問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

引用元 http://onayamifree.com/threadres/2131654/

 

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

 

悩める人(匿名)

 

 

旦那の怒鳴りに耐えられず、出ていけと言われた後、
荷物をまとめて実家に逃げました。

喧嘩の発端は私でしたが、謝っても到底許してもらえず、
数日先の旅行や子供の1歳の誕生日イベント(お店を予約していました。)もキャンセルされました。

 

あんたのせいだよ と言われました。

 

 

次の日になったら怒りが増幅していて、鬼の形相で、金目のものは全て置いて出て行け、お前の両親から電話よこさせろ、
クズな娘を育ててすいませんと詫び入れさせろという罵声。

 

(私が片付けなど、家事全般が苦手です。親の育て方が悪い、
などと以前から言われていました。)

 

子供連れて帰っていいけど親権は絶対に渡さないからな!と言われたので、私も渡さないから!と言ったら、
なんだと?この野郎、ムカつくな!人を馬鹿にしやがって…消えろよ!とものすごい大声で怒鳴りつけられました。

 

もう命の危険さえ感じました…。

 

明日出て行け!と言われました。

 

 

その後、旦那が会社に行ったので、すぐに実家へ連絡し、
荷物まとめて帰る旨伝えました。

 

義母からも連絡がありましたが、かけ直しませんでした。

 

その後、旦那から電話があり、もう今日帰れよ!と言われ、はい…。と返事をして、すぐにダンボールを購入し、手当たり次第荷物を詰め込み、
念のため警察署へ出向き、今までの旦那からの暴言を相談し、鉢合わせするようなら警察に連絡するように、と言われました。

 

旦那と義母からものすごい着信がありましたが、
途中で電源を切り、黙々と作業しました。

 

義母からは家電にも連絡があり、突然の事で驚いています。

 

初心に返って3人で仲良く…など留守電に入りましたが、無視しました…。

 

旦那からも家電に優しい声で電話に出てくださいとありましたが、無視しました。

 

宅急便を呼んで荷物を送り、電車に飛び乗り、これで自由だ!と思いました。

 

実家の両親にも旦那や義母からの着信があったみたいですが、全て無視したそうです。

 

 

私の両親、兄弟は弁護士を立てて離婚した方がいい、と言っています。

 

私はとりあえず別居し、離婚を最終的にしたい、と思っています。

 

あんなに罵倒されたのに、旦那に対して制裁できない自分がいます。
情けないです。

 

旦那からはメールで、謝罪やきちんと治療するから良くなったらまた3人で暮らしたい、
としおらしいメールが来ました。

 

どう思っているの?離婚を考えているなら早く決着をつけた方がいいとも書いていました。

 

 

優しくなるのがモラハラの常套手段なんだと思いますが、
私も3回に1度はメールを返信してしまいました。
(同じ事の繰り返しになっているので少し距離を置いた方がいい、などと返信しました。)

 

 

実家では父親にメールを返信したことを怒鳴られ、
(反射的に怒鳴らないでよ!怖いよ!と泣いてしまいました)
孫が来て嬉しい感じの母親にイライラしてしまいます…。

 

旦那の話をすると怒る父親が旦那の怒り方に似ていて少し父親が怖いです。

 

決して戻りたい訳じゃないのにこんなことになった事に泣いて、
昔の優しい旦那を思い出して気持ちが暗く沈んだり子供の相手ができなかったり…。

 

離婚する!と考えていたのに、いざその局面になると尻込みしています。

 

どうしたら気持ちを切替できるのでしょうか…。

 

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.今回の件ではみながみな、刹那的で自己中心的

あなたは当スレを立てただけで、それ以外のレスを投稿していないため、当件にかんしてはたいへんに情報量が少ないです。

 

 しかし私が思ったことは、今回の件における登場人物が、みながみなご自分のこと、および現在のことしか考えておられないな、ということでした。

 

 これはあなたも、ご主人も、あなたのご両親、および義母すべてに当てはまることです。

 

 そうしてみなが「現在の自分の都合」ばかりを主張するため、当然に言動がつねに感情的になりその結果、問題解決の糸口が見えないようになってると、感じました。

 

 まず、たしかにご主人の怒り方は尋常ではなくこれではお嫁さんであるあなたも、実家に帰らざるをえないだろうな、とは思います。

 

 しかし彼がそこまで怒ったのは、これまで過去にもあったことなのでしょうか?

 

 どうも私から見れば、それまで彼のなかで積もりに積もった、あなたへの不満」が、大爆発したように見られます。

 

 またあなたご自身も、「喧嘩の発端は私でしたが」と、認めていらっしゃいます。

 

 くわえて前述したように、あなたはスレを立ててご自分のご不満をそこにぶちまけ、ご自分にレスをくれた人に返事もせず、いなくなりました。

 

 こうしたところはあなたの、やや自己中心的な性格が現れているとは、いえないでしょうか?

 

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

 

2.みながみな、感情と自己都合だけで行動している

そうしたわけであなたは、おそらくふだんから感情で行動される方なのでしょう。

 

 それにくわえ現在では、ご主人との関係悪化という事態が重なったため、あなたはますます感情的になっておられます

 

 よって、そこからは冷静な判断など、生まれようがありません

 

 ともかくあなたは、「現在の感情」ではなく、「未来の損得」から、モノ事を判断しないことには、まったく成長できないし、いつまでもおなじ過ちをくり返すと思います。

 

 まずあなたは、「家事全般が苦手」と、おっしゃっています。

 

 このあたりはあなたの、万事にわたり場当たり的な性格を象徴しているように思います。

 

 さらにあなたは、お子さんを連れてご主人宅から出ていき、電車に飛び乗った際に、「これで自由だ!」と思ったとあります。

 

 この点などもまた、あなたの刹那的な性質が現れていると感じます。

 

 なぜならそのときあなたは、ご自分やお子さんの未来に思いを寄せるでもなくただ現在、「解放された」と喜ぶばかりだからです。

 

 くわえてあなたは、以下のようにもおっしゃいます。

 

 

>あんなに罵倒されたのに、旦那に対して制裁できない自分がいます。情けないです。

 

 

 ここも、モノ事をすべて感情によってでしか判断できない、あなたの性格が表現されていると見るべきでしょう。

 

 さらにはあなたのお父さまも「反射的に怒鳴る」、お母さまも「孫が来て嬉しい感じ」と、全員が感情的で、自己都合しか考えていないように見えます

 

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

 

3.2冊のノートに、今回の件やあなたの結婚生活の全体像を書き込む

さらにはご主人や義母も、どちらかといえば、あなたの感情に訴える方法で謝罪をよこしており冷静な議論というものは、あまり期待できそうにありません

 

 そこから私は、あなたが現実にご主人と離婚するかどうかは置いといて、当件については、第三者に介入してもらい、客観的な意見を聴くことが不可欠と考えます。

 

 よってその第三者が、あなたのご両親やご兄弟が主張される、弁護士ということでも、いいと思います。

 

 あるいは、あなたがご主人と結婚された際の仲人のような人がいたならば、あなたとご主人一家のあいだに入ってもらえば、いいとも考えます。

 

 ともかくも、現在の怒りにまかせて行動を起こせばあなたが未来においてほぼ確実に後悔する結果しかもたらさないであろうことは、目に見えています

 

 そこからあなたは、離婚調停に入る前に、「自身の客観化」というものを図る必要があると思います。

 

 ご自分の言動をとにかく、冷静にふり返ってみないことには、自分の非はもちろんですが、相手の非も正しくは見えてきません

 

 そこであなたが、どうすればいいかです。

 

 まずあなたは、厚めのノートを2冊、用意します。

 

 まず1冊目には、今回の件についての反省を書きます。

 

 それは3部構成となっており、1部ではあなたの主観を一切交えない客観的事実だけを2部では、ご主人の主張を、そして3部では、あなたの気持ちを書きます

 

 さらに次には、2冊めのノートに、結婚されてからこれまでのことを、上記同様の3部構成で記します

 

 その作業が完成したら、あなたはそのデータを許にして、あなたと一緒にいたときのご主人の気持ちについてよく思いを馳せるといいでしょう。

 

 そうすることによりはじめて、あなたは今回の件の全体像、およびあなたが今後、どうするべきかの指針が見えてくると思います。

 

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

 

4.あなたに必要なのは、自制心と、他者との協調性

 また一般論的に申すなら、あなたにとってより重要なことは、あなたの都合以上に、お子さんの今後についてです。

 

 あなたがお子さんに対し、まったく愛情がないなら別ですが、あなたはたとえ、売り言葉に買い言葉であろうとご主人に向かって、「親権は渡さない」と、おっしゃっています。

 

 ならば少なくともあなたには、お子さんを幸せにし、まともに育てる義務があります

 

 それに当たり、もしあなたが離婚され、お子さんを実家で育てる場合の問題点を、よく考える必要があります。

 

 その第一点はもちろん、あなたに経済力があるかとどうかいうことです。

 

 しかしそれ以上に、あなたの実家ははたして、子育てにふさわしいところかということも、よく検討されたほうがいいでしょう。

 

 というのは、失礼ながらあなたもご両親も、感情的で刹那的な人たちです。

 

 そうした大人たちに育てられた子どもが、はたして将来、幸せになれるかということも、考慮する必要があると思います。

 

 よってあなたは、「自分の行動をよく反省し、自分を成長させる」、「他人との折り合いをつける」ということができるようにならなければいけません。

 

 上記のことができないかぎりは、あなたはたとえご主人と離婚しても、しっかりと生きていくことはできないでしょう

 

 くわえてご主人とヨリを戻すにしても、再度似たような騒ぎを起こし、ご主人とは良好な関係性を維持できなくなるでしょう

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

5.夫婦関係を再構築するのなら、約束事を明文化する

 次にあなたは、ご主人と結婚されたときは、どういう未来を築きたいと思っていたか、思い返す必要があります。

 

 失礼ながらあなたのことですから、「深く考えていなかった」ということも、アリでしょう。

 

 しかしながらこれからのあなたは、キチンと未来を想定しながら、現在の行動に移すという必要があると考えます。

 

 よって今回の件は、あなたが大人の女性になるためのトレーニングとして起こったと考えれば、あなたご自身も納得がいくのではないでしょうか?

 

 まずは現在のあなたにとって大切なのは、「自分の都合ばかりを考えない」、「他人と折り合いをつける」ことを学ぶことだと思います。

 

 したがって、たとえ離婚が前提であろうと、そうでなかろうと、あなたは今後、ご主人一家と話し合いの場を設けなければならないでしょう。

 

 その際にもし、あなたがご主人との関係を修復されるなら、お二人で共同生活をするにあたっての約束事を、明文化しておけばいいと考えます。

 

 夫婦生活や子育てについて、よくご主人と相談したうえで、おおまかなルールを作成し、それを記録しておくのです。

 

 どちらかがその約定に反した場合は、キチンと反省をまたそれが守れないようであるなら、離婚を考えるという協定を結ぶのは、いかがでしょう?

 

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

 

6.思考と行動を、他人に合わせる訓練を

 さらには、現在のあなたに必要なことは、10年後、20年後のご自分、ご主人、そしてお子さんのあり方を想定して、行動を起こすことです。

 

 そのためにはあなたには、「自分の行動を律する訓練」が必要となってきます。

 

 あなたがご自身の感情と行動をコントロールできるようにするためには、いくつかの方法が考えられます。

 

 まずは、パートなどでもいいから、責任をともなう仕事をまかされ、それを実直に遂行することを重ねるというのも、いいでしょう。

 

 あるいは町内会やボランティア等で、それなりに責任のかかる仕事を、自発的におこなうなどです。

 

 その際にはなに置いても、「相手の立場に立ってモノを考え、行動に移す」ということを心がけることです。

 

 他人の気持ちを配慮して行動できるようになれば、あなたはきっと、良き妻、良き母になれることでしょう。

 

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が自殺し、後悔の念にさいなまされている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子に絶縁宣言された。自業自得だが、悲しくて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
実父から性的暴行を受け、なにも行動できない女子高生
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
私はいらない子? 親からの虐待・差別に苦しんでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻がうつ病で、なにも家事ができない。自殺の可能性もある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は母親失格? 子供なんか、産まなきゃよかった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
AV出演という、妻の秘密を知ってしまった。離婚すべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちを元夫にとられた。理由は生活のため、夜も働いていたから
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
通常、家族旅行の頻度は?おカネと体力の問題で、あまり行けない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻に浮気され、離婚を切り出された。離婚は避けたいが、どうすれば?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
厚かましく非常識な義両親が大嫌い。会いたくない、来てもらいたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもが姑に甘えて懐きすぎ。とられてしまうかと不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
優しく成績優秀な娘が、突然の妊娠、デキ婚。ショックで裏切られた気分
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
金遣いが荒い夫のせいで、貯金できない。自分も働けず将来が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分をイジメてきた義両親の老後介護は、絶対にしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子夫婦と孫と同居したいが、どう説得すればいいか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
わが子を愛せない。相性や発達障害が原因で、育児がイヤになった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
求職中でギャンブル依存症の夫が、わずかな所持金で行方不明
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
長男嫁に嫌われた?ずっと孫に会わせてもらえないで寂しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分たちは、仮面夫婦?たがいに本音を言えず、関係性が薄い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
第三子を妊娠したが、経済的、体力的な問題から、中絶を考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子なし専業主婦をしていたら、夫が文句を。家事もしてたのに…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。