問題の本質さえ理解できれば、どんな悩みごとも怖くない!

よろず人生問題を、哲学的方法でズバリ解決!悩みよ、さらば 現在は寛解したが、心の病を、友人に告白するか迷っている

引用元 http://onayamifree.com/threadres/2335449/

 

現在は寛解したが、心の病を、友人に告白するか迷っている

 

悩める人(匿名)

 

 

私には学生時代に発病した心の病と糖尿病があります。

 

文通友達に私の心の病のことを打ち明けるか迷っています。

 

迷い始めたきっかけは、文通友達が私の学生時代の思い出について聞かせてほしいと手紙に書いてあったことです。

 

私は、大学時代に病気を発症して一年休学して通信制大学に転学して卒業したのですが、このことを話すか迷っています。

 

もし、話したとしても病気のことは、あまり手紙に書くつもりはなくて、今は、寛解していて日常生活にも支障はなく元気になったことを書こうと思っています。

 

文通友達には、前に私が糖尿病で通院していることは伝えたことがありますが、心の病については、勇気がなくて打ち明けていません。

 

文通友達とは、一年くらい手紙のやりとりをしていて、お互いに1週間以内に手紙を出しています。

 

私の体調により手紙が遅れることはほとんどなく、文通にも支障はない状態です。

 

文通に支障がないのから、心の病のことは、わざわざ打ち明けない方が良いのでしょうか?

 

心の病のことを打ち明けて文通が終わってしまわないか心配です。

 

現在は寛解したが、心の病を、友人に告白するか迷っている

現在は寛解したが、心の病を、友人に告白するか迷っている

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

回答1.自分から、積極的に告白の必要はナシ

まず私の意見では、ご自分から積極的にご友人に、自身のご病歴については、話す必要はないと思います。

 

 あなたが1年間、休学されていたことですが、それについても気が利く人であれば、あなたが言いたがらないのなら、それ以上はツッコんできません

 

 ですからあなたは、その期間は体調を崩していたとだけ言っておけば、問題ありません。

 

 よってあなたとしては、今後のつき合いにおいて、どうしても告白しなければならないときのみそうすればいいと考えます。

 

 その際には、No.9のレスにあるように、あなたが過去にココロの病を患ったことが、現在のあなたにどのように影響しているかを、述べればいいでしょう。

 

 まず、現在においてあなたの病気は寛解され、生活に支障がなくなったとあります。

 

 くわえてその経験が、いまのあなたのお仕事である、精神保健福祉士になることにつながったとのこと。

 

 そうしたことをきちんと語れば、通常の人ならば、それほどには警戒しないでしょう。

 

最近では、うつ病等の、精神病に対する世間の理解も、進んでいることですし。

 

 また、もしそのときにご友人に受け入れられず、万が一絶縁等を言い渡されたなら、その人とはそれまでの仲だったと思って、あきらめるべきです。

 

 ご友人がもし、そういう人であるならば、これはあまりにココロが狭いと思います。

 

 あなたの場合、そのご友人とは、たとえば結婚のように、これから家族間のつき合いが発生するわけでも、なさそうです。

 

 それでも、精神病歴があるというだけで、あなたを偏見の目で見るか、あるいは交際を切るよう人なのでしたら、そんな人は、あなたからお断りすればいいと考えます。

 

現在は寛解したが、心の病を、友人に告白するか迷っている

現在は寛解したが、心の病を、友人に告白するか迷っている

現在は寛解したが、心の病を、友人に告白するか迷っている

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

2.現代では、キチンと説明すれば、病歴のせいで避けられることは、あまりない

くわえて、あなたご自身がご自分の病歴についてご友人に話さないことが、不誠実なようでためらわれるということも、あるかもしれません。

 

 その際にはあらかじめ、ご友人の性格から、告白した後の反応を想像しておくことです。

 

 ただあなたによるとご友人は、手紙を欠かさず出す、マメで誠実な人のようです。

 

 ならばとり立てて、ご友人はあなたの病歴については、気にしないと思います。

 

 および、上記のような判断は、じつは私自身がこの25年ほどのあいだに、してきたことです。

 

 私自身、25年にわたり、強度の抑うつ神経症を患ってきました。

 

 現在では9割方、寛解していますが、これまでは自身の病気について、自分からは言わず、どうしても必要なときだけ、相手に告げていました。

 

 その結果として、職場やバイト先等で問題にされたことは、ほとんどありません。

 

 私はこれまで、何度も仕事をクビになっていますが、それは別に、病気が理由になって解雇されたというのでは、ありません

 

 たしかに病気が原因で、仕事に支障をきたしたことはありましたが、それにより差別されたということも、ほとんどありません

3.病気を克服した自分に、誇りをもって生きる

 これはライター業を始めてからも、同様でした。

 

 たしかに一人だけ、私の病歴を知ったとたんに仕事をキャンセルしてきたクライアントさんはいました。

 

 しかし私はむしろ、病気であること、あったことを逆手に取り人生取り戻しライター」などと名乗り、仕事をもらったケースが多くあります

 

 おかげでこれまでの私は、多くの医療系記事を書いて、良い評判をもらっています。

 

 また現在、私が作成しているこのサイトも、私が心身の病気を長く患った経験知のおかげで、書けている部分が大きいです。

 

 いや、逆に私が大病を経なければ、当サイトで示した回答は、ほとんど考案できなかったと思います。

 

 そうしたわけであなたも、ご病気により失ったもの以上に、得たもののほうが、多いと考えます。

 

 そうした点は充分に、誇りにしていいものです。

 

 なぜなら、病気を寛解できたのは、あなたの努力と精神力によるものであっただろうからです。

 

 あなたはこれから、精神保健福祉士として働くにあたり、ご自身の経験から、患者さんの気持ちがよく理解できるでしょう

 

 その点より、あなたはご自身の病歴を、あまりネガティブに、または神経質にとらえないほうがいいと考えます。

 

 というのはあなたは、たとえ人にどう思われようと、闘病により多くの宝物を得たのですから。

 

現在は寛解したが、心の病を、友人に告白するか迷っている

現在は寛解したが、心の病を、友人に告白するか迷っている

現在は寛解したが、心の病を、友人に告白するか迷っている

 

PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル

関連ページ

気分の浮き沈みに、翻弄される。テンションを安定させたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
お風呂、歯磨きが嫌い 躁うつ病で、すべてが面倒くさい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
容姿に対するコンプレックスで、恋愛に積極的になれない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
統合失調症で、人生がイヤになった。後悔と恨みしかない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
心の病気と情緒不安定から、はじめてリストカットをした
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分は多重人格? 最近、行動が分裂していておかしい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
精神科への入院で、人生が狂った。薬漬けとなり障害が残った
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
誰でもいいから、人を殺したくて仕方ない。ナイフを持ち歩く
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
痩せたいのに、ストレスのせいで食べたくて、毎日がつらい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
健常者はうつ病患者をどう思う? うつ病患者の心構えは?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
独り言が増えて止まらない。ふと、見えない誰かと話している
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
両親のせいで、うつ病に。現在はニートからフリーターへ
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はアスペルガー? 人の意思と名前がわからないでいる
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
慢性的な自殺衝動を止めるには?すでに何回も未遂をしている
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病患者は、毎日をどう過ごすべきか? 不安で仕方ない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病と自殺衝動による、オーバードーズ依存症を克服したい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病で職を転々。自分はに能力・忍耐力がなく、自殺しかない?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病患者は、理解されない? 母の態度から、人間不信に
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病からの社会復帰を目指すが、体調から困難に。
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
病的な自意識過剰により、つねに極度の緊張状態にある
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
アトピーが治らず、ひどい。どんな治療法も効かず、死にたい
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
個性と精神障害のボーダーは、どこ?自分の性格が嫌い
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
自分はガン恐怖症。毎日が不安で、日常生活もままならない
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病による、マイナス思考がもたらす悪循環の克服は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
うつ病気味だが、医療機関には抵抗がある。医師の見分け方は?
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。
発達障害者に結婚はムリ?子どもに遺伝するからと、彼女にフラれた
心の悩みから家庭問題まで、人生のあらゆる問題を、哲学的方法(弁証法、認識論)で解決します。