問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

引用元 http://onayamifree.com/threadres/2330801/

 

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

 

 

悩める人(♀匿名)

 

 

私はもう20代半ばになるんですが、ちっとも変われていません。

 

自分の行動に責任持てなかったり、その場の気分で行動してしまったり。

 

やるべき事にもなかなか取り組めずに後回ししてしまったり。

 

人の事を考えて行動することができない。

 

何度も仕事を辞めては引きこもりを繰り返してしまう。

 

大人になるという事ができません。

 

小さい頃は優等生みたいな感じだったので親に叱られるという事がほとんどありませんでした。

 

そのくせ、我が強くて自己中です。

 

人間関係においては対人恐怖のようになり、
自分を抑えている感じでなんだか自分じゃないみたいで息苦しいです。

 

ほんとにダメな所ばかりで自分が嫌になるんですが、

一方で今さら努力する価値があるんだろうかと思ってしまいます。

 

何から頑張ればいいのかどんな努力をすればいいのかわかりません。

 

努力したら少しは大人になれるんでしょうか?

 

質問してばかりですみません。

 

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.大人は子どもと違い、目標そのものも自分で設定する

はじめに申し上げられることは、あなたをめぐる状況も、それを把握するあなたの認識も、すべては抽象的だということです。

 

 あなたは、小さい頃は優等生だったとあります。

 

 その影響でしょうか。

 

 現在のあなたは、ありもしない、もしくはあなただけがイメージする、「世間の規範」に向かって、空疎な努力をしようとしているように、私からは見えます。

 

 まず子どもならば、やるべき課題は世間や親、および学校が用意してくれます。

 

 したがって子どもは、「目標の設定」まではする必要がなく、あたえられた問題をこなしているだけで、まわりからは認められます。

 

 ところが大人には、なにかを達成するにあたっては目標自体も自分で定めなければいけないのです。

 

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

 

 そうした社会とあなたの認識におけるギャップが、よく現れていると思うのが、以下の文言です。

 

 

>何から頑張ればいいのかどんな努力をすればいいのかわかりません。
>努力したら少しは大人になれるんでしょうか?

2.ノートに書くことで、「自分はどういう人間か」を知る

よってここから、まずあなたがなすべきことは、「自分がどういう人間になりたいか」という像を、ご自分で具体的に設定することです。

 

 そのために必要なことは、長所も短所もふくめたご自分の現在におけるありのままの姿を、把握することです。

 

 あなたは、自己の客観視や自己分析はできている方です。

 

 また、文章から察して、いわゆる「地頭」も、いい方です。

 

 ならば、まずはノートに「自分はどういう人間か」ということを、書きなぐってみましょう。

 

 これは、いきなり「自分とは何か?」と、自問自答するのは、難しいかもしれません。

 

ですから最初は、以下のことを書いてみればいいでしょう。

 

自分が好きなもの、嫌いなもの」、「自分が得意なこと、不得手なこと」、「自分が短期的にやってみたいこと、できるできないは別として、自分の長期的な夢」、「自分の人生で、強烈に記憶していること、すごく楽しかったこと」等です。

 

 その内容を分析することにより、「あなたとは、どういう人間か」が、見えてくると思います。

 

 つまり、あなたが現状のご自身や、そのまわりの状況がはっきりとわからないでいるのは、モノ事をアタマで抽象的に考えているだけだからです。

 

 よって、まずはご自分のアタマのなかを外化し、カタチにすればご自分がよく見えてくると思います。

 

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

3.“死”を想うことにより、人生を分割し、なすべきことを想定する

次にあなたがなすべきことは、ひとりで考えこむことではなく、他者に生き方を学ぶということです。

 

 そのためにあなたは、休日などには、偉人の伝記や古典的な文学作品を読むといいでしょう。

 

 すぐれた人物の生き様は、時代や空間を超えて、あなたに訴えかけるものがあると思います。

 

 そして次に、あなたの身のまわりにいる素敵な大人の人を見て、「こういう人になりたい」と思えば、その人の行動や思考に学んでみましょう

 

 あなたがこれまで、仕事などでも続かなかったのは、これまであなたが選択したものすべてがご自身の意志により選んだものでは、ないからです。

 

 あなたはただぼんやりと、「自分がばく然と考える大人像」に、ご自分のあり方を当てはめていただけです。

 

 よってこれからのあなたは、おおまかでいいので、「自分が将来、何をしたいのか」を、考えればいいでしょう。

 

 これが、「自分は、何をなすべきか。人や社会のために、何ができるか」ならば、なお望ましいです。

 

 なぜなら人間とは、他人や社会のために、自分が役立っていると実感できるときもっとも偉大なチカラを発揮できるからです。

 

 またそのときにこそ、人はもっとも「生きがい」を感じられます。

 

 そのためには、あなたは“”を意識すればいいと考えます。

 

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

 

 あなたは仮に、80歳まで生きるものと考え、それまでに何を成し遂げたいかを、よく考えてみてください。

 

 このように、いきなりマクロ的に考えるのが厳しければ、まずはミクロ的に考えてみましょう。

 

 あなたは、1週間後にご自分が死刑執行されると真剣に仮定してみてください

 

 それまでにあなたは、自分が何をやっておきたいか、自問してください。

 

 そうしてあなたの死刑執行が、1月後、1年後ならどうかと、スパンを少しずつ広げるのです。

 

 そのうえであなたはまず、30歳になるまでに実現したいことを具体的に考え、それを実行するのがいいと思います。

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

4.大人は受動的なだけの人生に、満足はできない

ここで、私から見たあなたの人物像を、述べます。

 

 まずあなたの文中に、「我が強く、自己中」とありますが、この点は、ご自分の夢や志を達成するにあたり、好ましいものです。

 

 なぜなら、これは外野からの批判や冷やかしなどには、動じないことを指すからです。

 

次に「対人恐怖のようになり、自分を抑えている感じ」とあります。

 

 こうした感情が発生するのはもちろん、あなたがご自分のしたくないことばかりを、イヤイヤしておられるからです。

 

 そうした現状に対し、あなたのココロが、「こんなのイヤだ!」と、悲鳴を上げているのです。

 

 人はやりたくないことでも、耐えておこなえるのは、その先になんらかの報酬があるからです。

 

 これは、たとえばご自分の夢を実現するため、下積みや下働きのような仕事も、積極的にこなすといったものです。

 

 しかし、あなたがご自身が我慢しておこなっていることの先には、なんらの報酬もないのです。

 

 ならばこれは、「奴隷の人生」とも言うべきものであり、耐えられないのは、当然です。

 

 くわえてあなたは、「一方で今さら努力する価値があるんだろうか」とも、おっしゃっています。

 

 あなたがそう思われるのは、これまでにおけるあなたの人生が、「奴隷の人生」だったため、あなたの意識が、ひたすら受け身になっているからです。

 

 よってこれからは、主体的に行動してみるほかありません

 

 あなたがご自分とご自分の人生を、真剣に変えたいと思われるならば。

 

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

5.人は主体的に生きていれば、自分の選択に確信がもてる

 さらにあなたは、こうもおっしゃっています。

 

 

>何から頑張ればいいのかどんな努力をすればいいのかわかりません。

 

 

この点については、上述した方法により、まずはご自分の人生について、おおまかな地図を作製することです。

 

 そのうえで計画的、かつ確実に「自分の人生」を、生きていくことです。

 

 またもちろん、その際には、途中で内容を変更しても、かまいません。

 

 なぜなら、必死に何年も「自分の人生」を生きていたならば、そのときにのあなたには、充分な主体性が宿っているだろうからです。

 

 そして人は主体的に生きているかぎり自分の選択に確信がもてるようになります

 

 よってあなたは、ご自分が選んだ人生を真剣に生きていればそれだけ人生の選択肢も、増えることになります

 

 くわえて、現在のあなたのなかに葛藤があるのは、「いまの自分」がイヤだからであり、またあなたご自身が、今後、変わっていける可能性があるからです。

 

 もしあなたのなかに、自己変革できる可能性がゼロならば、あなたはそこで、“絶望”しか感じないはずです。

 

 そのように「変われる可能性がある自分」を、見捨てるというのは、あなたご自身があまりに可哀想だと思います。

6.大人になるとは、自分の理想を現実化させること

そうしたわけで、あなたがご自分を真面目に変えていこうとされるなら、まずは「人生をマクロでとらえ、ミクロの行動から始めるべき」と、考えます。

 

 あなたが大雑把なご自身の未来図を得たなら、まずは現在おこなっている仕事の一つひとつのシーンから学べば、いいでしょう。

 

 つまりあなたは、現在のルーティンとも思える仕事も、すべてあなたの大目標につなげて考えそれを心をこめて実行するのです。

 

 たとえばあなたの夢が経営者になることであり、そしてあなたの現在における仕事がクレーム対応だとしたら、両者は見事につながっています。

 

 経営者たる者は、お客さんに対し、自社の製品に誇りと責任をもたねばなりません。

 

 ならばあなたは、誇りと責任とをもってお客さんのクレームを聴きながら、お客さんを満足させてあげることを考えればいいのです。

 

 その経験は充分な、あなたの将来へ向けてのトレーニングとなるはずです。

 

 さらにあなたは、「大人になる」ということが、よくわからないと、おっしゃいます。

 

これは端的に答えを述べるならば、「自分の理想像を現実化させること」であり、かつ「そのための自己責任を果たせること」と、なります。

 

 ここから、人には夢があるからこそ義務や責任も果たせるということが、おわかりでしょう。

 

 その点よりあなたが、「自分の行動に責任が持てない」、「気分で行動する」、「やるべき事を、後回しにする」、理由も見えてきます。

 

 要はあなたは、あなたご自身の人生を、生きていらっしゃらないのです。

 

 ですからどんなことに対しても、真剣には取り組めないでいるのです。

 

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

7.ミクロの行動から、マクロの人生を創出する方法

先ほど私は、自分を変えるには「人生をマクロでとらえ、ミクロの行動から始めるべき」と、申しました。

 

 しかしこれは原則論であり、逆の方法もあります。

 

 それは、「身近なことから、したいこと、成りたいものを設定し、そこから5年後、10年後、30年後の夢を想定する」というものです。

 

 その際あなたは、まずは小さい目標を定めそれを死んでも達成する覚悟で挑みます

 

そしてそれが成功したならば、次に目標のスケールを大きくし少し長い期間をかけ、これも実行できるよう、挑戦します

 

 そのように、実現する目標を少しずつ大きくすることにより、あなたには結果的に、人生の長期的なビジョンも、見えてくるでしょう。

 

 後はそれを、微調整をかけながら、実行していくだけです。

8.良い人生とは、悔いの少ない人生

 しかしともかく、あなたは現在の生き方を続けていれば、未来において、確実に後悔するでしょう

 

 私は、「良い人生」とは、死ぬときになり、後悔しないものだと考えます。

 

 そうしたことを心がけ、あなたにはご自分の人生に向き合ってもらいたく、思います。

 

 基本的に自分の生きるべき道とはだれも教えてくれません

 

 ただ、自分の人生を主体的に生きている人にのみ救いの手が差し伸べられると、私は考えます。

 

 あなたはまだ、20代半ばということですので、その年齢なら、充分にご自身を好きなように変えていけます。

 

 あなたには、若さをエネルギーにして、悔いのない生き方をしていただきたいと思います。

 

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

自分で自分を変えるには? 何から始めればいい?

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

一人暮らしを始めて、何もかもうまくいかない。後悔の念だけ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
ルームシェアしている友人が、だらしない。ストレスになる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
過去を引きずり後悔ばかり。現在、未来の生活も立ち行かない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はダメ人間で、何も続かず、生きていることが恥ずかしい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人生は不平等? 苦労は報われず、生まれつきだけで決まる?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人生における幸福とは、何か? 夢と現実のギャップが苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
生きていく意味がわからず、生きることに疲れた。自信がない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は最悪で、無価値な人間か? 優しくされても毎日が不安
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
風俗通いをやめたい。さらに就職して、自立、自活したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人生における楽しみとは? 生きることを頑張れない!
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
「やりたいこと」と「やるべきこと」の区別がつかず、苦しい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
精神病、無職、人間関係、ブス…自分には生きる価値がない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
20代女子。自分が生きたいのか、死にたいのか、わからない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
人を信じられず、虚無感が消えない。生きている実感がない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
失業、失恋、うつ病、母の浮気、父の無関心。すべてに疲れた
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
孤独感、自信のなさ、依存癖で、自分の将来に希望がもてない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
40代主婦。家にいると無気力に。子どもと話すのも疲れる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分の人生の選択に疑問。ストレスとどうつき合うべき?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
30代無職で未来が見えない。うつ病で、自殺も考えている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
いつかこの人生が良かったと思えるか?借金整理と自立で大変
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
毎日が変わらない生活に、辟易。自分の性格を直したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
満たされているのに、幸福を感じられず、人生に満足できない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
毎日を楽しく生きるには?すべてをネガティブにしか、感じられない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は一人の時間が好きなので、集団行動や群れるのが嫌い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
ドタキャンしたために、友人から絶縁されそう。許してもらえるか?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
親切に気を利かしたつもりが、「空気読めない」と言われ、ショック
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
電話やメールがしつこい人に、はっきりと断れないので困っている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。