問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり

引用元 http://onayamifree.com/threadres/2305583/

 

 

めかぶ(25♀u3uPCd)

 

長文になります。すみません。

 

今年で母を亡くして5年目になります。

 

正直全く心の整理がついておらず
どうして良いか悩んでいます。

 

母親を亡くしたという事に蓋をして
5年間過ごしてきました。

 

 

最初は仏壇に手を合わせ
当たり前なことをしていましたが
毎日毎日仏壇をみると泣いてしまい
このままでは生きて行けないと感じ
目を背けるようになりました。

 

 

今でもふと母親のことを思い出し
後悔や色々な感情になり
月に2回ほど泣いてしまいます。

 

死にたくもなります。

 

気が向いた時、何とかなる時には
仏壇のお掃除や御線香をあげます。

 

本当は毎日すべきですが気持ちが持ちません。

 

 

ここ最近は周りが結婚や出産と
色々な話を聞くと
母親がいない事が
悲しくなってしまいます。

 

友人は勿論悪気なんてありませんが

 

里帰り出産するんだ?
でも母親がいたらいたであれこれ言われて
煩くて?

 

など言われると勝手に落ち込んでしまいます。

 

また、お通夜などに行くと
母親の葬儀を思い出し
不謹慎ですが故人ではなく
自分の母親を思い出し号泣してしまいました。

 

親戚には会うたび

 

もう何年たつんだね?
お母さんいないけど頑張ってる?

 

など、母親のことを言われるので
祖父母のお葬式には出ないつもりでいます、、。

 

実際お通夜に参列した後
3日ほど体調が悪く
仕事を休んでしまいました、、、。

 

 

こんな状態で私は大丈夫なんだろうかと不安です。

 

母親が亡くなってからは
それだけが理由ではないと思いますが
胃痛、下痢、耳鳴りその他身体の不調があります。

 

婦人科の病気も見つかり
何で自分ばかりとマイナス思考になります。

 

 

情緒不安定で
友人に不快な思いをさせてしまうことも多く
だいぶ減ってしまいました。

 

そんな中数少ない友人を大事にしたい反面
幸せな話を聞かされると羨ましくて悲しくなって
本当に私は性格が悪いです。こんな自分が恥ずかしいです。

 

心療内科に行くことも考えましたが
結局は自分の気の持ちようといいますか
自分が変わらなくてはいけないのはわかっています。

 

母親は鬱でしたが
私が一番の理解者だったはずなのに
私もまだまだ子供で
どうして私だけ、うちの家族だけこうなんだ

 

と母親を突き放してしまっていました。

 

死ぬ前に父親と大喧嘩をしており
父親に捨てられたら生きて行けないと話す母を
懸命になだめましたが
結局は遺書を残して死んでしまいました。

 

私には謝りの手紙。父親には捨てられたら生きて行けない。

 

どうしてもあの大喧嘩が原因だと思ってしまい
父親を許せません。

 

母が亡くなって一年足らずで
再婚しようと婚活していたのも許せません。

 

自分自身も許せませんし
父親も許す事ができません。

 

 

私が悪いのでしょうか。

 

時間が解決するんだと思っていましたが

 

もう五年も経つのに全くです。

 

先日彼のご両親にお会いし
彼がいかに大事に育てられたか
幸せな家庭なのかが伝わり
羨ましくて
悲しくなってしまいました。

 

乱文ですみませんでした。

 

自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり

自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.長すぎる悲しみの根因は?

 たしかに肉親の死は、悲しいものです。

 

 それをお若いときに経験されると、なおさらでしょう。

 

 ところが、あなたの文章を拝見して、何点かひっかかることがありました。

 

 まずはお母様の死より、5年も経っているとあります。

 

 これはたしかに、あなたご自身が述べていらっしゃるように、期間が長すぎます

 

 しかも、いまだ悲しみがまったく変わらないというのは、失礼ですが、やや異常です。

 

 さらにあなたの、25歳という現在の年齢です。

 

 これは、お若いことには、違いありません。

 

 しかし世間で25歳といえば、すでに親から精神的にも経済的にも、自立をしていて当然と思われる年齢です。

 

 つまり元来なら、あなたの年齢では、親はいなくても生きていけると、社会的には思われているのです。

 

 それなのにあなたは、お母様を亡くされた5年前から、まったく前に進めないとおっしゃる。

 

 くわえて、精神のみならず肉体にもさまざま変調があるとのこと。

 

 これはいったい、どういうことでしょう?

 

 あなたの現在における精神状態のカギは生前のあなたとお母様の関係、
およびお父様の存在が握っているのでは
、と考えます。

自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり

自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

2.女性版のエディプス・コンプレックスか?

 これはすでに、何度も述べていることですが、人はどんなひどい過去であれ、それが「現在の自分」に関与がなければそれを引きずることはありません

 

 ここを逆に言うならば、5年前におけるお母様の自死が、現在のあなたに重要な影響をおよぼしておりそれがいまだ解決できないでいることを、意味します

 

 では、その未解の問題とは、何でしょう?

 

 これはまずはじめに、あなたはお母様の生前に、お母様、お父様、両者から充分な愛情を受けないまま、いてしまったのではないでしょうか?

 

 人間、および生命体にとって、“”とは、過酷な社会や自然を生き抜くためあたえられる、報酬であり、エネルギー源です。

 

 よって、これが不足すれば、人はきまって無気力状態となります。

 

 またそれだけではなく、心身にさまざまな疾患が現われます。

 

 まずあなたのお母様は、生前にうつ病を患っておられた、とあります。

 

 ならば、お母様はたとえあなたを愛していたとしても、現実にはご自分のこと、ご主人のことで精一杯でそれをあなたに伝えられなかったのでは、ないでしょうか?

 

 また、お母様とお父様は、日ごろの関係はわかりませんが、ある日、大げんかをしたとあります。

 

 さらにあなたから見れば、それがお母様の自死につながったとしか、思えないと、述べられています。

 

 以上の点から考えられるのは、あなたはご両親から、これから生きていくにあたり、不可欠な愛情を注がれないまま成人になってしまったのではないかということです。

 

 および、あなたとお母様は家庭内にあり、「横暴なお父様」に対抗するための、同志的感情を、共有していたのでは、ありませんか?

 

 そう考えると、あなたがいまだにお母様の死を克服できずに、かつお父様を憎む気持ちも、理解できます。

 

というのは、あなたはやや情緒が不安定とあるので、そうした気質は、うつ病であったお母様に似たものだったと、考えられるからです。

 

 そうした「似たもの同士」が、自分たちを蔑ろにする相手に、共通の憎しみをもつのは、きわめて自然なことです。

 

 もしそうだとすれば、あなたにとってお父様とはお母様という同志を奪い、かつあなたを顧みることがなかった”となります。

 

自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり

 

 また、子どもだったころのご自分が、“同志”である母親を「突き放してしまった」のも、悔いが残るでしょう。

 

 こうした諸事情が、現在における、あなたのさまさまな不具合の原因になっていると考えれば、筋は通ります。

 

 だからこその、以下の言葉でしょう。

 

 

>自分自身も許せませんし
>父親も許す事ができません。

 

 

 および、あなたの心に愛情が欠落していると思われるのは、以下の叙述からです。

 

 

>先日彼のご両親にお会いし
>彼がいかに大事に育てられたか
>幸せな家庭なのかが伝わり
>羨ましくて
>悲しくなってしまいました。

 

 

 この感情はもちろん、ご自分の置かれた環境と比較した結果、現れたものでしょう。

 

 ならばこれほど、あなたの現状を表現しているものは、他にないと考えます。

 

自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり

 

3.人間とは、「愛の不在」を自力で克服できる存在である

 前述したとおり、人間は基本的には、充足した愛をあたえられなければ生きていけない生物です。

 

 しかしまた同時に、人間には“自由意志”がそなわっており、これは他の動物には、ないものです。

 

 そして人間は“自由意志”により、「愛の不在」さえも、自力で乗り越えられるのです。

 

 まず「愛がない状態」とは、「心が飢えている」ことを指します。

 

 ところが人間は、「自分で自分の心に、愛を注ぐこと」、あるいは「自分の心を、自力で豊かにすること」が、可能です。

 

 一般に“教養”、“自己修養”などを積むことで、人は自身の心を豊かにできます。

 

 そこから、ご自身の趣味などを向上させるのも、いいでしょう。

 

 ところがあなたには、幸いなことに、円満な関係を維持している彼氏さんがいると、おっしゃいます。

 

 しかも彼氏さんの家庭は、幸せそのものとのこと。

 

 これはじつに、すばらしいことです。

 

 「言ったら引かれてしまうんじゃないかと」などとおっしゃらずに、機会を見計らい、少しずつ彼氏さんにご自分の悩みを打ちあけるべきです。

 

 一般に男とは、親密になった女性が不幸に苦しめられているほどに自分が、なんとかしてやろう」という保護本能が、はたらくものです。

 

 もちろん、彼氏さんからの歓心を引こうとする、露骨な「不幸自慢」では、引かれるだけでしょうが。

 

 しかし愛に恵まれて育った彼氏さんならあなたのその境遇を、理解しようとつとめると思います。

 

 そうしてあなたは、彼氏さんをより大切にすることで、「愛すること」を学べばいいでしょう。

 

 またそんな彼氏さんは、なおさらにあなたに愛情を注ぐことでしょう。

 

 くわえて、彼氏さんのご家族とも、もっと親密にすればいいと考えます。

 

 あなたが心を開けば、彼氏さんのご両親は、あなたを実の娘さんのように、可愛がってくれるかもしれません。

 

 辛いことでしょうが、現在のあなたがすべきことは、以下の2点です。

 

 まずはご自分の心が、「愛の不在」により乾いていることをご自分で認めること

 

 次に、ご自分の行動により、自身の心に実りと潤いをあたえるようつとめることです。

 

 それができたとき、あなたは他者をも救える人に、なれているかもしれません。

 

自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり

自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり

自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が自殺し、後悔の念にさいなまされている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子に絶縁宣言された。自業自得だが、悲しくて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
実父から性的暴行を受け、なにも行動できない女子高生
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
私はいらない子? 親からの虐待・差別に苦しんでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻がうつ病で、なにも家事ができない。自殺の可能性もある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は母親失格? 子供なんか、産まなきゃよかった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
AV出演という、妻の秘密を知ってしまった。離婚すべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちを元夫にとられた。理由は生活のため、夜も働いていたから
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
通常、家族旅行の頻度は?おカネと体力の問題で、あまり行けない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻に浮気され、離婚を切り出された。離婚は避けたいが、どうすれば?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
厚かましく非常識な義両親が大嫌い。会いたくない、来てもらいたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもが姑に甘えて懐きすぎ。とられてしまうかと不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
優しく成績優秀な娘が、突然の妊娠、デキ婚。ショックで裏切られた気分
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
金遣いが荒い夫のせいで、貯金できない。自分も働けず将来が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分をイジメてきた義両親の老後介護は、絶対にしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子夫婦と孫と同居したいが、どう説得すればいいか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
わが子を愛せない。相性や発達障害が原因で、育児がイヤになった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
求職中でギャンブル依存症の夫が、わずかな所持金で行方不明
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
長男嫁に嫌われた?ずっと孫に会わせてもらえないで寂しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分たちは、仮面夫婦?たがいに本音を言えず、関係性が薄い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
第三子を妊娠したが、経済的、体力的な問題から、中絶を考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子なし専業主婦をしていたら、夫が文句を。家事もしてたのに…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。