問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

http://onayamifree.com/threadres/2334252/

 

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

 

 

 

悩める人(27♀匿名)

 

 

結婚したての27歳女です。

 

優しい旦那、たくさんの友達、良好な仕事仲間もいてすごく恵まれています。

 

親も支えてくれますし、姉妹とも仲は悪くありません。

 

友達とよく遊びに行きますが、旦那はなにも言わないし好きにさせてもらっていますし友達といる時は本当に楽しいです。

 

しかし、なぜかいつも孤独な嫌な気持ちに襲われたり、この先生きていても辛いだけで死ねば楽になるんじゃないかとふと考えてしまいます。

自殺する人の気持ちが分かる瞬間があります。

 

すぐ他人が羨ましくなったり、その瞬間憎しみのような気持ちが湧き出てしまいます。

 

子どもも欲しいですが、悩みが増えると思うと、夫婦二人で無難に過ごしたほうが幸せなんじゃないかと考えたりします。

 

幸せなはずなのにどうしていいか分かりません。

 

先のことを考えると生きるのが辛い。そう思います。

 

そんな方いますか。

どうしていいか分かりません。

 

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.あなたは現在、「幸福」という監獄に囚えられている

まず、人もうらやむような生活をしていながら、あなたはなぜ、そこまで満たされない気持ちになるのか?

 

 その答えはまさに、あなたがご自分だけで完結して満たされているからです。

 

 優しく理解のあるご主人、多くの友人、良好な仕事仲間、経済的豊かさ……。

 

 これらのものをあなたは、人生の早期にそれほどの苦労をしないで獲得できてしまいました

 

 よって、あなたの人生はこれから、なにかを得るのではなく、現在お持ちのものを失うだけ、となります。

 

 その気持ちを表現したものが、以下の文言です。

 

 

>なぜかいつも孤独な嫌な気持ちに襲われたり、この先生きていても辛いだけで死ねば楽になるんじゃないかとふと考えてしまいます。

 

 

 ここからあなたは、お若くして意識が徹底して、「守り」に入ります。

 

 これはちょうど、守銭奴の大金持ちが、一銭でも自分のおカネが失われることを、恐れる心理と同様です。

 

 またあなたは、「子どもも欲しくなく、夫婦2人で無難に過ごしていく」とも、おっしゃっています。

 

 ならばもちろん、あなたの人生からは“目的”が失われます。

 

 よってあなたは今後、50年は続くであろうご自分の人生を、ただ小さな幸せに満足し、生きていかねばなりません。

 

 しかも客観的に見れば、あなたは幸せすぎるほど幸せな状態にいますので、その状況にいくら不満をもらしても、だれもあなたに同情はしないでしょう。

 

 いや、むしろ「イヤミか」と、思われるのがオチです。

 

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

2.人生そのものをもて余した状態から、脱するには?

 つまり端的に申しますと、あなたはご自分の人生そのものをもて余した状態にいるのです

 

 なぜならあなたは、元来的には人が一生かけて獲得していくものをすでにすべてもっているのですから

 

 よってあなたの人生には、“目的”がないので、現在のあなたは、「生きる意味と理由」さえ、おもちではないのです。

 

 その状態はまさに、監獄に囚われたまま、最低限の生活は保証されつつ、労働さえ許されない、無期の禁錮刑に処された囚人と同様と言えるでしょう。

 

 なぜならあなたは、何もすることがなく、ただただ死ぬことを待つだけの状態におりさらにそれが最低、50年も続くのですから。

 

 そこからあなたは、どうすればいいか?

 

 これには、2つの道があると思います。

 

 まず第一点は、あなたの幸福に社会性をもたせること、そして次は、あなたがしたいことを、追求することです。

 

 はじめに、「幸福に社会性をもたせること」から、ご説明いたします。

 

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

3.社会とってに有用なビジネスを展開し、“社会性”を満喫する

 まず人間とは社会的存在であるため、人がココロからの満足を感じられるのは、「自分が社会の役に立っている」と、実感できるときです。

 

 しかしながら、現在におけるあなたのあり方は、社会性が欠けたものと言えるでしょう。

 

 なぜならあなたの幸福は、あなた以外の人を、だれも幸せにはしないからです。

 

 よって現在のあなたは、その満たされた境遇にもかかわらず、社会的に疎外されていると、言えるでしょう。

 

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

 

 ならばあなたは、社会性を感じることにより満たされた気持ちになれるはずです。

 

 まずそうしたことを可能にさせるのは、すぐにボランティアや慈善事業などが挙げられます。

 

 もちろん、あなたがそうしたものに打ちこまれるのは、良いことです。

 

 しかしふつうに、ビジネスを展開するというのでも、それが社会性を帯びたものなら、充分なはずです。

 

 わが国や世界の偉大な創業者たちは、“商売”ではなく、“社会事業”として、会社を運営してきました。

 

 その結果、社会は豊かになり、多くの人は便利な生活を送れるようになりました。

 

 そのように経済史上の偉人たちは、自分たちが儲かるのは、そうした社会活動の結果にすぎないと、とらえていました。

 

 そこからあなたは、社会にとって有用なものを、生産するということを考えれば、どうかと思います。

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

4.旅行と読書により、現在の自分を見つめなおす

 ただそうは言っても、すぐにはご自分の道とは、見つからないと思います。

 

 ならばあなたは、まず身の安全には充分に気をつけながら、旅に出てみればどうかと、思います。

 

 「changing place, changing time」などと言われるように、現在、自分が存在している位置は、時間と場所を変えることにより、より客観視できるようになります

 

 そこからあなたは、旅に出ることによりご自分が置かれた環境が、感情として理解できるようになるのでは、と考えます。

 

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

 

 それによりあなたは、ご自分には何が足りておらず、また逆に、何が過剰なのかを、知ることができるでしょう。

 

 その結果あなたは、ご自分の人生において、自分が何を得るべきか、または何を捨てればいいのかが、理解できるようになるかも、しれません。

 

 またあなたがご自分を知るにあたっては、偉人の伝記や歴史的な文学作品を読むことでも、可能だと思います。

 

 歴史的には、現在のあなたのように、衣食を完全に保証された状態で、偉業をなした人物は大勢います。

 

 そうした人物たちの生き様は、あなたにはおおいに参考になると思います。

 

 それにくわえ、あなたは社交的なようですので、なんらかの集会があれば、積極的に参加してみれば、どうでしょう?

 

 そうしたもののなかから、ご自分のなすべきことが一端でも見えてくれば、幸運だと思います。

5.学問や芸術の活動に、人生を捧げてみる

 さて次に、あなたが「したいことを極める」ことについて、述べたいと思います。

 

 あなたは上記のような試みの結果、たとえ趣味的なものであっても、自分のやりたいことを見つけたとします。

 

 その際にあなたは、一生をかけてそれを極めるつもりでいれば、どうでしょう?

 

 これはおもに、学問や芸術の分野における活動を指します。

 

 そうしたものを、ご自分の一生にわたり、とことん追求してみるのです。

 

 こちらも歴史的には、何不自由のない生活を送りながら、偉大な業績を上げた人物は、数多く存在します。

6.「やりたいこと」ではなく、「やりたいことをやるために、必要なこと」を、やる

 この点を、私の例から述べます。

 

 20歳ころの私は、重い心身症にかかっており、週に数回おこなうバイト以外では、時間をもて余した状態にいました。

 

 そのときの私は、自分の未来などまったく見えておらず、現在、自分がやりたいことさえ、見つかりませんでした

 

 そのときに私は、自分が「したいこと」ではなく、「するべきこと」に焦点を合わせ、考えました。

 

 当時の私は、ばく然と学問に憧れていたのですが、自分がどんな分野を専攻したいのか、まったくわかりませんでした。

 

 そこで私は、逆にどんな専門であれ、確実に基盤となる教科は何かということを、考えました。

 

 その結果、結論として、歴史はすべての学科において、基礎的教養として必要なものと、判断しました。

 

 そこから私は、まず河出文庫の「世界の歴史シリーズ 全26巻」を、3回くり返して読み返すことから、始めました。

 

 そしてそれが終わると、論文を読んだり書いたりするのに、英語は必須だと思い当たり、アメリカに留学しました。

 

 くわえてそこから、自分の関心は哲学にあると気づき、こちらも独学を進めてきました。

 

 また結果的に、そうした教養の学びは、私が哲学を本格的に勉強するにあたり、おおいに助けとなりました。

 

 このように、「いずれめぐり合うであろう、自分の専門に適応できるようにするため、現在は外堀を埋めていく」と発想してみては、いかがでしょうか?

 

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

 

 これはちょうど、「自分の関心事項が、最初から完成されたカタチで存在する」とする考え方とは、対極のものです。

 

 しかしこのやり方であれば、将来にご自分が、どのような種類の「生きがい」に出会おうとも、対応ができるようになります。

7.現在の時点で、やれることだけおこない、未来に備える

 とかく現在のあなたは、きびしい状態にいらっしゃると思います。

 

 というのは、あなたの幸福を阻害する元凶こそ、「現時点で達成されてしまった、幸福」に、ほかならないからです。

 

 かといって、あなたにいまの生活をすべて捨てる覚悟は、さすがにないでしょう。

 

 ならば現在のあなたにできることは、「自分の道を地道に探しつつも、それが来るのを待つこと」しか、ないと思います。

 

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

 

 しかしながら、あなたは後50年以上の人生においてやりたいことにまったく出会わないということは、あまり考えられません

 

 よって、とりあえず生きていたなら、ご自分の道や使命が見つかる可能性は、おおいにあります。

 

 またご自分の道が見えてきたとき、あなたに必要なものは、まずは体力と基礎学力だと、私は考えます。

 

 あなたはそうしたものを現在、身につけることことを考えていれば、いいのではないのでしょうか?

 

 そして、そうした汎用性の高い教養や運動能力を身につける過程そのものを楽しめれば、それ自体が生きがいになるかもしれません。

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

一人暮らしを始めて、何もかもうまくいかない。後悔の念だけ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
ルームシェアしている友人が、だらしない。ストレスになる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
過去を引きずり後悔ばかり。現在、未来の生活も立ち行かない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はダメ人間で、何も続かず、生きていることが恥ずかしい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人生は不平等? 苦労は報われず、生まれつきだけで決まる?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人生における幸福とは、何か? 夢と現実のギャップが苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
生きていく意味がわからず、生きることに疲れた。自信がない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は最悪で、無価値な人間か? 優しくされても毎日が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
風俗通いをやめたい。さらに就職して、自立、自活したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人生における楽しみとは? 生きることを頑張れない!
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
「やりたいこと」と「やるべきこと」の区別がつかず、苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
精神病、無職、人間関係、ブス…自分には生きる価値がない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
20代女子。自分が生きたいのか、死にたいのか、わからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人を信じられず、虚無感が消えない。生きている実感がない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
失業、失恋、うつ病、母の浮気、父の無関心。すべてに疲れた
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
孤独感、自信のなさ、依存癖で、自分の将来に希望がもてない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
40代主婦。家にいると無気力に。子どもと話すのも疲れる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の人生の選択に疑問。ストレスとどうつき合うべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
30代無職で未来が見えない。うつ病で、自殺も考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
いつかこの人生が良かったと思えるか?借金整理と自立で大変
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
毎日が変わらない生活に、辟易。自分の性格を直したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
毎日を楽しく生きるには?すべてをネガティブにしか、感じられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は一人の時間が好きなので、集団行動や群れるのが嫌い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
ドタキャンしたために、友人から絶縁されそう。許してもらえるか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
電話やメールがしつこい人に、はっきりと断れないので困っている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。