ婚。ショックで裏切られた気分
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
金遣いが荒い夫のせいで、貯金できない。自分も働けず将来が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分をイジメてきた義両親の老後介護は、絶対にしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子夫婦と孫と同居したいが、どう説得すればいいか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
わが子を愛せない。相性や発達障害が原因で、育児がイヤになった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
求職中でギャンブル依存症の夫が、わずかな所持金で行方不明
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
長男嫁に嫌われた?ずっと孫に会わせてもらえないで寂しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分たちは、仮面夫婦?たがいに本音を言えず、関係性が薄い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
第三子を妊娠したが、経済的、体力的な問題から、中絶を考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子なし専業主婦をしていたら、夫が文句を。家事もしてたのに…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。