問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい

両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい

引用元 http://kokotomo.com/nayami/%e4%b8%a1%e8%a6%aa%e3%81%ae%e9%9b%a2%e5%a9%9a/

 

両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい

 

Rokuroku

 

 

今月卒業予定の高校生♀18歳です。
両親の離婚が未だにトラウマで、夜眠れません。

 

私の母は3回離婚しました。

 

1回目は私が生まれてすぐに、2回目は私が保育園の時に、
3回目は小学4年の時です。

 

どれも父親の浮気や借金が理由です。

 

最初の離婚は生まれてすぐなので、
覚えておらず正直どうでもいいです。

 

二人目は特にひどい父親でした。浮気に加えて家庭内暴力がひどく、
母も私もよく殴られていました。

 

三人目は一番マシでしたが、母に聞くと束縛とパチンコがひどかったらしいです。

 

そして三人とも共通して浮気をしていました。母もそれに耐えかねて浮気していました。

 

そして高校生の今、父親はいません。欲しいとも思いません。

 

今どき片親なんて珍しくもないので、他人と比較してどうこうということもありません。

 

友達にも恵まれていて、お付き合いしている人もいて、
お金に困っていると言うわけでもなく、今が一番私は幸せだと思います。

 

 

しかし、夜になるとふっと辛くなるのです。

 

泣き叫ぶ母の声や、父親に殴られる瞬間が思い出されて、眠れなくなります。

 

父も母も私を大切になんかしていなかった。

 

子供の私よりも他の女や男を大切にしていた。

 

そんなことを考えてしまって、本当に辛い。

 

だいぶ昔のことなのに…。

 

 

初めにも書きましたが、
私はもう「子供」という年齢ではありません。

 

本当は泣きわめきたい。ひたすら暴れて泣いて、
私はこんなに辛かったんだと周りに訴えたい。

 

だけど「子供」じゃないから許されない。前を向かなければならない。
いろんな思いでぐちゃぐちゃになり、しんどいです。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。
この気持ちを誰かに聞いてもらいたかった。
ありがとうございました。

 

両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい

両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.愛情の枯渇が子どものトラウマになるのは、当然のこと

あなたは以下のようにおっしゃっており、父親にまともに愛されなかったことは、もう問題ではないと、述べていらっしゃいます。

 

 

>そして高校生の今、父親はいません。欲しいとも思いません。今どき片親なんて珍しくもないので、他人と比較してどうこうということもありません。

 

 

 ところがあなたは、こうもおっしゃっています。

 

 

>だけど「子供」じゃないから許されない。前を向かなければならない。
>いろんな思いでぐちゃぐちゃになり、しんどいです。

 

 

 ところであなたは、「インナーチャイルド」という言葉を、ご存知でしょうか?

 

 くわしくは、下記サイトを御覧ください。

 

 

http://serendipity-japan.com/innerchild-432.html

 

http://taking-a-stand.jp/inner-child-selfheal-2163

 

 

 人間(大人)の人格とは、その人の核である「少年期・少年性」をベースにさまざまな経験が加わり、完成されていきます

 

 そしてまず大人とは自分のやることを主体的に自分で決められます

 

 しかし子どもとはまわりから“規範”、“愛情”を受動的に得られなければ自分からはなにもできない存在です。

 

 そして人が少年期に、こうした規範や愛情をまともに受けられなければこれは人格の歪みとして現れることもあります

 

 この点はちょうど、シャツのボタンをはめるとき、最初の一つがズレていれば、すべて掛け違いになってしまうのと同様です。

 

 ここから、いくらあなたが18歳という成人にさしかかる年齢にあるとはいえ、父親に愛されなかったという原体験はけっして消えるわけではありません

 

 あなたがお辛い過去を振り切り、強く生きようとしても、失礼ながらその点は、ご自分にウソはつけません。

 

 

>本当は泣きわめきたい。ひたすら暴れて泣いて、私はこんなに辛かったんだと周りに訴えたい。

 

 

 あなたがこのように思うのは甘えでもなんでもありません

 

 人は生まれてきた以上生きていくための愛情を受ける権利をもっています

 

 それが満たされなかったあなたにはその状況に不満を述べる資格が充分にあります

 

 また「泣きわめきたい」、「暴れて泣いて、自分の辛さをまわりに訴えたい」というあなたの衝動は、あなたの魂の叫びそのものです。

 

 よってまずは、自分をムリに抑えこむのは、やめてください

 

 そうした行為は、癒えていない傷のうえに包帯をグルグル巻きにするようなものです。

 

 やがてあなたの内部では、傷がさらに膿んでくることにもなります。

 

 「ご両親が何度もを離婚して、父親に暴力をふるわれたのが、自分のトラウマとなっている」。

 

 まずはこの現実を、ご自分で受け入れるところから、始めてください。

 

両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい

 

2.自分のインナーチャイルドを直視し、問題点を明らかにする

 あなたは現在、18歳ということですので、「本音と建前」、「表の自分と、深層の自分」の区分が、そろそろできる年ごろだと思います。

 

 ならば「表の自分=大人の自分」から、「深層の自分=インナーチャイルドの自分」へ向け、やさしく働きかけをしてみましょう。

 

 大人のあなたは、インナーチャイルドの自分に対し、「何が辛いの?」と、問いかけてあげましょう。

 

 そこであなたは、現在のご自分の気持ちを、専用のノートにでも、正直に書きなぐってください

 

 その際には心に浮かぶことを、形式などおかまいなくありのままに表現しましょう

 

 誰もいないところでおこなうなら、泣きながらでも叫びながらでも、かまいません

 

 そうしてあなたの心を解放してやるとやがてあなたご自身にも気づかなかった、あなた自身のトラウマが見えてくるようになります

 

 現在ではあなたは、ばく然と「父親たちの暴力やネグレクトや、両親の離婚が辛かった」とだけ、認識しているだけかもしれません。

 

 しかし自分のインナーチャイルドに耳を傾けるとその細部にまで意識がおよぶようになります

 

 そこであなたの、トラウマの具体的な姿まで、わかってくるでしょう。

 

 それはあなたが、無意識的に記憶のなかに封印していたものかもしれません。

 

 そのときあなたは、感情を解放し思うままに泣いて、叫びましょう

 

 そうして泣き疲れたとき、「大人のあなた」は、あなたのインナーチャイルドに向け、そっとささやいてやります。

 

 「辛かったね、さびしかったね。でも、もう大丈夫。暴力を振るう男は、もういないし、あなたはこれから、自由に生きていけるのよ」。

 

 こうしたことをくり返すうちに、あなたのインナーチャイルドが父親の暴力と両親の離婚で得たトラウマが、少しずつ薄まっていくことでしょう

 

両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい

両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい

両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

3.自分の望む方向へ、自分自身を導く

 こうした「自分で自分を癒すこと」は、たしかに一人でもできます。

 

 しかしできるならば、信用のおける大人に相手をしてもらったほうがいいです

 

 現在のあなたは、お金には困っていないとのこと。

 

 ならば、精神科のカウンセリングなどを受けることなどは、できないでしょうか?

 

 たとえ相手がそれほど優秀なカウンセラーでなくとも、あなたの話をはき出させ、聴いてくれる人がいるだけでも充分です

 

 あなたの問題における本質の多くはあなたがご自身の問題を一人で抱え込んでいるところにあります

 

 よってあなたは、ご自分の悩みを理解してくれる第三者がいるだけでも気持ちはラクになると思います。

 

 および、あなたはいま、お友だちも多くいるといいます。

 

 だったら、仲のいい子に話を聴いてもらうのも、いいでしょう。

 

 また、これは他のページでも紹介しました。

 

 もし時間的、金銭的に余裕があるならペットを飼い、それがムリならば、お気に入りのヌイグルミを購入しましょう。

 

 それに向かい、あなたの悩みを吐き出すといいでしょう。

 

 人がいないところなら、犬やヌイグルミを抱きしめて泣いても大丈夫です。

 

 あなたにとって重要なことは、以下の2点です。

 

 まずは、問題を一人で抱え込まないこと

 

 次に、あなたの潜在意識に対し、「もう大丈夫。これからは自分の望むよう、自分は生きていける」ということを、つよく深くインプットすることです。

 

 そうして「大人のあなた」と、「子どものあなた」のあいだに完全な信頼関係が成立すれば、「自分で自分を教育すること」が、可能となります。

 

 あなたの父親だった男たちは、父として必要な愛情と規範を、あなたにあたえなかった。

 

 ならばあなた自身が、「父親としての自分」と「娘としての自分」に分裂し、元来、必要であった「父から娘への教育」を、一人でおこなえるようになるでしょう。

 

 こうしたことを可能にする条件は、以下の2点です。

 

 まずは「大人のあなた」は、どんなことがあっても、「子どものあなた」を、100パーセント、ありのままに受け入れてあげること

 

 そして「子どものあなた」は、辛いことや恥ずかしいことでも、ウソをついたり、ごまかしたりしないことです。

 

 ただしあまりに思い出すのが苦しいことについては、ムリをして記憶から引き出そうとしないでください。

 

 なぜならそれは場合によっては、古傷をえぐるように、新たなトラウマとなる可能性もあり得るからです。

 

 これは大変な作業ですが、そうした辛い経験をしたあなたには、むしろ他の人より有利な点があります。

 

 それは、「自分の望む自分を、自分で創造することが可能なことです。

 

 「大人のあなた」は、「子どものあなた」を、自分が望む方向へ導いてあげましょう

 

 そのときあなたは、誰よりもすばらしい女性になれていることでしょう。

両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい

両親の離婚がトラウマとして残っていて、苦しい、泣きたい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

夫が過労で、いまにも倒れそう。自分にできることは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が自殺し、後悔の念にさいなまされている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子に絶縁宣言された。自業自得だが、悲しくて仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
万引き等、問題行動ばかりを起こす、娘の将来が心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発狂した母。認知症か、うつ病か? ふり回される家族たち
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
実父から性的暴行を受け、なにも行動できない女子高生
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
私はいらない子? 親からの虐待・差別に苦しんでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻がうつ病で、なにも家事ができない。自殺の可能性もある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自殺した母の死をいまだ受け入れられず、悲しみと後悔ばかり
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は母親失格? 子供なんか、産まなきゃよかった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
AV出演という、妻の秘密を知ってしまった。離婚すべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちを元夫にとられた。理由は生活のため、夜も働いていたから
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもたちが自立できず、さらに暴言をぶつけてきて悩まされる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
通常、家族旅行の頻度は?おカネと体力の問題で、あまり行けない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
妻に浮気され、離婚を切り出された。離婚は避けたいが、どうすれば?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
年の差婚に後悔。相手から加齢臭がし、苦痛。でも離婚できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもがいつも一人ぼっち。無気力で家に引きこもっていて心配
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
厚かましく非常識な義両親が大嫌い。会いたくない、来てもらいたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子どもが姑に甘えて懐きすぎ。とられてしまうかと不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
優しく成績優秀な娘が、突然の妊娠、デキ婚。ショックで裏切られた気分
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
金遣いが荒い夫のせいで、貯金できない。自分も働けず将来が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分をイジメてきた義両親の老後介護は、絶対にしたくない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
息子夫婦と孫と同居したいが、どう説得すればいいか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
わが子を愛せない。相性や発達障害が原因で、育児がイヤになった
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
不登校で家庭内暴力を振るう息子から、離れて暮らしたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
求職中でギャンブル依存症の夫が、わずかな所持金で行方不明
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫婦喧嘩の末、実家に戻った。離婚をふくめた、今後の対応は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
長男嫁に嫌われた?ずっと孫に会わせてもらえないで寂しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
安定した職に就いている夫は、仕事を辞めたいと愚痴る。対処法は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分たちは、仮面夫婦?たがいに本音を言えず、関係性が薄い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
夫が気持ち悪くて仕方ない。生理的に受けつけないので、離婚したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
第三子を妊娠したが、経済的、体力的な問題から、中絶を考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
子なし専業主婦をしていたら、夫が文句を。家事もしてたのに…
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。