問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

引用元 http://onayamifree.com/threadres/1826701/

 

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

 

通行人(36♀匿名)

 

 

元々無気力なとこがある息子なのですが
夏休みに入って毎日ずっと家に引きこもってます

 

友達が少ないのは知ってましたが、、さすがに夏休み入って1度も友達と遊んでいないのは心配で…?? 学校の行き帰りも1人です。

 

いつも1人で家でゲームかテレビばかり。同じようなお母さん方いますか?叉は昔はそうだったけど今は大人になってる方とか話聞かせて下さい??

 

心配で胃に穴があきそうです??

 

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.現状では、息子さんは将来、本格的に引きこもりになる恐れがある

一連のレスを一通り拝見し、正直な感想を申し上げると、現在の息子さんは非常に危険な状態にあると感じました。

 

 なにが危険かと申しましと、あなたが危惧されているとおり、息子さんをいまのまま放っておけば、将来、本格的な引きこもりになる可能性が強いということです。

 

 現在、息子さんは小学6年生とのこと。

 

 これは大人への入り口である思春期の、さらなる入り口となります。

 

 よって今後、思春期を引きこもり同然に過ごしてしまえば、それは大人にまで症状をこじらせる可能性があります

 

 そしてある年齢以上になると、もはや矯正不可能ともなりかねません

 

 まず現在における息子さんの精神が、どのように形成されたかですが、これはレス番No.12と、あなたとNo.31のでの、あなたと他の方とのやり取りがすべてです。

 

 もっとも子どもを引きこもりにさせる要因は、母親の過保護・過干渉と父親の無関心にあります。

 

 どうもあなたのご家庭は、失礼ながら両者を満たしておられるようです

 

 くわえてレス番No.38で、あなたご自身が軽い自閉症状があり、さらにあなたは息子さんにも、いわゆる“ボーダー”の可能性を感じていらっしゃいます。

 

 そうしたあなたの先天的な気質を受け継いだ息子さんが、後天的環境により、決定的に自閉的な性質を身につけてしまったと考えるのが、もっとも合理的です。

 

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

 

2.息子さんが現在、危険な状態にあることをまずは直視

次に子どもが、「あまり友だちができない」、「一人を好む」ということ自体は、あまり望ましくはありませんが、それだけで危険とは言えません

 

 それはもちろん、子どもには社交的な子も内向的な子もおり、どちらも子どもの潜在的な性質にすぎないとは、言えるからです。

 

 しかし問題は、お子さんが一人でいるとき、ゲームやテレビにばかり向かっているという事実です。

 

 もちろんお子さんは、ゲームやテレビが大好きで、将来はそうした道に進もうと考えているわけでは、ないでしょう。

 

 お子さんがゲーム・テレビ漬けなのは、単に時間をもて余しており、そうしたテレビやゲームがもたらす刹那的な快楽で、退屈を誤魔化そうとしているだけのようです。

 

 たとえばあるアメリカのIT起業家は、小学校時代からコンピューターが大好きで、学校もいかずに機械ばかりいじっていたそうです。

 

 このケースであれば、彼はたとえ学校に行かなくても、彼の取り組んでいることは、確実に将来の職業へと直結しています。

 

 したがってこの場合ですと、「学校に行かないこと」、「いつも一人でいること」は、さして問題ではありません。

 

 しかしあなたの息子さんは、ハッキリと申し上げれば、人生そのものをもて余している状態ですので、たいへんに危険です。

 

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

 

3.息子さんには、「自分の人生を生きる」という発想自体がない

ここから、息子さんにはスッポリと自分の人生を生きる」という発想自体が欠落しているのは、確実です

 

 息子さんがそうなった原因はやはり、あなたに過保護に育てられ、ご主人には放っておかれたからです。

 

 息子さんはいうなれば、運動会の見学席でずっと大会を見物しているだけの「お客さん」です。

 

 よって彼にはもちろん、「自分も運動場のグラウンドで、競走しなければいけない」という発想は、まったくありません。

 

 ただただ目の前で他の人が走ったり踊ったりしているのを、見ることだけが息子さんの人生なのです。

 

 したがって息子さんをその環境に放置しておけば、当然ですが息子さんはそれ以上、変わることはあり得ません。

 

 よって、息子さんをなんとかしたいのであれば、あなたとご主人がチカラを合わせ、息子さんに“人生”を教えるしかありません

 

 これを「大変だ」とか、「面倒くさい」などと考えてはいけません。

 

 というのは、いまから手を打たねば、あなた方は息子さんを一生、引きこもりとして養わなければならなくなる可能性があるからです。

 

 そうした問題に対処できる医師、もしくは施設は、ネットで検索すれば見つかるので、そうしたところから指示を仰ぐのもいいでしょう。

 

 しかしもちろん、おカネを払ってそうした人たちに息子さんを預ければ、もうおしまいというワケにはいきません。

 

 あなたとご主人は、息子さんの保護者として、やるべきこと、できることは多々あります

 

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

4.あなた方夫婦が変われば、息子さんも変わる

まずあなたご自身も、人間づきあいはそれほど好きではないようです。

 

 しかし今回のことを契機に、あなたご自身も少し、社交的になる訓練をしてみれば、どうでしょう?

 

 たとえば、あなたがお好きなものに関する会合などに出かけ、興味をおなじくする人たちと交わってみる、等です。

 

 そうしてその楽しさを、息子さんに伝えるのです。

 

 あるいはご主人を説得し、休みの日はご自分の仕事がいかにやり甲斐があるか、人の役に立っているかを語ってもらいます

 

 ウソでもいいからそうして息子さんに、「人生とは、生きるに値する楽しいところ」ということを信じさせるのです。

 

 それにより息子さんが少しでも現実社会に関心をもてば、あなたやご主人もまた、ご自分の生活や仕事に誇りをもてるようになるでしょう。

 

 そうすればまずます、息子さんとのコミュニケーションも盛り上がるようになるので、これはあなた方一家に望ましい循環をもたらします。

 

 またあなたは、もしかして息子さんになにか習い事等を強制的にさせることも、考えていらっしゃるかもしれません。

 

 そうした試みは、たしかにうまくいくこともありますが、しかし本人にその対象への関心がなければ、当人にとっては苦痛でしかありません。

 

 ともかくも現在の息子さんにとって最重要なことは、あなたやご主人からの直接的な愛情や指針を、やさしくも厳しくあたえることです。

 

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

 

5.「自分は家族の一員」という意識はいつか、「自分は社会の一員」という自覚へ転化する

次に大切なことは、息子さんにどのようなカタチあれ、“労働”の概念を直接的に植えつけることです。

 

 「人間とは、働かなくては生きていけない」という、あまりにも当り前のことを、息子さんに教えねばなりません。

 

 そのために息子さんには、ある程度強制的でもいいので、できうるかぎり家事をさせましょう

 

 これについて息子さんが不平を述べるようであれば、あなたとご主人と息子さんの分担制でもかまいません。

 

 そうして息子さんに“労働”を教えるのです。

 

 「あなたがしてくれなければ、この家は成り立たないのよ」ということを、ウソでもいいから息子さんに伝えましょう。

 

 そのようにたとえ最初はイヤイヤでも、息子さんには家事をさせるべきです。

 

 そうするとやがて彼には、「自分は家族の一員で、自分の仕事が家族の役に立っている」という実感を抱くようになるはずです。

 

 するとその意識は次に、「自分は社会の一員なのだから、社会で自分の居場所を確保する」という意欲へと転化していきます。

 

 そうなれば少なくとも、息子さんは現在の無気力な状態からは、脱することができるようになるでしょう。

 

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

 

6.息子さんを「お客さん」あつかいせず、可能な限り大人として接する

 次に、もしあなた方一家が旅行や行楽に出かけることがあれば、それを単純な娯楽にはしないことです。

 

 このときも可能な限り息子さんを「お客さん」あつかいせず、なるべく大人として接するようにしましょう

 

 たとえば旅行なら、スケジュールや段取り、交通券の手配などは、すべて息子さんに一任する等です。

 

 そうして息子さんが、そうしたことをうまくやれたら、盛大にほめてあげましょう

 

 またここで重要なことは、結果ではなく、息子さんの過程での努力や意欲をほめることです。

 

 そうしたものをあなた方ご両親に認められるようになればその気持は息子さんをさらに成長させます

 

 あるいは上記のようなことをしても、どうしても息子さんが変わらないようであれば、山村留学やフリースクールに転校させることも、選択肢に入れればいいでしょう。

 

 どんなことであれ、息子さんが関心をもち、生きる意欲を抱くようになれば、あなた方はそれに協力してあげるようにすればいいのです。

 

 くわえて息子さんには、同年代だけではなく、大人、先輩、後輩などとも交流がもてるような場をあたえることも、重要となってきます。

 

 さまざまな世代の人と直接に触れあい、生きることを教わり、場合によっては人に教える環境をあたえてやれば、息子さんはきっと変わってくるでしょう。

 

 そのために、息子さんをじょじょに人間関係が濃密な場に置く必要があります。

 

 だからこそ、そうした場を息子さんに提供できるようにするため、あなたやご主人もまた、ある程度は社交的になる必要があるのです。

 

 なぜなら、子どもは親の背中を見てしか育たないからです。

 

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が自殺し、後悔の念にさいなまされている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子に絶縁宣言された。自業自得だが、悲しくて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
実父から性的暴行を受け、なにも行動できない女子高生
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
私はいらない子? 親からの虐待・差別に苦しんでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻がうつ病で、なにも家事ができない。自殺の可能性もある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は母親失格? 子供なんか、産まなきゃよかった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
AV出演という、妻の秘密を知ってしまった。離婚すべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちを元夫にとられた。理由は生活のため、夜も働いていたから
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
通常、家族旅行の頻度は?おカネと体力の問題で、あまり行けない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻に浮気され、離婚を切り出された。離婚は避けたいが、どうすれば?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
厚かましく非常識な義両親が大嫌い。会いたくない、来てもらいたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもが姑に甘えて懐きすぎ。とられてしまうかと不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
優しく成績優秀な娘が、突然の妊娠、デキ婚。ショックで裏切られた気分
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
金遣いが荒い夫のせいで、貯金できない。自分も働けず将来が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分をイジメてきた義両親の老後介護は、絶対にしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子夫婦と孫と同居したいが、どう説得すればいいか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
わが子を愛せない。相性や発達障害が原因で、育児がイヤになった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
求職中でギャンブル依存症の夫が、わずかな所持金で行方不明
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
長男嫁に嫌われた?ずっと孫に会わせてもらえないで寂しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分たちは、仮面夫婦?たがいに本音を言えず、関係性が薄い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
第三子を妊娠したが、経済的、体力的な問題から、中絶を考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子なし専業主婦をしていたら、夫が文句を。家事もしてたのに…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。