問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 自分は多重人格? 最近、行動が分裂していておかしい

引用元 http://wailing.org/kokoro/read.cgi?no=14706

 

自分は多重人格? 最近、行動が分裂していておかしい

 

 

名前: 愛梨

 

中学生です。

 

私は、精神をコントロールするの難しいです
去年もおととしもでしたが、どんどんひどくなってます

 

例えば学校と家が全く違ってて
学校では先生の前で面白いことがなくても友達よりも大笑いしてどちらかと言えばボケるキャラです

 

でもテスト前や懇談が近づくと私は急変してマスクをつけて一日何もしゃべらなかったり笑わなかったりします
これは演技してるつもりはないです
真剣に悩んでいます

 

家では、もう狂ってしまいます
親の前ではニコニコふざけている

 

だけどみんな仕事にいったら枕をカッターで切ってなかの綿とか取り出して家をめちゃくちゃにします
あとはリスカもします(やってるとき、嬉しいのかわかんないけど笑っちゃう)

 

 

ストレスがたまっているから、こんなことをしてしまうんだ!って私は思ってますがけっこう限度が越えているというか、
自分を制御できていない感じがします

 

どうしたらいいですか
病院、カウンセリング、
と親に言ったらビックリされますよね
内緒で低価格でいけるところを探して
行くべきですか??

 

このままだと前はカッターで首も切ってたので
死んでしまいそうです

 

ちなみに学校ではそこまで暴れたことないけれど
先生の一部は『神経質で情緒不安定な生徒』って思ってます

 

 

どうしたらいいの
学校で成績優秀(学年で一桁にはいるぐらい)
だれもかばってくれない

自分は多重人格? 最近、行動が分裂していておかしい

自分は多重人格? 最近、行動が分裂していておかしい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.「いい子」だけがかかる、「過剰適応障害」という病

 まず私が見たところ、あなたは多重人格者ではありません

 

 そうではなく、「過剰適応障害」という病気にかかっていらっしゃるのではないか、と考えます。

 

 「過剰適応障害」とは、「適応障害」と対をなす概念です。

 

 「適応障害」は、おもに患者のストレスなどのため、ある社会や共同体へ、適応できなくなるものを指します。

 

 それに対し「過剰適応障害」は、患者が自分の“自我”を殺してまで、ある環境にムリに自分を合わせようとするため、発生する症状です。

 

 あなたの文章を拝見するかぎり、あなたは、あなたのキャラを、学校や家庭により、複数、器用に使い分けていらっしゃるようです。

 

 

>学校では先生の前で面白いことがなくても友達よりも大笑いしてどちらかと言えばボケるキャラです
>でもテスト前や懇談が近づくと私は急変してマスクをつけて一日何もしゃべらなかったり笑わなかったりします
>これは演技してるつもりはないです
>真剣に悩んでいます

 

>家では、もう狂ってしまいます
>親の前ではニコニコふざけている
>だけどみんな仕事にいったら枕をカッターで切ってなかの綿とか取り出して家をめちゃくちゃにします

 

 

 あなたはこれを、「演技ではない」と、おしゃいます。

 

 しかしこれは、ちょうど怪談にあるように、マスクを被り続けずっと演技を続けていた役者が、ついには仮面が取れなくなった、というものとおなじです。

 

自分は多重人格? 最近、行動が分裂していておかしい

 

 あなたはいつも無意識的に、過剰にまで「場の空気を読んで」、ご自分に求められるキャラを、演じ続けていらっしゃった

 

 そのため、ずっと抑圧されていた「元来のあなた=あなたの自我」が、ついに本格的に、あなたに反旗を翻したのです。

 

 また、他の方もおっしゃるように、あなたが現在、中学生だということも、おおいに関係があるでしょう。

 

 なぜなら中学生とは、個人の“自我”が、本格的に発現する時期だからです。

 

 よって、あなたを苦しめる衝動は、あなたの自我自体のあなたに対する、「もう、やっていられないよ!」という、必死の抗議でもあります。

 

 くわえてあなたの症状で複雑なのは、あなたがただの「いい子」だけで、あり続けたわけではない、という点にあります。

 

 あなたは、あるときはクラスのボケ役。しかしその実態は、学年トップレベルの優等生そうかと思えば、家庭ではヤンチャ娘

 

 このように、演じるキャラが多いほどに、あなたの自我は、その都度、異なる演技を強要され疲れきっているのです。

 

 これはたいへんに、危険な状態と言えます。

自分は多重人格? 最近、行動が分裂していておかしい

自分は多重人格? 最近、行動が分裂していておかしい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

2.あなたが、過剰適応障害となった理由

 ではなぜ、あなたがそのような状況に陥ったのか?

 

 それはやはり、あなたが「気を配りすぎる人」だからだと思います。

 

 あなたの文章やレスを拝見すると、あなたの家庭や学校は、それほどまでに、あなたに「いい子」を求めているとは、思われません。

 

 ただあなたは気が利きすぎるのと、および、人の期待を裏切ってしまうことに、深く傷つくほど繊細なためそうなってしまったのでしょう

 

 あなたはリストカットをするまで、追いつめられているのに、この期におよんで、「親を心配させたくないから、病院などいけない」などと、おっしゃる。

 

 断言しますが、このまま放置していて、良いことなど、ひとつもありません

 

 いますぐご両親に事情を話し、ご一緒に病院へ行って、診察を受けるべきです。

 

 おそらくご両親にも学校の先生にも、あなたは「神経質で、情緒不安定」程度にしか、思われていません。

 

 つまりあなたが自分から言わねばだれもあなたの症状は、理解できないのです。

3.自分の“好き”を、本格的に表明するトレーニングを

 なにかを“好き”であるということは、自分の自我とその対象が、深く結びついている状態を、指します。

 

 これは単純なように思えますけど、じつに重要なことです。

 

 というのは、どんなことであれ、自分が好きなものを選んだ際には自分の自我は、かならず満足するからです。

 

 あなたはもしお医者さんにかかることになれば、いろいろな鍛錬や練習をすることになるかもしれません。

 

 しかし私から申し上げられることは、つねに「自分は、何が好きか」を、はっきりさせるようにすることです。

 

 もちろん、人間は「自分の好みのもの」が、すべて思いどおりになるわけでは、ありません。

 

 好きな男の子に振り向いてもらえなかったり、行きたい高校の入試に落ちたり、食べたいお菓子が、売り切れだったりも、するでしょう。

 

 しかし、それでもいいし、また、それが世間の現実です。

 

 その際に重要なことは、つねに「それでも自分は、〇〇が好きだ」ということを自分のなかではっきりと、自覚をもつことです。

 

 あなたにはつねに、「自分が好きなものを選ぶ」ということを、習慣づけてもらいたいです。

 

 これは、洋服を選ぶときから、テレビを観るとき、友だちとメールでやり取りをするとき、いつでもです。

 

 「自分は、自分が好きだから、この服を買う」、「自分は、この番組が好きだから、人がなんと言おうと観る」。

 

 こうした姿勢を、ずっと保ってください。

 

 そのように、自分の“好き”が理解できるようになり、さらに、その「好きな対象」を大切にできるようになれば、やがて「自分自身が好き」になれます。

 

 そうするとあなたは、「他者の“好き”」も理解が可能となってくるので、他人をも尊重できるようになっていくでしょう。

 

 もちろん私は、「イヤなものを避けて生きろ」と言っているのでは、ありません。

 

 そうではなく、つねにあなたにとっての行動の原理が、“好き”であるべきだと、述べているのです。

 

 するとやがて、「嫌いなものまで、好きになる」ことさえ、できるようになります。

 

 どうか、ご自分自身を、“好き”でい続けてください。

 

自分は多重人格? 最近、行動が分裂していておかしい

自分は多重人格? 最近、行動が分裂していておかしい

自分は多重人格? 最近、行動が分裂していておかしい

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

気分の浮き沈みに、翻弄される。テンションを安定させたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
お風呂、歯磨きが嫌い 躁うつ病で、すべてが面倒くさい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
容姿に対するコンプレックスで、恋愛に積極的になれない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
統合失調症で、人生がイヤになった。後悔と恨みしかない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
心の病気と情緒不安定から、はじめてリストカットをした
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
精神科への入院で、人生が狂った。薬漬けとなり障害が残った
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
誰でもいいから、人を殺したくて仕方ない。ナイフを持ち歩く
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
痩せたいのに、ストレスのせいで食べたくて、毎日がつらい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
健常者はうつ病患者をどう思う? うつ病患者の心構えは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
独り言が増えて止まらない。ふと、見えない誰かと話している
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親のせいで、うつ病に。現在はニートからフリーターへ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はアスペルガー? 人の意思と名前がわからないでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
慢性的な自殺衝動を止めるには?すでに何回も未遂をしている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病患者は、毎日をどう過ごすべきか? 不安で仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病と自殺衝動による、オーバードーズ依存症を克服したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病で職を転々。自分はに能力・忍耐力がなく、自殺しかない?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病患者は、理解されない? 母の態度から、人間不信に
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病からの社会復帰を目指すが、体調から困難に。
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
病的な自意識過剰により、つねに極度の緊張状態にある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
アトピーが治らず、ひどい。どんな治療法も効かず、死にたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
個性と精神障害のボーダーは、どこ?自分の性格が嫌い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はガン恐怖症。毎日が不安で、日常生活もままならない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
現在は寛解したが、心の病を、友人に告白するか迷っている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病による、マイナス思考がもたらす悪循環の克服は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病気味だが、医療機関には抵抗がある。医師の見分け方は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発達障害者に結婚はムリ?子どもに遺伝するからと、彼女にフラれた
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。