問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち

発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち

引用元 http://wailing.org/katei/read.cgi?no=6097

 

発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち

 

名前: 困ってます

 

 

昨日から突然、83歳の母が「死んだ死んだ、兄が死んだ」と叫び始め、
一人で勝手に葬式に参列する準備を始めました。


確かに一人87歳の兄が近くに住んでいます。しかしとても元気で、
いつもにこにこしていますし、みんな遊びに行くくらいいい人なのです。

 

それなのに、認知症でもないのに(検査済み)、いきなりそう叫びだし、まったくきかないので、
車に乗せて叔父の家に行き、元気な姿を実際に見せました。

 

そうしたら納得はしたのですが、今度は私の、姉の悪口ばかり言い始め、虐待されただの、
早く死ねと言われただの、叔父の死を吹き込まれただのと、ありもしないことをしゃべりだし…。

 

もう悲しくて悲しくて泣きながら帰ってきました。

 

自分の世界に入り込んでいます。

 

もう年齢だからとあきらめたほうがいいのでしょうか。

 

どう接すればいいのかわかりません。

 

発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち

発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.お母様はほんとうに、発狂しているのか?

 その後の、あなたのレスを拝見しました。

 

 お母様は、とりあえず精神病棟に入院させたとのこと。

 

 また、お医者さんには、お母様は認知症ではなく、重度のうつ病と診断されたとあります。

 

 その際に、お医者さんはこう述べたと書かれています。

 

 

>「話を聞いてると、あなたはすぐに人のせいにしたがる、現実から逃避しようとしてい?>る。自分のことしか考えていない。つまり依存が強すぎるために、こうなった」

 

ここからピンと来たのですが、まずお母様はほんとうはうつ病ではなく、「かまってもらいたい病」なのではないかと、思いました。

 

 まず第一点、実際に狂っていたり痴呆が進行していたりすれば合理的な判断は下せません

 

 ところが現実のお母様は、「兄が死んだ」と大騒ぎしながらも、その兄が生きている姿を見せれば、「兄は死んでいない」ということを、認めたとあります。

 

 痴呆症にせよ統合失調症にせよ、症状が重篤になれば現実と空想との見分けがつかなくなります

 

 ところがお母様は、「生きている兄を見て」、「兄が死んでいないことを理解した」のです。

 

 さらには、あなたはレスのなかで、こんな話も述べていらっしゃいます。

 

 お母様は家にいるとき、みなのスキをついて、家のカギを開け、外へ逃げていったと。

 

 これらの点は充分に、お母様には理性的な判断能力と知性があることを、示しています。

 

 またお母様を入院させた折には、お母様は病院にいたがり、家には帰りたがらなかったとも、あります。

 

 この点などを見れば、もちろん病院にいたほうが、看護師さんや介護士さん、およびお医者さんなど、自分を「かまってくれる人」が、家にいるよりも多くなります。

 

 さらにはお母様のご発言は、姉の悪口、自分が虐待されている、暴言を浴びせられた等、ありもしないことだらけです。

 

 お母様の言動は、つねにこうした被害妄想的な様子であり、その都度、まわりの第三者がお母様を、「かまわざるを得なくなる」ものばかりです。

 

 また前述したようにお医者さんは、お母様を「依存が強すぎるため、こうなった」と診断したとあります。

 

 以上の点から考えられることは、次のようなものです。

 

 まずお母様の精神はたしかに、病的状態にはある。

 

 だがそれは、認知症ではなく、「かまってもらいたい病だ。

 

 その理由は、自分は高齢になり子どもたちも独立したため、もはや自分の存在意義が見出だせなくなった。

 

 こうした場合、人に迷惑をかけることを恐れる真面目な人は、自分のカラに閉じこもりうつ病になるケースが多い

 

 ところがお母様は逆に、お医者さんが指摘するように、他者依存的な性格である。

 

 よってお母様は無意識的に、あるいは場合によっては意識的に、「ボケ」を装って、まわりの人間から、注意を引こうとしている、というものです。

 

 以上の説はたしかに断定はできませんが、合理的に判断すれば、これ以外に考えられません。

 

 また認知症にせよ、うつ病にせよ、本当にかかったのであれば通常ならば、精神や身体の活動は、おおいに低下するはずです。

 

 しかしそれにしてはお母様は、あまりにも元気すぎます

 

 よってお母様の症状は、最近よく言われる、「新型うつ病」に近いものではないかと、思われます。

 

 つまり、たとえそれが意図的ではなくとも、自分の都合の悪いときだけ「病気」になり、必要があれば、いつでも「元気」になれるというものです。

 

 こうした性格のあり方は、一種の人格障害のようです。

 

 とりあえずそうした前提で、今後、あなた方がどうするべきかを、考えます。

発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち

発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

「かまってもらいたい病」患者との、つきあい方

 この場合、まず最優先事項はあなたや周囲の人たちの生活を守ることにあります

 

 まずお母様は精神の依存症なのですから、むしろ、かまえばかまうほど、要求がエスカレートする可能性があります

 

 それに振りまわされ、ご自身の健康や生活が脅かされることになるほど無為なことはありません

 

 なぜならお母様のような人は、他人を自分のレベルにまで引きずり下ろし軽い満足を覚えるタイプだからです。

 

 よってお母様の要望を無際限に受け入れることは、まさに「百害あって一利なし」です。

 

 というのは、そういう人は自分を甘やかす環境に対して際限なく適応してしまうからです。

 

 つまりお母様を、「かわいそうな病人」としてあつかっていると、彼女はほんとうに真性の精神病にかかってしまうかもしれないのです。

 

つまりは現状どおり、お母様を甘やかすのはお母様をふくめたすべての人を不幸にする、ということです。

 

 ですからお母様には、たえず一定の距離を取ることです。

 

 どうしても助けが必要な場合と、そうではなく、明確に本人の「甘え」であることを区別し、後者の際には、勇気をもって拒絶することです。

 

 もちろん、そんなお母様であれば、自殺をほのめかすことくらいは、平気でするでしょう。

 

 しかしその際にも、最低限の相談にとどめ、必要以上にかまわないことが、重要です。

「世話」と「甘やかし」に、明確な線引きを

 要は、お母様に対する「世話」と「甘やかし」に明確な線引きをし、今後は「甘やかし」には一切、対応しないと、つよく表明することです。

 

 そのことは、お母様にしっかりと言明しておきましょう。

 

 お母様には、それを理解する能力があるはずです。

 

 またそうした点は、ふだんから行動と態度により、毅然と示す必要があるでしょう。

 

 くわえてお母様のような人ほど、「人にかまってもらう」という前提で、「どうしても生きていたい」のです。

 

 絶対に自分からは、「死にたい」とは思いません

 

 しかしお母様のことですから、「自殺するフリ」を見せるだけのつもりで、「ほんとうに死んでしまう」こともあるかもしれません。

 

 ですが、たとえそうなったとしてもあなたに一切の責任はありません

 

 むしろあなたは、そんなお母様に振りまわされ続けた、被害者です。

 

 だとすると、お母様こそ、加害者ということになります。

 

 これは脅迫犯が、被害者を脅かすつもりで、勝手に自爆したのとおなじことです。

 

 「最悪の事態」となっても、だれのせいでもありません。

 

 本人の責任です。

 

 ただあなたはこれまで、すでにそんなお母様の「瀬戸際外交」に応じ、お母様の要求を呑み続けた実績があります。

 

 この点から、お母様との距離の取り方は慎重に、少しづつおこなうべきでしょう。

 

 くれぐれもお母様一人のために、ご自分やご家族の生活や人生が、破壊されることだけは、ないようにしてください

発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち

発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が自殺し、後悔の念にさいなまされている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子に絶縁宣言された。自業自得だが、悲しくて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
実父から性的暴行を受け、なにも行動できない女子高生
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
私はいらない子? 親からの虐待・差別に苦しんでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻がうつ病で、なにも家事ができない。自殺の可能性もある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は母親失格? 子供なんか、産まなきゃよかった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
AV出演という、妻の秘密を知ってしまった。離婚すべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちを元夫にとられた。理由は生活のため、夜も働いていたから
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
通常、家族旅行の頻度は?おカネと体力の問題で、あまり行けない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻に浮気され、離婚を切り出された。離婚は避けたいが、どうすれば?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
厚かましく非常識な義両親が大嫌い。会いたくない、来てもらいたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもが姑に甘えて懐きすぎ。とられてしまうかと不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
優しく成績優秀な娘が、突然の妊娠、デキ婚。ショックで裏切られた気分
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
金遣いが荒い夫のせいで、貯金できない。自分も働けず将来が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分をイジメてきた義両親の老後介護は、絶対にしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子夫婦と孫と同居したいが、どう説得すればいいか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
わが子を愛せない。相性や発達障害が原因で、育児がイヤになった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
求職中でギャンブル依存症の夫が、わずかな所持金で行方不明
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
長男嫁に嫌われた?ずっと孫に会わせてもらえないで寂しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分たちは、仮面夫婦?たがいに本音を言えず、関係性が薄い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
第三子を妊娠したが、経済的、体力的な問題から、中絶を考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子なし専業主婦をしていたら、夫が文句を。家事もしてたのに…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。