問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

引用元 http://onayamifree.com/threadres/2123131/

 

親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

 

 

悩める人(27♀匿名)

 

 

空気読めないって言われました。

 

落ち込んでいます。

 

 

転職が理由で退職した同僚が、会社の近くに遊びにくるということで、4人で飲み会をしました。

 

転職した同僚以外はまだ同じ会社で働いてるので、どうしても話題が会社の愚痴になってしまいました。

 

私が気を使って「ごめんね。つい会社の愚痴になっちゃう」と言うと「いいよ。私も同じ会社で働いてたんだもん。」と辞めた同僚が言いました。

 

彼女が心配だったので「ところで今日はどうして来たの?新しい会社でうまく行ってないの?」と聞くと「まあ、新しい会社には慣れてないけどそれは関係ない。
みんなと話したくなって」とその子が言いました。

 

 

彼女があまり話に入れず、相槌を売ってるだけだったので気になり、「でもさ、あなた話してないじゃん。みんなの話聞いてるだけだけど楽しい?」と聞くと、
彼女の目がきつくなり、「私は人の話を聞くのが好きなの。空気読まず、自分のことばかり話しまくる人とは違うの!」と言われました。

 

その後は白け気味になり、二次会もできませんでした。

 

彼女が言った空気読めない人って私のことですよね?私は会話にいまいち入りきれてない同僚を心配しただけなんですが、空気読めてなかったんでしょうか?

 

 

別件ですが、職場の同僚に「最近できたイタリアンのお店行きたい」と言われました。

 

土曜日がいいと言われたので「会社が休みの日は無理だな。
仕事帰りがいい。土曜日がよかったら他の友達誘うか、ひとりで行って来なよ。別の日なら付き合うけどさ」と言ったらその同僚に「いいや。別の子誘う」と言われました。

 

その話を他の同僚に話すと「あの子、自分の都合のいい日を断られたから怒ってるんだよ」と言ってました。

 

でもひとりだけ「ちょっと空気読めない発言だったね。あの子傷ついたと思うよ」と言われました。

 

私の家は会社から遠いので、会社が休みの土曜日に会社近くの店にわざわざ行きたくなかったんです。

 

日を変えてくれれば行けたのですが、私は無理してその同僚に合わせるべきだったんでしょうか?

 

親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.その善意の本質は、じつは“マウンティング”

 あなたの問題点を挙げるとすると、これはすでに多くの方々から指摘されているとおりです。

 

 レス番No.45にあるように、あなたは「相手がつらい思いをしている」と、勝手に決めつけていらっしゃる

 

 またNO.67でも、「相手を不幸だ」という前提で、あなたはそうした行動を取ったとあります。

 

 さらにあなたは、「みんなの話聞いてるだけだけど楽しい?」などと、まるで相手の気持ちなど察しないで、彼女を勝手に「困ってる人認定」をしておられます。

 

 こうしたあなたの態度における本質は何かと申せば、これはずばり「マウンティング」です。

 

 一見、相手を心配しているようでいて、またあなたは主観的には事実、相手のためを思っておられるのでしょう

 

 しかしこの行為には無意識的に、「相手より上に立とう」、「相手を支配しよう」という意図にもとづいたものなのです。

 

親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

 

2.まずあなたは、ご自分が相手を「支配」、「マウンティング」しようとした事実を受け止めるべき

  私がこう申しても、あなたはなかなかに納得されないでしょう。

 

 しかし、ではそもそもあなたはなぜ、当スレを立てられたのでしょう?

 

 くわえて、あなたのおかしなところは、多くの回答者の方々から、あなたのおかしな点を指摘されているにもかかわらず、あなたご自身にはそれが、なかなか理解できないでいる点です。

 

 そこからあなたは、あくまで「そんなことないよ。あなたは間違っていなかったよ」という自己肯定の言葉が欲しかったとは、言えないでしょうか?

 

 またあなたのような方のやっかいなところは、問題行動というものが、つねにあくまで“善意”から出ているという点です。

 

 そのためあなたは、なかなかにご自分の欠点が認識できずにいます。

 

 くわえて、あなたのレスには、たいへんに多くの言い訳と自己正当化が見られます。

 

 まずあなたは、ご自分が元同僚を怒らせたのは、明確にあなたの言動に問題があったからということを、素直に認めるべきです

 

 そして彼女が気を悪くしたのは、あなたに「支配」、「マウンティング」されそうになったからだという事実を、受け止めるべきです。

 

 そうでないことには、今後のあなたはまた同様のことで他人を怒らせ、ご自分でもその理由がわからないという状況に遭遇することになるでしょう。

 

 ではそもそも、あなたはなぜ、そういう人になったのかということを、次章で検証します。

 

親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

 

3.あなたはおそらく、「善意の押し売り」を受けて育ってきた

 あなたという人は基本的に、他者と「対等な人間関係」を構築するのが、苦手な方だと察します。

 

 あなたはつねに、どんな人にも「自分が上か、相手が上か」ということを、無意識的に判断しているのです。

 

 そして今回のケースでは、あなたは元同僚を、「自分より下」と勝手に思い込み、その結果としてあなたは彼女に「余計な思いやり」をかけ、彼女を怒らせたのです。

 

 つまりあなたは一見、相手を心配しているようでいて、じつは無意識的にご自分が相手より優位に立とうとして、彼女の気を悪くさせたというのが、実情です

 

 そこからあなたという人は、幼少期より「蝶よ花よ」と過保護に育てられたか、もしくは逆に、抑圧的な教育を受けてきたものと思われます。

 

 というのは、この場合ではどちらのケースであれ、あなたは自分の意志」というものを無視されたという点においては、変わらないからです。

 

 こうした教育は基本的に、“善意”によっておこなわれます。

 

 よって加害者である側も、自分の非を指摘されれば、「どうしてなの? 自分の何が悪いというの?」という不条理感を抱くことになるから、解決が非常に困難なのです。

 

 またそのように、自分が見えないからこそ、そうした人たちは「空気が読めない」と、人から言われることになるのです

親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

4.あなたの問題点は、「主体性が弱い」ことに尽きる

 そうして「善意の押し売り者」たちは、もちろん自分が「良かれ」と思ったことを、自分より目下の者、つまり自分の子どもやペットなどにも、無邪気に押しつけます

 

 したがってそうした人たちは、子どもが何歳になっても子供扱いしますし、子どもが「イヤだ」と言ってることを、「これは、あなたのためなのよ」と平然と無理強いします。

 

 たとえば子どもに、食べきれないほどの食事を毎回あたえ、それでいて子どもに家事や運動などを、一切させないという場合もあります。

 

 その結果子どもは、「自分で生きる」というチカラが得られないため、引きこもりやニートになったりもします。

 

親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

 

 そうした点からそうした行為は、じつは本質的に“虐待”と変わらないのです。

 

 あなたは現在、お仕事はできてはおられるようですが、失礼ながら「主体性が弱い」ということは、当てはまる事実だと思います。

 

 というのは、人間が「相手の立場や気持ちを、的確に理解する」ということは、「自分のココロという鏡」に、相手のココロを反映させ、はじめて可能になることだからです。

 

 この点から述べればあなたは、「ご自分のココロ」がやや曇っている、つまりは「主体性が確立されていない」ということになるのです。

 

 こうした点はやはり、あなたが今後生きていくうえで、修正したほうがいいと私は思います。

 

 くわえて、あなたの27歳という年齢ならば、まだ改善は可能です。

 

 では以下に、その具体的方法を述べます。

5.競争や生き残りを経験し、主体性を形成する

 あなたはご自身を変えるにあたり、どうすればいいかと申せば、これはずばり、ご自身をきびしい環境や競争のなかに投げ入れることです。

 

 そのなかであなたは、必死に生きようとし、あるいは他者との競争に勝とうとする努力のなかで磨かれていくことでしょう

 

 そうすることにより、あなたの主体性は形成されその結果、あなたは真の意味で他者を尊重できる人になれると思います。

 

 あなたが挑むべきことは、現在おこなっているお仕事、新たな起業、あるいは趣味の世界等でも結構です。

 

 また最初はもちろん、ほんの数人のあいだでの競争でも充分です。

 

 大切なことは、あなたがそのなかで、あくまでフェアな方法でもって、一番になる」という強い意志をもち、それを行動により実行することです。

 

親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

 

 そうしてあなたは、「自分を立てながらも、相手を立てる」ことを学べばいいでしょう。

 

 あなたの問題に類似したケースを、私は過去にいくつか記事にしていますので、下記を参考にしていただければと思います。

 

 以下に述べられていることを実行すれば、少なくともあなたは、他人から「空気が読めない」とは、言われなくなると信じています。

 

 

「他人の心が、わからない。知らないうちに、人を怒らせている」
http://jinseitetsugaku.com/kokoro_nayami/kokoro,wakaranai.html

 

 

「性格が良すぎて、人に「NO」と言えない。自分を変えたい」
http://jinseitetsugaku.com/kokoro_nayami/seikaku.html

 

 

「若いころちやほやされすぎ、誰からも相手にされなくなった」
http://jinseitetsugaku.com/renai/chiyahoya.html

 

 

「人の結婚を妬んでしまう。相手の学歴や年収などが、気になる」
http://jinseitetsugaku.com/renai/netamu.html

 

6.自然に他者に親切にできるようになれば、「空気が読めない」などと、言われなくなる

 そうしたことから、あなたはもともと「他人を気づかう」ということはできる方です。

 

 ところが現在のあなたは、その意志や行動が、適切なカタチでなされていないというだけです。

 

 ならばあなたは、ご自身を磨くことにより強くなれさえすれば、そうした他者への優しさも、自然なカタチで表現できるようになるのでは、ないでしょうか。

 

 そういうことができるようになれば、あなたは他人への働きかけで「空気が読めない」などと気を悪くされるということもなく、むしろ感謝されるようになると思います。

 

 あなたには主体性を確立させることにより、そうしたことが自然にできる人になってもらえればと、思います。

親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

一人暮らしを始めて、何もかもうまくいかない。後悔の念だけ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
ルームシェアしている友人が、だらしない。ストレスになる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
過去を引きずり後悔ばかり。現在、未来の生活も立ち行かない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はダメ人間で、何も続かず、生きていることが恥ずかしい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人生は不平等? 苦労は報われず、生まれつきだけで決まる?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人生における幸福とは、何か? 夢と現実のギャップが苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
生きていく意味がわからず、生きることに疲れた。自信がない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は最悪で、無価値な人間か? 優しくされても毎日が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
風俗通いをやめたい。さらに就職して、自立、自活したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人生における楽しみとは? 生きることを頑張れない!
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
「やりたいこと」と「やるべきこと」の区別がつかず、苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
精神病、無職、人間関係、ブス…自分には生きる価値がない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
20代女子。自分が生きたいのか、死にたいのか、わからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人を信じられず、虚無感が消えない。生きている実感がない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
失業、失恋、うつ病、母の浮気、父の無関心。すべてに疲れた
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
孤独感、自信のなさ、依存癖で、自分の将来に希望がもてない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
40代主婦。家にいると無気力に。子どもと話すのも疲れる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の人生の選択に疑問。ストレスとどうつき合うべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
30代無職で未来が見えない。うつ病で、自殺も考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
いつかこの人生が良かったと思えるか?借金整理と自立で大変
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
毎日が変わらない生活に、辟易。自分の性格を直したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
毎日を楽しく生きるには?すべてをネガティブにしか、感じられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は一人の時間が好きなので、集団行動や群れるのが嫌い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
ドタキャンしたために、友人から絶縁されそう。許してもらえるか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
電話やメールがしつこい人に、はっきりと断れないので困っている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。